THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

絶対観るべき映画『万能鑑定士Q-モナ・リザの瞳-』あらすじ・キャスト・評価 綾瀬はるか・松坂桃李主演のルーヴル美術館でロケをしちゃった映画

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

映画『万能鑑定士Q-モナ・リザの瞳-』概要・あらすじ

こんにちは、M&Oです。

今回のM&Oの絶対観るべき映画シリーズは『万能鑑定士Q-モナ・リザの瞳-』です。

綾瀬はるかさんと松坂桃李さん主演の人気シリーズの原作小説の映画化という事で、話題にもなっていたのでご存知の方も多いのではないでしょうか。

ちなみにM&Oは映画館では観ていなくて、DVDレンタルで観ています。ごめんなさい。だって最初はそんなに惹かれなかったんです。ところがですね、観てみたらこれが意外と面白かったんです。意外とって失礼ですね、でも予想以上に面白かったんです。

それでは映画紹介です。

 

映画『万能鑑定士Q-モナ・リザの瞳-』は2014年に公開された日本映画です。

上映時間は119分。

原作は松岡圭祐万能鑑定士Qの事件簿Ⅸ』。

 

監督は佐藤信介監督。東宝作品を多く撮っている監督ですね。『アイアムアヒーロー』『GANTZ』『図書館戦争』などを監督しています。

 

出演は

凛田莉子・・・綾瀬はるか

小笠原悠人・・・松坂桃李

流泉寺美沙・・・初音映莉子

リシャールブレ・・・ピエールドゥラドンシャン

荻野甲陽・・・橋本じゅん

山田聡・・・村杉蝉之介

喜屋武友禅・・・児嶋一哉アンジャッシュ

江来香織・・・角替和枝

朝比奈尚幸・・・村上弘明

桜・・・榮倉奈々

ほか。

f:id:myprivatecomedy:20190417073248j:image

 

映画『万能鑑定士Q-モナ・リザの瞳-』あらすじ

凛田莉子(綾瀬はるか)は『万能鑑定士Q』というお店を営んでいる有能な鑑定士です。

ある日莉子の元にレストランを経営する男性がやってきます。レストランを貸し切ってパーティーをしたいという団体に、お金払いも良かったという事で店を貸すことになったが、その団体のやり方に胡散臭さを感じたその男性はそのパーティーの広告を持ってきて莉子に鑑定を依頼しました。

莉子はその広告に違和感を感じ、偽装している部分を指摘しました。男は莉子にパーティーに来て鑑定をしてくれるように依頼しました。

莉子はパーティーに出向き、様子を観察していました。莉子は料理の仕方や順序に違和感を感じ、人間の聴覚を惑わすためにわざとある周波数を出していると指摘します。

なんとレストランの2階にはその日が休館日のギャラリーがあり、パーティーの開催されている最中に盗難が行われていました。盗む際に出る音をパーティーの料理の音で周波数を出して、聴覚を惑わせていたのでした。これを見破った莉子でしたがすでにギャラリーは盗みが入った後でした。しかし駆けつけた際にとても貴重とされている由緒ある『かんざし』は取り戻すことができました。

このパーティーに居合わせた小笠原悠人(松坂桃李)はこの出来事を見ていました。悠人は記者の仕事をしていて、上司からグルメに関するいい記事を書けと叱責され、たまたま取材に訪れたパーティーでこの出来事に遭遇したのです。

悠人は莉子に取材を申し込みますが、あえなく断られてしまいます。

莉子の店にギャラリーの責任者・朝比奈尚幸(村上弘明)が莉子にお礼をしにやってきます。朝比奈はルーヴル美術館のアジアにおける代理人で、絵画モナリザが東京にやってくる際の責任者でもありました。

朝比奈は日本での臨時学芸員を探していて、莉子にテストを受けてみないかと打診します。テストはパリで行われるとのことでした。

悠人はこのテストへの同行を莉子にお願いしますが、莉子は断ります。

諦めきれない悠人は会社に戻ると取材のためのパリへの出張を打診しますが、却下されてしまいます。仕方なく悠人は自分の腕時計を質に入れて飛行機代を捻出し、強引に莉子に同行しました。

テストは何枚もの絵の中から本物のモナリザを探すことでした。莉子は見事に本物のモナリザを言い当て、テストに合格します。合格したのは莉子の他に流泉寺美沙(初音映莉子)だけでした。

莉子と美沙は軽井沢で合宿を受けることとなり、リシャールブレ(ピエールドゥラドンシャン)という講師の講義を受けます。

しかしこの軽井沢での合宿中に莉子に異常が出始めます。鑑定の感覚が狂ってきているのです。そんな状態でもなんとか合宿最後のテストにもパスした莉子でしたが、店に戻り普段の仕事に戻っても鑑定の感覚は戻りませんでした。仕事の依頼鑑定も失敗してしまった莉子は自信喪失してしまいます。ショックは大きく莉子は店を閉めて行方知らずになってしまいます。

悠人は莉子の行方を探すと同時に、調査の結果、莉子の能力をおかしくさせる関連をさせられていた事に気付きます。

莉子を見つけ出した悠人は事情を説明し、2人は陰謀に巻き込まれている事に気付きます。

開催されているモナリザ展に急ぐ莉子と悠人でしたが、そこには予想を上回る陰謀が渦巻いていました。

2人はモナリザを巡る陰謀を阻止する事が出来るのか…。

 

映画『万能鑑定士Q-モナ・リザの瞳-』感想・評価

面白かったんです、この映画。どうして観る気になったかは覚えていないのですが・・・たぶん綾瀬はるかさんが出ていたからかなぁ。結構好きな女優さんですし、綾瀬はるかさんの映画はあんまりハズレがないイメージなので。

原作も人気あるんじゃないかと思います、かなりシリーズ続いていますし、映画だけしか僕は知らないですが実際面白かったですもん。後半なんてかなり練られたストーリーだなって感じました。

綾瀬はるかさんもとっても良いですし。この人ってとっても無色な印象なんです。演じる役柄で色がつく感じで、しかもどこか透明感のある色なんですよね。実際肌も白いですがw

松坂桃李さんはこの映画では正直可もなく不可もなくって感じでした。僕が松坂桃李という俳優を好きになるのはもっと後なので。

そしてちょっと特筆したいのが村上弘明さんです。美術関係のお偉いさんってすごいハマり役じゃないですか?僕はこのキャスティング本当にナイスなキャスティングだと思いました。村上弘明さんは1度だけご一緒させて頂いているのですが、足長くてカッコよかったです。とてもいい人でしたし。

ちょっと原作も読みたくなるほどに面白い映画です。

是非観てみてほしいです!

 

映画『万能鑑定士Q-モナ・リザの瞳-』

彼女の瞳に世界が惑わさせる

                                                                        M&O