THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

漫画『課長島耕作』を読んでサラリーマンの恐ろしさを知る

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

漫画『島耕作』を初めて読んで受けた衝撃

こんばんは、M&Oです。

今回は漫画『課長島耕作』について書いていきたいと思います。

珍しく漫画に関する記事がいくつか続いていますが、今だけの期間限定です(笑)以前に書いたようにたまたま漫画を多く読む機会があっただけですので。ただ漫画もかなり勉強になるなぁとしみじみ感じております。

『ツルモク独身寮』『こちら葛飾区亀有公園前派出所』に続いて普段漫画をまったく読まないM&Oが読んだのは『課長島耕作』です。

理由は・・・特にありません(笑)強いて言えば直感です、タイトルは聞いた事ありましたし、宅麻伸さんでドラマ化していたのもしていたのも知っていたのでこの機会に読んでみようかなぁと思いまして。結果的に読んでみて正解だったかもしれません。僕が思っていた内容と全然違う中身でかなり衝撃の連続でしたので・・・。

その前に軽くご紹介を。

漫画『課長島耕作』は1983年からモーニングにて掲載されていた弘兼憲史氏による漫画です。

1983年!?めっちゃ古いですね!自分で書いていてびっくりしました。すごいなぁ『課長島耕作』。そして課長島耕作は1992年までとなりますが、1992年からは『部長島耕作が2002年まで連載されます。さらに2001年から2010年まではイブニングにて『ヤング島耕作というのが掲載されていたようです。そして2002年から2005年まではモーニングで『取締役島耕作が、2005年から2006年までは『常務島耕作が、さらに2006年から2008年までは『専務島耕作が、そして2008年から2013年までついに『社長島耕作が、そして時期が被った状態でイブニングで『係長島耕作が、2013年からは『会長島耕作がモーニングで掲載されました。

まだ続きます。

2014年からは2017年まではイブニングにて『学生島耕作が、そして2018年にかけては同じくイブニングにて『学生島耕作~就活編~』が掲載されていたようです。

これで終わりと思いきやまだあるようです(笑)

2017年から2018年にモーニングにて島耕作の事件簿』、そして2019年にはイブニングにて『転生したら島耕作だった件』が掲載されていました。

・・・・・・・・・

すごくないですか??びっくりしたんですけど(笑)ここまでシリーズがあるとは・・・かなりの人気漫画なんですねぇ。これだけ続くという事はそれだけ支持されているということですもんね。ドラマ化もされていて映画化もされていて、さらに近年に再びドラマ化していたみたいです。知らなかった・・・。しかしちょっと大人の内容になってしまうと思うのですが・・・どういう描写だったのだろうか。。。

でも人気のあったり理由を考えてみると、サラリーマンを描いた漫画で、リアルな世の中ではサラリーマンの人口がかなり多いわけですから、当事者のサラリーマンたちが読んでいたと考えると人気があっても不思議じゃないですよね。自分を主人公の島耕作に置き換えてみたりしていたのではいかしらと思うのです。『あ~あるある実際こういうの!』!みたいな感じで盛り上りそうですもんね。しかしですね、役者ばかりやってきていて一度も就職したことのないM&Oからすると、かなり驚くべき内容だったのです。いやサラリーマンってこんな感じなの?ってかなり驚愕だったのです・・・。

f:id:myprivatecomedy:20190425201820j:plain

漫画『課長島耕作』で感じたサラリーマンの大変さと悲しみ

サラリーマンの事とか会社員のことをまったく知らない僕だからこその感想になってしまいますが、『サラリーマンって実際こんなに大変なの??』とただ思いました。派閥争いとか昇進とか移動とか左遷とか海外勤務とか離婚とか・・・もうとにかく思ったのが『なんか仕事以外で忙しすぎてあんまり仕事してなくないか?』ということでした。ただ僕が思ったのは仕事している方がよっぽど楽そうだなという感じでした。派閥争いとか裏工作とかよっぽど大変そうですもん。

すごく胸に響いたセリフが『多すぎるサラリーマンに対して少なすぎるポスト』というセリフでした。これは当たり前のことかもしれませんが、僕なんて考えたこともなかったのでかなり納得してしまいました。何の役職もついていないサラリーマンって結構たくさんいるってことなのかぁと改めて知ることができました。まぁもちろん時代がすでに違うので今は一概にそうとも言えませんし個人で仕事をしている人も増えていますからね。現代とは少し違うと思いますが。

そして一番驚いたと言っても過言ではないのですが、まさか『課長島耕作』でこんなに女性関係の話が多いとは思っていませんでした。もっと会社内のトラブルとかの話だと思っていたのでかなり面喰いました。ていうか島耕作モテ過ぎじゃないですか??(笑)出てくる女性みんな島耕作に惚れてるぐらいの勢いだったのですが(笑)しかも日本人のみならず外国人からもモテるし挙句の果てには同期の男からも愛されているし(笑)

サラリーマンってこんなにもモテるの!?と思わず誤解してしまうぐらいのモテようでした。でもモテてるのは島耕作だけなのでサラリーマンがモテるというわけではなさそうですね(笑)

またもや漫画から多くを学んだM&Oなのでした。。。

                              M&O