THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

当たり前の健康に忘れてはいけない感謝

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

何に幸せを感じるかは自分の考え方次第

こんにちは、M&Oです。

今回は『自由』というものについて書いていきたいと思います。とは言いましてもそんなに大きい『自由』というものについてではなく、日常で些細に感じる自由というものについてなのですが。でもきっと『自由』に大きいも小さいもないですから!右利きも左利きもないですから!肯定も否定もないですから!

・・・

ちょっと熱くなってしまいました。

 

不肖M&O、物心ついてから俳優という仕事に就いてからというもの、健康診断というものをまったく受けずに生きてきました。かなりの幸運に感謝せねばならないのですが、これまで生きてきた中で風邪こそ年に1回ほどひくことはあったものの、大病などは一切なく病院に行ったのはいつが最後だったか思い出せないレベルなのです。

しかしですね、M&Oもいい年齢です。周りの人達の何人かは何かしら病気を持っている感じです。自分としては気にもしていなかったのですが、周囲の人間からは『一度ぐらい軽い検査だけでもしたらどうか』と。

昔であれば『余計なお節介だぜ。短く太く生きるんだ。健康診断なんてロックじゃないぜ』と思いそんなアイディアは一蹴していたでしょう。何せ大バカ者でしたから。

しかし時は流れました。東へ西へ時は流れました。不肖M&Oにも昔は毛嫌いしていた分別というものがついてきました。分別どころか機微さえも身につきました。むしろ機微に関しては常人を超える機微を身につけているかもしれません。とは言っても嫌な事は顔に出たりとかは変わってないですけどw

あれ?なんの話をしていたのでしたっけ??

ああそうだ、身体の検査のお話しです。そこまで本格的な健康診断ではないのですが、それなりに異常がないかを調べてもらえる検査を受ける事にしたわけなんです。

そしてM&Oは初めて『絶食』というものを経験したのです。ここまでは以前に記事を書かせて頂いたのですが、この『絶食』や病院というものを体感して改めて思ったのです。

健康である事にもっともっと感謝しなくてはいけないのだなと。

大病を患っていないにしても、普通に外を歩けてる事とか食べたいものを自由に食べれている事とか、僕は元々飲まないですけどお酒を飲めている事とか、その他諸々を『当たり前』と思ってはいけないのだなぁと思ういい機会でした。

f:id:myprivatecomedy:20190418095144j:image

忘れがちな『健康だからできている事』

僕は運良く病気や怪我などまったくなく生きてきたので、なおさら『健康』というもののありがたみを忘れてしまっていたりするのですが、とっても幸せな事なんですよねぇ。こんな事を言ったら怒られるかもしれませんが、少しの時間コーヒーを飲まない事すら辛かったですもん。毎朝起きたらコーヒーを飲む習慣があるのにそれが出来ないだけでなかなか悲しかったです僕は。

M&Oはお菓子が大好きでとにかく毎日お菓子を食べていて、普段は食べていない日はないという感じなのですが、これも疾患によっては許されない事なのですよね。いつも当たり前に映画とか観ながらバリバリ食べていますが、もし食べれなくなったら結構辛いです。というか耐えられるだろうか・・・。グミとか食べれなくなったら正直超絶辛いです。

コーヒー以外の飲み物も僕はいわゆる炭酸ジュースが大好きなので、飲めなくなってしまったらとっても辛いのです。

そして入院などして自由に外を出歩けなくなったら、それもまたとっても大変な事だと容易に想像ができるのです。

そうやって考えていくと、『健康』である事は何も当たり前のことではなくて、むしろ特別だと思って感謝しなければならないと強く思うのです。僕なんかちょっと頭痛になっただけでこの世の終わりみたいになってしまうから、これからはそんな自分を戒めていかなければと思います。我慢するとかそういうことではなく、それぐらいであまり大袈裟にしちゃいけないなと。

今現在の話ですが、健康で丈夫な身体であるようなので、両親にもしっかり感謝しなくてはいけないなぁと思いました。なぜ僕が病気しないのかはよくわからないですが、何か遺伝的なものも関係しているかもしれませんし。不肖M&Oの両親も今現在は大きな病気などもなく健康なので、これもまた感謝しなくてはいけない事ですね。よく考えたら入院って家族みんなほとんどしていないんじゃないかと思います。僕の記憶の限りではほぼないです。お見舞いも友達のお見舞いに行った記憶しかないですし。

ただ健康な僕が言うのも微妙なのですが、僕は全然健康に気を遣ってきたわけではないんですよね。お酒は元々飲めない体質だから飲んでいないだけですし、現在はもう吸っていませんが昔は喫煙者でした。そして何よりかなりの偏食家なので、食生活はかなり乱れています。食べられないものがすごく多いんです。しかもアレルギーとかではなくただの好き嫌いです。わがままなだけなんですけどね。そして役者時代の若い頃はやはりそれなりの貧乏を経験していたわけなのですが、その時の名残が抜けずに今でも1人の食事なんかはものすごい質素に済ませてしまいます。白米とふりかけがあればなんの問題もないみたいな食事なのです。この質素な食事が逆にいいのかもしれないななんて気もしてきているのですが、どうなんでしょう。でも栄養バランスめちゃくちゃ悪いですよねw

そんなわけで今回検査で何か異常があっても仕方ない・・・ぐらいの気持ちで臨んだのですが、幸運な事に特に異常は見当たらなかったそうで。これもまたとっても感謝しなくてはいけないなと思いました。

僕が唯一心当たりがある健康に関係していそうな事は、なるべくたくさん笑うってことぐらいなのですが、もしかしたら真面目な話かなり効果があるのかもしれません。

これからもなるべくたくさん笑って生きていきたいと思います!

                                             M&O

hulu