THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

高橋一生の主演映画『九月の恋と出会うまで』の大コケは高橋一生のせいではない

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

ドラマ『東京独身男子』にも出演の高橋一生の主演映画が大コケ

こんばんは、M&Oです。

今回は俳優・高橋一生さんについて書いていきたいと思います。

とは言えこのブログ『ENTERTAINMENT DIARIES』でシリーズとしてやっている『俳優・女優名鑑シリーズ』で取り上げるわけではなく、現在、高橋一生さんの主演映画『九月の恋と出会うまで』がかなりコケている事が話題になっていますので、その事について書いていきたいと思います。

高橋一生さんといえば芸歴も長く、しっかりした演技のできる俳優として、ずいぶん前から不肖M&Oもその存在は知っていました。そんな高橋一生さんが何がどうしたのか女性からキャーキャー言われる存在になった時には、知り合いでもなんでもないですが思わず動揺してしまったものです。今となってはひと昔前といった感じですね。当時そんな高橋一生さんの事に関して記事を書かせて頂きまして。よろしければ是非お読みください!

高橋一生の人気ってなんだったんだろうか・・・。俳優・高橋一生の魅力とブームの謎に迫る - THE ENTERTAINMENT DIARIES

 

そして現在、高橋一生さんの主演映画『九月の恋と出会うまで』が大コケしているとネットニュースを騒がせているわけですが、この映画がコケるのは別に予想外ではないですし、高橋一生さんが矢面に立たされていることにもちょっと首を傾げてしまいます。いやもちろん主演俳優としての責任は感じなければいけないとは思うのですが、動員が少ないのは高橋一生さんのせいではないわけです。

僕はこの『九月の恋と出会うまで』は観ていませんし観ることもないと思いますが(ごめんなさい。でも全然観たいと思えないので。個人的な好みの問題です。)、魅力的にはその程度の映画だとまず思うのです。予告とかCMを観て『うおー!面白そう!』とは正直ならないです。もちろん個人的な意見ですが、同じ意見の人結構多いんじゃないでしょうか?実際動員もかなりやばいみたいですし。

こういった映画の大コケって度々話題になって主演俳優が矢面に立たされるのが常になっていますが、それは違うでしょうとずっと前から思っていたんです。だって今回の高橋一生さんも間違いなくそうだと思いますが、自分から『俺を使ってください!損させないんで!』と言ったわけではないはずで、オファーを受けてこの映画の主演を引き受けたはずです。オファーした側の人間だってその道のプロなのだから、責任は背負わなければいけないでしょう。会社内ではどういう話になっているかはわかりませんが。

そして日本って監督に関しても滅多にコケても話題にしないですよね。映画は監督のものという共通認識が作り手側には結構あるんですけどね。もちろんスポンサーとかプロデューサーとかしがらみも色々あると思いますが…。

f:id:myprivatecomedy:20190414192446j:image

役者頼みの動員なら高橋一生を主演にキャスティングする方が疑問

映画『九月の恋と出会うまで』は川口春奈さんもそうですし、川栄李奈さんも出演されていますね。それなのにやたらと高橋一生さんの人気が急落的なニュースを見かけましたが、どうしてなんでしょう?川栄李奈さんに関しては出番がどれぐらいかわからないので、動員への影響に関与していると言うとちょっとかわいそうですが、ただ川栄李奈さんも人気ある女優なのでそういった面も期待されてキャスティングされているはずです。

川口春奈さんなんてモロ動員に影響あるでしょう。それなのに僕が見た感じでは動員の少なさを叩かれている様子はなさそうです。叩かれる必要もないと思いますし。高橋一生さんがちょうどテレビドラマで主演張るタイミングだったから、ネタとしてそういう記事が多く出回っているだけなのか・・・。しかしこの映画のキャスト改めて見返しましたが、これはふつうに考えたらヒットしないでしょう。高橋一生さん、川口春奈さん、川栄李奈さん以外のキャストは『う〜ん』って感じで、正直顔もちゃんと浮かんでこないですもん。もしかしてそんなに規模が大きくない映画なのかな?とも思ったのですが、上映館はかなりあるようです。あ、もう過去形か。あったようです。

いや当たらないですってこれは。でも別に大ヒットしてなくてもいい作品はたくさんありますから。ただもしヒットを望んでいたのだとしたら、僕はこのキャストに決めたキャスティングプロデューサーにかなり責任があると思います。

高橋一生さんは元俳優のM&Oとしては個人的に尊敬すらしている素晴らしい俳優です。最近で言えば『億男』を観た時も『うわ〜やっぱさすが上手いな〜』と思わされました。他にも数々の作品で高い評価を得ていることは言うまでもないのですが、カッコいいとかイケメンのカテゴリーではないでしょう。ラブストーリーの相手役となると、どうなんでしょう。もちろんヒットを狙った場合です。だってこの映画のポスターの高橋一生さんの顔もはや怖いですよ。

オファーする方もする方だし、受ける方も受ける方でしょう。謙虚そうな感じにみえますけどねぇ、高橋一生さん。いや、でも実際オファーが来たら普通受けちゃいますよね。『高橋さんしかいないんです!』的な事を言われてそうですし。しかも映画の中で観るに耐えない演技をしてしまっているとかなら戦犯扱いもわかりますが、高橋一生さんに限って演技がまずい感じになっているとは考えづらいですからね。

役者だけが矢面に立たされる風潮は変わってほしいし変わるべきだと思います。

                                                                                                                M&O