THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

俳優・女優名鑑シリーズ『錦戸亮』 錦戸亮の多岐に渡る才能には脱帽させられる

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

俳優・女優名鑑シリーズ『錦戸亮

こんばんは、M&Oです。

今回のM&Oの俳優・女優名鑑シリーズは『錦戸亮』さんです。

ちょうど映画『羊の木』を観させて頂きましたので書かいていきたいと思います。元々好きな俳優さんですし。

錦戸亮さんと言えばジャニーズジュニアの時から頭角をバリバリ現していて、僕も男ながらにその存在は錦戸亮さんがジャニーズジュニアの頃から知っていました。めちゃくちゃ目立っていましたからね、当時から異常に歌もうまかったですし。そしてNEWS、関ジャニ∞という2つのグループで中心として活躍し、現在も関ジャニ∞の一員として忙しく活躍しています。世間を賑わせているニュースもありますが、僕としては変わらず活動していってくれたらなと願っております。関ジャニ∞好きなので。ちなみにM&Oの一番好きな関ジャニ∞の曲は『キングオブ男!』です。この歌聞くとめちゃくちゃ元気出るんですよね(笑)

それはさておきまして、僕が錦戸亮さんを役者としていいなぁと思った最初の作品は『1リットルの涙』でした。沢尻エリカさんの相手役として堂々と演じていらっしゃって、当時僕はリアルタイムで毎週楽しみにしていまして、毎回涙していたのですが、そんな風に夢中になって感動できたのは、錦戸亮さんが良かったという部分も大きかったと思います。

『ラストフレンズ』や『流星の絆』などでも役者として十分な印象を残していました。

そんな錦戸亮さんですが、M&Oの印象として一番に挙げたいのが、『とっても器用』という事なのです。

本当にとっても芸達者な人だと思います。歌もダンスも上手くて、ギターも弾けて、演技もソツなくこなしてしまうその芸達者ぶりはもっともっと評価されていいと思いますし、評価されるべきだと思うのです。

人知れぬ努力を当たり前に相当してきていることは間違いないと思いますし、またそういう姿や印象をみせることなく飄々となんでもこなしてしまう姿に、スターの素質を十分に感じてしまいます。

そしてこれは錦戸亮さんに限ったことではないのですが、ジャニーズ事務所の所属タレントがよく勘違いされていることで僕が声を大にして言いたいことがあるのですが、何も知らない人ってチャラチャラしているみたいなイメージ持つ人が結構多いのですが、半端じゃない努力をしてきてチャンスを掴んできた人たちですからね。周りの友達が遊んでいる時にダンスの練習に明け暮れて、しかもダンスのレッスンだって振付のサンチェさんとかめっちゃ怖くて厳しいですからね。今はレッスンはサンチェさんじゃないかもしれませんが。しかもダンスができて当たり前な環境でいかに早く与えられた振りを覚えられるかも試され、踊れなければジュニアとしてステージに上がれないシビアな世界でずっとやってきているんです。デビューすることがいかに大変か・・・そしてデビュー後も仕事があるメンバーとなかなか仕事がないメンバーとにどうしても分かれてしまうわけです。ずっと闘ってるんですよね。そして錦戸亮さんはそんな中で早くから注目を集める存在で活躍し、今も変わらず活躍しているわけです。これって凄まじくすごいことだと僕は思うのです。プレッシャーとも戦い続けていることでしょう。本当に頭が下がる思いなのです。

そして幼いころからそんな環境で育った錦戸亮さんは努力をしてもその努力を決して見せる感じではなく、一生懸命さをアピールしない傾向にあります。当たり前の努力のボーダーラインが高いのだと思うのですが、そんな錦戸亮さんの佇まいは、錦戸亮さんのお芝居にも共通点を感じるのです。

f:id:myprivatecomedy:20190419183532j:plain

 

力みのない自然な演技を常に見せる錦戸亮の演技

僕が役者・錦戸亮を初めて観たドラマ『1リットルの涙』の時から変わらない印象なのですが、錦戸亮さんの演技って全然力んでなくて見やすいんです。自分の演技を見てくれ!っていうエゴも全然感じないですし、ホントに自然体でしっかり毎回表現しているなぁという印象なのです。

この言い方はあまりいいイメージではないかもしれませんが、錦戸亮さんの演技って『無理していない』感じがあって僕すごく好きなんです。それが彼が常に演技の時に出している『自然さ』に繋がっているのではないかと思います。僕は個人的に熱い演技も好きなのですが、錦戸亮さんのような自然体の演技も好きですし、さらにあくまで自然さの中で表情も含めて観る者にしっかり伝えてくれる部分はもう尊敬のレベルなのです。

アイドルという肩書を持ちながらここまで自然体な演技をする人も人も珍しいなと思うのです。幼い頃からの経験でどうしても見せ方やキメ方が身に付いてしまっているはずなのに、そういうことを封印して役を生きている感じがまた役者として魅力的なんです。

『羊の木』の演技もこの感じがとっても出ていて、見応えあって素晴らしかったです。自然なだけに緊張の展開の中でよりドキドキさせられてしまいました。

最後に僕は錦戸亮さんの出演作で一番好きな作品は『ちょんまげぷりん』です。何気に僕この作品とっても好きなんです(笑)

これから錦戸亮さんには俳優としても大活躍してほしいです。

                               M&O

hulu