THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

富士そばが恋しくて・・・身体に良くて美味しい一石二鳥のお蕎麦

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

富士そばに夢中だったあの頃

 こんばんは、M&Oです。

今回は『富士そば』について書いていきたいと思います。

立ち食いそばの中でもかなりの知名度を誇る富士そば

皆さんも一度は足を運んだことがあるのではないでしょうか??中に入ったことはなくても、看板を見掛けたりお店自体を見掛けたことはあるのではないでしょうか??それぐらい富士そばっていろんなところにある気がします。

そして不肖M&Oはこの『富士そば』のヘビーユーザーなのです。

一時期は週に4回ぐらい行っていたぐらい富士そば大好き人間なのです。朝も昼も夜もどの時間帯でも行っちゃうぐらいの。1日の朝昼夜すべて富士そば食べましたとかはさすがにないですけどね!肌がそば色になりそう・・・。

僕が住んでいた街の駅前に富士そばがありまして、そこの店舗にもそれはそれはお世話になったのです。

特にお世話になったのが『朝そば』というメニューで、店舗にもよるので一概には言えないのですが、基本的には松屋とか吉野家の朝定食のお蕎麦バージョンです。これがかなり豪華で、温泉卵にワカメにネギに油揚げが入っていて320円で食べられてしまうのです。普通の時間帯のかけ蕎麦とそんなに変わらない値段なのです。そしてあったかいお蕎麦か冷たいお蕎麦かも選べまして、さらに油揚げを揚げ玉にも変更できます。変更というかどっちか選ぶといった感じなのです。

しかも僕の家の近くの店舗では確か朝6時から10時までの間やっていたのです。もしかしたら11時だったかもしれません。これも店舗によって違うと思います。違う富士そばに行くと『あれ?』って思うことも結構ありますので。M&Oはこの朝そばをかなり活用していまして、決まって冷たいお蕎麦できつね(油揚げ)でわさび多めを注文していました。間違いなく覚えられていたと思います。値段的には決して太客ではありませんが(笑)

そしてなんとですね、この店舗では信じられない事に『朝そば』とまったく同じメニューと値段で『夕そば』というものもやっていたのです。確か15時から18時までの3時間だったと思います。これももちろんかなり活用させてもらっていました。さすがに朝そばと夕そばを1日にどっちも食べたことは多分ないのですが、どちらかを食べるみたいな感じで通わせて頂きました。僕は食べ物にこだわりがほとんどないので、毎日のように同じものを食べても大丈夫なタイプではあるので。好きなものならの話ですか・・・。嫌いなものだったらただの苦行ですよね(笑)

そもそもお蕎麦は元々好きではあったのですが、身体に良いという事を知ってより食べるようになったのです。好きなものが身体に良いなんて最高じゃないですか。アンチエイジングにもいいらしいですし、いろいろと身体に良いらしいのです。だから僕そば湯もすごく飲むんです。富士そばってポットにそば湯が入っていてセルフで入れる感じなのですが、僕がいつもやるのはお水をコップに入れる時にそば湯を少しお水に混ぜるのです。ちょっと白く濁ったお水になってしまいますが、そば湯の栄養も取れるしキンキンに冷えた水を飲まなくて済むのでお腹にも優しいのです(そば湯は基本的に温かいのです)。なるべく蕎麦湯を飲みたい願望がそんな行動を起こさせたのです。蕎麦湯大好き。

そんな富士そばヘビーユーザーの僕でしたが、なんと引っ越した先には近所に富士そばがなかったのです・・・。まるで翼をもがれた鳥のような状態に陥ってしまったのです。最寄りの駅にもなければ自転車で行ける距離にも全然ないのです・・・。『まぁなんとかなるか!!』と思っていたM&Oでしたが、これが意外とそういうわけにもいかず・・・。

f:id:myprivatecomedy:20190504220549j:plain

富士そばが近くにないことがこんなにも悲劇だとは・・・

引っ越した時に気にはなっていたのです。『そういえば富士そばを見掛けないなぁ』と。しかし心の中で『まぁそんなことないよね。あるわけないよね。だってあの富士そばだもん。』ぐらいにタカをくくっていたんですが、しばらく住んでみても、探せど探せどないんです。いくら探してもないんです。『そんなはずはない』と思い探してみてもないんです!あまりに動揺してググるのを忘れていたほどです。『あ!そうだ!ググれば一発じゃん!』と思ったのはだいぶ経ってからでした。

そしていざググってみたわけですが、見事にありませんでした。近場にないのは痛い・・・痛すぎる。他の立ち食いそば屋さんならあるので行ってみたのですが、もちろん不味くはないのですが、僕は富士そばに心を持っていかれているためにそこまでハマることができません。『ああ!富士そばが食べたい!!』と思いながら月日が流れていきました。そしてとうとう我慢できずに、僕はある駅で富士そばの暖簾をくぐったのです。。。

そこの店舗は『夕そば』をやっていませんでしたし、僕が行ったのは『朝そば』の時間でもありませんでした。『もりそば』の食券を買って待つこと数分・・・いよいよ久しぶりの富士そばのそばとご対面です。

美味い。美味すぎる。十万石饅頭・・・。(埼玉県民だけわかってくれると信じています)

冗談はさておき、本当に美味しかったです。なんだか心が洗われた感覚でした。最高ですか!?はい、最高でした!!

やっぱり富士そばは最高だな!と思いながら満足してお店を後にしました。

そしてやはり近くに富士そばがないのは残念だなぁと改めて思いました。富士そばのために引っ越そうかしら。ダメだ!初期費用払えない!!

しばらく富士そばを食べるチャンスがあったらマストで足を運ぶ所存でございます。

富士そばLOVE。

                                   M&O