THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

ノマドワーカーに憧れて・・・ノマドの意味を知っていますか? パソコン作業は自宅で行う?カフェで行う?

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

ノマドワーカー人口は増え続けている

こんんちは、M&Oです。

今回は『ノマドワーカー』について書いていきたいと思います。

皆さん『ノマドワーカー』という言葉はご存知でしょうか??だいぶ世の中にも浸透して市民権を得ている言葉になってきているのではないかと思うのですが、いかがでしょう??

ちなみに僕自身、『ノマドワーカー』という言葉を昔から知っていたわけではなく、知ったのは少し前といったレベルです。最近知ったというわけではないですが、2010年から2012年頃から使われている言葉と考えると、僕が知ったのは本当に少し前といった感じです。たぶんホリエモンこと堀江貴文氏の著書に出てきて知ったんじゃなかったかなぁと記憶しています。当時の僕の交友関係では会話の中で『ノマドワーカー』という言葉は出てこなそうな気がしますし。多分読んで得た知識だったと思います。

たぶん今となってはほとんどの人に知られている言葉なので、『ノマドワーカー』の意味もほとんどの人が知っているのではないかなぁと思うのですが、『ノマドワーカー』とはノートパソコン・スマートフォンタブレットなどを使ってWi-Fi環境のあるカフェなどで仕事をする人たちの事です。要するに世間一般の会社員の人達が会社やオフィスで仕事をしているのと違い、カフェなど決められた場所じゃないところで仕事をしている人たちです。ネット環境があれば基本的に仕事できますっていう人たちですね。

そして意外と知られていないのではないかと思うのが『ノマドワーカー』という言葉の意味です。全然知られていたら不要な説明になってしまいますが僕は見事に勘違いをしていたので(笑)

ノマドワーカー』の言葉の意味ですが、『ノマド』という英語から来ていまして、『ノマド』は『nomad』という単語で『遊牧民』という意味なのです。それに『ワーカー』がついて『ノマドワーカー』となっているのです。いろいろなカフェなど決められた場所がなく仕事ができるという事で『遊牧民』ということなんですねぇ。なるほどなるほど。

恥ずかしい話ですが、僕はこの『ノマドワーカー』という言葉の意味を勝手に勘違いしていまして・・・『ノマドワーカー』の『ノマド』を全然英語だと思っていなかったのです。今考えれば『ワーカー』が英語なのだから『ノマド』も英語なのかしらと思うのが普通なのですが、思い込みというものは怖いものでまったくそう思わなかったのです。ちなみに僕が勘違いしていた『ノマド』の意味は『野窓』という漢字です。カフェなどで仕事をする人の事を『ノマドワーカー』という知識はさすがに漠然とはあったので、『ノマド』の『マド』は窓際の『マド』だと思ったのです。これはまぁ許容範囲の勘違いかなぁと僕としては思うのですが、問題は『ノマド』の『ノ』です。これに関してはこじつけに感じるかもしれませんが、僕としては至って自然な流れで辿り着いたのですが、『野』という漢字だったのです。意味を尋ねられると言葉に窮してしまうのですが、イメージとしては『野武士』とかの『野』なんです。『何言っちゃってんの!?』と思われてしまいそうですが、結構本気というか何の矛盾も感じずにこの発想に辿り着いたのです。なので疑うことなくしばらくは『野窓ワーカー』だと思っていました。しかしいざ書いてみると若干ワイルドなイメージになりますね。。。

正しくは『ノマド』は『nomad』という英語で『遊牧民』という意味です。

f:id:myprivatecomedy:20190502113314j:plain

ノマドワーカーへの道は険しい・・・

ノマドワーカーってすぐなれそうじゃない??と思う人がほとんどだと思います。そして時代も変わりつつありますので、実際にそんなにハードルの高いものではないんじゃないかと僕も思います。パソコンやスマートフォン一つで個人でいろいろな事が始められる時代ですし。

問題は・・・カフェなどで作業することを習慣化できるかどうかだったりするのです。僕の場合はって感じなのですが。。。今まで何度もカフェでノートパソコンで作業してきているのですが、実はなかなか馴染んでいないというか習慣になることはないのです。圧倒的に自宅で作業している時間の方が多いのです。

ちょっと引かれるかもしれないのですが、カフェで作業する場合、もちろんコーヒーを買うわけです。滞在時間によってはおかわりだってするわけです。そうなるとそこそこ値段の高いカフェの場合そこそこの出費になってしまうのです。

そして周りの騒音とも戦わなければなりません。騒音と言うと語弊がありますね、他のお客さんは当然の権利として友人や恋人とお喋りをしながらコーヒーを楽しむわけです。もちろん何も悪いことじゃありません。むしろカフェとはそういう場所だと思いますし。そして周りで同じようにパソコン作業をしている人もいます、中には『一体なにがどうしてそんなに強くキーボードを叩くのだろうか・・・』・・・という人もいます。でもそれも自由なのです、当然の権利なのです。店内に『キーボードを強く叩かないでください』という貼り紙があるわけではないですから。

気になっちゃう方が悪いのです。そして僕は気になってしまうのです。元々音に結構敏感なタイプなので。そういった理由から僕は『ノマドワーカー』には若干向いていないのかなと思うのです。慣れることはあるのかもしれませんが。。。

自宅よりも作業を行うしかない環境に身を置けるので、それは魅力的だなぁと常々感じてはいるのですが。今は自習室みたいなレンタルもだいぶ増えてきているみたいですね。何事も経験なのでそういうところにも足を運んでみようかしらと思う今日この頃なのです。

                              M&O