THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

時間が制限されていた方が作業は捗る? 質はキープできるのだろうか?

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

時間に追われている方が人は一生懸命取り組む

こんばんは、M&Oです。

今回は時間に追われている、時間に余裕がある事について書いていきたいと思います。

ブログを書くようになってからブログを書く時間をいかに取るかっていうのを考えるようになっているのですが、これはブログを書いている人達には結構共通な悩みではないかと思います。中には時間がなくて毎日更新する事は難しいという記事もよく見かけます。幸いM&Oは多忙な日々を送っているわけでは決してないので、ブログを書く時間に関してはかなり融通がきくので、、まったく記事書く時間がない!なんて事にはなっていません。そんな感じなので、おかげさまで毎日更新させてもらっているのですが、隙間時間にやったりだとか、何時までに終わらせなければならないという制約があればあるほど、作業が捗っている気がするのです。

例えば僕は朝にブログを書くこともあるのですが、朝だと出掛けるまでの時間に書き上げなくてはなりません。途中までで下書き保存してもいいのですが、性格なのかなるべくなら書き上げてしまいたい性格でして。そうすると朝起きてから出掛ける準備をして、そこから書く作業に入るわけですが、出掛ける時間までに書き上げねばならないというプレッシャーの中で書く事になります。別に誰に頼まれているわけでもなく好きで書いているブログなので無理に記事を上げる必要はまったくないのですが、もはや習慣になっていまして。好きだ書いてるのでもちろんストレスにはなっていないのです。

夜も同じように時間に制限があったり自ら制限を与えてブログを書くことが多く、ダラダラやる事がないようにとは思っています。

そうしないとなんだかんだで結構脱線してしまうんですよね。基本的にはパソコンで記事書いているのですが、スマホいじってみたりテレビの予約録画したやつチェックしたりとか。Twitter見たりとかインスタ見たりとかもしちゃいますね。

しかし時間に追われていればこんな事にはならないのです。まさに脇目も振らずに書くといった感じで取り組む事が出来るので、時間の制限がない時よりも確実に記事を書くスピードが早いのです。

人間というものは所詮はそんな生き物なのです。締め切りが迫らないと本気出さない人たちも社会にたくさんいるでしょう。思えば幼い頃から夏休みの宿題だって切羽詰まってから本気出して取り組んでいましたもんね。そう考えると今現在そういう状況になるというのは、あまり矛盾のない事なのかもしれません。

しかしこうなってしまう事が分かっているならば、初めから時間の制限を設けてしまえばいいのです。自分で前後に予定ややる事を入れてしまえば、その間の限られた時間に記事を書かねばならなくなるわけですから。

1日何もない日の記事を書く作業に取り掛かる時間や書いている時間のいかに長いことか・・・。時間に余裕がありすぎるというのもかなり考えものだなと思います。もちろん鉄の意志を持っているような人には関係ない話なのですが、正直なかなかいないんじゃないでしょうか。

ブログを書く作業を例に出して書いていますが、それ以外の作業でも共通していることかなぁと思います。

しかし時々ふと思うのですが、時間に制限を設けて作業を行うことは『その作業の質』に関してはプラスになっているのだろうかと考える事があるのです。

f:id:myprivatecomedy:20190416123217j:image

時間を制限する事でその作業の質は上がるのか、落ちるのか

それなりに急ぐ気持ちを持って作業している事を考えると、時間に制限があると質は落ちているのかもしれないと思うのですが、ただ時間を制限する事によって発揮されている集中力もあるので、これはもう一概にはどっちがどうとは言えない気もするのですが。

ただ時間に制限があると最後の詰め作業が甘くなってしまう気はします。質を求めるよりも時間内に終わらせる事が目的になってしまっていたり。そう考えると時間に余裕を持って書いていた方が質はやっぱりいいのかなとも思います。ただ考え過ぎちゃって素直に表現できないなんて事もありそうですよね。

うーん。難しいですね。

丁寧さって意味では時間に余裕がある方が絶対いいと思うのです。例えば芸術系の作業とかだったら時間がある方が丁寧に行えるわけですし。しかし急いでやったからこその閃きなんかもありそうな気もするんですよね。藤井フミヤさんの『TRUE LOVE』があまり時間を掛けずに作った曲というのも有名な話ですし。

こだわりまくって時間もものすごく掛けたけど周りの評価はイマイチなんて事もたくさんありますしね。言いたいことだけバーって書いた記事が意外と評判良かったりもしますし。どっちもどっちで良い面も悪い面もありますね。

それならば、今思いつきましたが、時間に制限がある中で質の高いものを作る事を心掛ければいいわけですね。スキルも上がる気がしますし、とっても前向きな意見ではないでしょうか?!

スピードと質を求めていきますっ。楽しみながら!

                                                                      M&O