THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

夢は他人に語った方が絶対いい 内容が伴っていれば必ず手助けしてくれる人が現れる

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

夢ややりたい事は周りの人にどんどん言おう 

こんばんは、M&Oです。

今回は夢を待つ事、そして夢に向かって進む事について書いていきたいと思います。

夢と言うと、なんだか大きなものだと捉える方々も多いかもしれませんが、夢に大きいも小さいももちろんなく、やりたい事やちょっとでも興味があること事、夢中になれる事があれば、それはいくらでも夢の形に変わると思います。

なので今回のテーマはかなり多くの人にあてはまるのではないかと思います。

不肖M&Oはやりたい事にはとにかく夢中になってきた人間です。元来ハマりやすい性格のようで、少年野球、サッカー、バンド、そして役者と夢中になってハマってきたわけですが、最終的にハマった役者で生活できるようになっていた事はとても運が良く恵まれていたと思います。今はやっていないんですけどねw  そして忘れてはいけないのが家族をはじめとした周囲の人々への感謝です。大学を卒業する時にも就職活動を一切しないM&Oに対して、両親は特に何を言う事もなく、すでに始めていた役者活動を応援してくれていた気がします。

『やりたい事をやれ。ただし他人に迷惑はかけるな』とよく言われたものです。

そして夢ややりたい事がある人達に対して不肖M&Oは一丁前に伝えたいのですが、やりたい事や夢は絶対に周囲の人に言った方がいいです。よく言われる事かもしれませんが、これは僕の経験からも言える事なのです。

f:id:myprivatecomedy:20190415190417j:image

夢ややりたい事を周囲に言う事で予想外にチャンスがやってくる

なかなか若い時は特に、周りの人に自分の夢ややりたい事を話すのって抵抗があったりすると思います。笑われるんじゃないかとかバカにされるんじゃないかとか、いろいろと考えてしまうものですよね。M&Oは最初に親に話した時が抵抗があった気がします。遥か昔なので微かな記憶ですがw 

ただ映画館で働いていたり、家ではとにかく時間があれば映画を観ていたので、説得力はあったようです。相当映画が好きで憧れているんだろうという印象はきっとM&Oに対して持っていたのではないでしょうか。軽い気持ちで言っているわけではないなとは思っていたのではないかと思うのです。

夢ややりたい事を周りの人間にどんどん言った方がいいというのは、その話を聞いた知り合いがどんな人と繋がっているかわからないからです。もちろん最初から打算的に繋がろうするのはあまりいいものではありませんが、会話の流れで自分のやりたい事や夢の話をする事が自然な時も多々あると思います。僕も現在新たな夢に向かって日々過ごしているわけですが、出会う人にはお話ししていますし、このブログでも書かせて頂いて来ています。

そして何より、役者時代にこういったケースで人を紹介される事がやはり多かったのです。それも周囲の人間に夢を言ってきたからなのです。それなりに名前と顔が知られる前は特にそうです。自ら名乗らなければただのフリーターですからねw 実際最初の方なんて仕事なかなかないですし。最初は『まだ何も役者の仕事してないしな・・・』なんて思ってしまって抵抗があるかもしれませんが、そんなの関係ねえ!なんです。言わないと何も始まらないのです。言ってももしかしたら何も始まらないかもしれないけど、言わないより可能性があるのなら言った方がいいでしょう。お金もかかりませんし。例え恥かいたとしても恥はかき捨て精神でいきましょう。

ただですね、1つだけとっても大切な事が1つ・・・

ペラッペラの自称〇〇ではダメです。役者ならば、役者のことをちゃんと頑張ってないとダメです。週に5日間アルバイトして疲れ果てて何も役者の努力をしていない人が、いくら周囲の人に自分の役者の夢を語ったところで特に力になってくれることはないでしょう。自分が周囲の人間の立場だったらそんな人を応援したいと思いますか?多分思わないでしょう。目を見張るイケメンだったり絶世の美女だったりしたら違うかもしれませんが、そんな事滅多にないでしょうし、きっとすでに大手事務所にスカウトされているでしょう。

どんな努力を日々行なっているかをわざわざ話す必要はないのです。初対面でこんなの言われたらちょっとうざいですしw 僕のかなり個人的な意見ですが、しっかり努力している人はきっとそういう雰囲気が出ているから大丈夫です。自分ではわからないところでちゃんとオーラが出ているはずです。努力にプラスして日々『自分は俳優』『自分は女優』という思いを持って日々過ごしていたら、必ずそれなりのオーラが出てきます。これはどんな仕事をしてきたかとか芸歴などとは関係ないのです。自分が役者なんですと自己紹介した時に『たしかにオーラあるもんね』とか自己紹介する前から『何か芸能関係やってる人?』なんて言われる事が増えるような生き方をして、さらに夢を周りに言いまくるのが僕はベストなんじゃないかと思います。

例えが役者になってしまいましたが、どんなことでも当てはまるのではないでしょうか。

そして僕は何も若い人だけに対して言っているわけではなく、いくら年齢を経てようが遅いことはないと思ってます!

                                                                  M&O