THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

女優・のん(能年玲奈)の映画復帰が発表 そもそも自由に活動できないことにもっと違和感を覚えなくてはいけない

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

女優ののん(能年玲奈)が映画『星屑の町』ヒロインで出演

こんにちは、M&Oです。

今回は女優ののん(能年玲奈)さんについて書いていきたいと思います。

『のん』ってM&Oとしては正直全然馴染みがないのですが・・・能年玲奈と言われればピンと来ますが、『のん?はて・・・?』と一瞬考えてしまうのも事実です。のんという名前がどれだけ世間に浸透するかもこれからのんさんの頑張りしだいですね!

ただのんさんの場合頑張りたくても頑張らせてもらえないという、普通に考えれば『どいうことやねん』と突っ込みたくなるような過酷な状況にいるのですが・・・・。

ちなみにM&Oは能年玲奈さんの特にファンだった事もなければお気に入りの女優さんだったこともありません。『あまちゃん』も一回も観たことないですし、映画『ホットロード』はEXILE一族の歌手の人が主演というわけのわからないことになっていたので観るはずがありません。主演していた『海月姫』も観ていないです。

なので特に何一つ贔屓にする理由もなければ肩を持つ理由も何一つないのです。そんな状態なのでフラットな意見として書けるのではないかと思っているのですが、そもそものんさんが思うように芸能活動をできていない状態がこんなに続いていること自体がはっきり言って異常事態だと思いますし、『芸能活動できなくてかわいそう』という声も多く聞こえていましたが、それだけで済ませてしまっている状態もはっきり言って異常でしょう。人間一人の人生がかかっていることですからね、それを当たり前というか『仕方ないよね』の一言で済ませてしまうってとってもいけない事だと思うのです。芸能界の事務所問題ってもっともっと国が動くぐらいのレベルで早急にどうにかするべきだと思います。

サラリーマンで言えば転職しただけで転職後に前の職場からめちゃくちゃ嫌がらせを受けているようなものですからね。圧力以外の何物でもないわけです。

昔であればこういった芸能界の裏側みたいな話って世間の人たちにそこまで信憑性のなかった話だったと思うのです。ところがインターネットの普及とSNSなどの影響で業界の人達が知られたくない情報が簡単に一般の人たちの耳にどんどん入るようになりました。想像で話されている情報も非常に多いとは思うのですが、『マジかよ~』と思ってしまうような話も今までとは比べものにならないぐらいネットニュースで取り上げられています。その証拠というか昔と違う面として、芸能プロダクションの名前などがだいぶ一般の方々に知られるようになったと思うのです。どこの事務所に誰が所属しているかなどもだいぶ知られてきていると思います。

こういう知識が入ってくるようになって世間の人達もドン引きしたり冷めた目で芸能界を見るようになっている傾向はあるとは思うのですが、不思議と状況ってそんなに変わらないんですよね・・・。やはり古から根付いている習慣はそう簡単に崩れることはないようです。

f:id:myprivatecomedy:20190430144832j:plain

芸能事務所移籍と独立による問題は大元を正さなければ解決しようがない事柄

今回取り上げている能年玲奈さんのことで言えば、芸能事務所の移籍騒動、独立にかんすることがきっかけで今のような自由に活動できない状況に陥ってしまっているわけですが、もちろんこのケースに関してもいろんな言い分があると思います。それぞれの立場でそれぞれの言い分があるでしょう。こういった事務所移籍、事務所からの独立騒動に関してよく言われるのが『売れるまでにかなりの投資をしている』『売るためにいくらかかったと思っているんだ』的なことがよく問題となっています。実際に費用がかかっていることももちろんあると思いますし、かなりの金額になってしまっている場合も実際全然あると思います。なんとか売れる軌道に乗ってきたというところで独立されたら、確かに僕が芸能事務所側の立場だったら『おえ!?マジで!?』となってしまうでしょう。しかし僕が独立する側の立場だったら『いや別に頼んでないし・・・勝手に僕に投資されて縛られても・・・。僕の人生だし。』と思ってしまうかもしれません。

ただ根本的な話をすれば、そもそも『売るためにお金がかかる』という事が不可解だしおかしなことなのですよね。こんな事が起きているから実力重視じゃない日本のエンターテインメントになってしまっていると思うのです。音楽で言えばレコード大賞みたいな賞もお金で買っていたなんて報道もありましたし。エステとか綺麗になるための投資は別にいいと思うのですが、そんな投資は事務所側も移籍や独立の際にギャーギャー言ってほしくないですよね(笑)それよりもテレビ関係者とか映画関係者の接待費とかの方が大変だったりするのかもしれません。売れるまで生活の面倒見ていたり、プロフィールを持って営業に回るマネージャーの人件費などなど。

どうやったって費用はかかります。だからこそですね、もう完全に実力主義のオーディションでキャスティングするようになればいいと思うのです。そうしたら変な売り込み方でお金がかかったりとかもなくなるわけですから。ちょっとでも不正を働いたらもう芸能界追放にすれば、日本のエンターテインメントのレベルも今よりもっともっと間違いなく上がると思いますし、ゴリ押しだとか騒がれることもなくなるはずですし。

そんな芸能界になることをずっと望んでいますし、微力ながら頑張りたいと思っているのです。

そして頑張れのんさん!!

特にファンではないのですが、応援しています。

                               M&O

日テレドラマ