THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

絶対観るべき映画『道』あらすじ・キャスト・評価 語り継がれるフェリーニ監督作品

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

映画『道』概要・キャスト

こんばんは、M&Oです。

今回のM&Oの絶対観るべき映画シリーズは『道』です。

フェデリコフェリーニ監督のの語り継がれる名作です。

不肖M&Oは先日、人生の先輩からこの映画を観るように言われて、恥ずかしながら初めて鑑賞致しました。観るように仰っていた方がかなり絶賛していまして、またさすがに僕も監督名と作品名は聞いたことがあったので、よし!いい機会だし観てみよう!となったのです。

 

映画『道』は1954年に制作され、1957年に日本公開されたイタリア映画です。

上映時間は104分。

 

監督はフェデリコフェリーニ監督。

映画『道』はフェリーニ監督の最期のネオリアリズム映画と言われています。

 

キャストは

ザンパノ・・・アンソニークイン

ジェルソミーナ・・・ジュリエッタマシーナ

綱渡りの芸人・・・リチャード・ベイスハート

ほか。

f:id:myprivatecomedy:20190413185032j:image

 

映画『道』あらすじ

ジェルソミーナはイタリアの海辺で暮らす貧しい一家の一員でした。ある日ザンパノという旅芸人の助手として買われていった妹ローザがなくなってしまったという知らせを聞きます。

母親は今度はジェルソミーナをザンパノに売ってしまいます。ジェルソミーナは少し知的障害を持っていましたが、ザンパノの移動車に乗り込みます。

ザンパノは見た目からして荒々しい男で

胸部に巻きつけた鎖を肺を膨らませて切断するという芸で旅芸人として稼いでいました。

ジェルソミーナは太鼓やおひねり集めやピエロなど、ザンパノから芸を教わりながら旅を共にしていました。最初は望まない関係も強要され辛いこともありましたがジェルソミーナは耐え忍んでいました。

そんな暮らしが続き、ジェルソミーナも旅芸人としての生活に慣れ、ザンパノとの関係にも幸せを感じ始めていました。しかしザンパノはレストランなどで出会った女性と大人の関係になる事があり、そんな時はジェルソミーナを移動車に乗せずに置いてきぼりにしていました。途方に暮れるジェルソミーナは悲しみを感じずにはいられませんでした。

旅先で再びザンパノが女性と楽しげにしているのを見たジェルソミーナは、耐えきれずにザンパノの元を去ります。

ジェルソミーナはあてもなく歩いた先で大きな催事に出会います。綱渡りなど派手な芸を見たジェルソミーナは目を輝かせ力一杯の拍手を送ります。

ジェルソミーナは探しにきたザンパノに見つかり再び移動車に乗り込みます。

大きなサーカスの一員として芸を披露することになったザンパノとジェルソミーナでしたが、そこには綱渡り芸人がいました。ザンパノとその綱渡り芸人は昔からの顔見知りで、綱渡り芸人は事あるごとにザンパノをからかい激怒させます。

ある日綱渡り芸人がザンパノのいない間にジェルソミーナに芸を教えていると、そこに現れたザンパノは激怒して綱渡り芸人を追いかけ回します。ザンパノの手にはナイフが握られていたためこの件は警察沙汰となりザンパノは拘留されます。騒動を起こした事にサーカスのボスは怒り、ザンパノと綱渡り芸人をクビにします。ジェルソミーナだけならサーカスに帯同してもいいとジェルソミーナに告げますが、ジェルソミーナはすぐには返事をしませんでした。

ジェルソミーナは綱渡り芸人と話をしました。綱渡り芸人は生きる希望を見出せないジェルソミーナを励まし、自分と来るかと誘います。しかしザンパノがジェルソミーナのことを好いていると思い、素直に態度で表せないザンパノをからかいながらも憐れみます。

綱渡り芸人はジェルソミーナに別れを告げ去っていきます。ジェルソミーナは警察から出てくるザンパノの前に現れ、サーカスにも誘われたのよと微笑みます。

ラッパを覚えたジェルソミーナは綱渡り芸人が奏でていたメロディをいつも吹いていました。ザンパノと旅を続けている最中、なんと綱渡り芸人とバッタリ遭遇します。

綱渡り芸人の移動車がパンクしてしまい、ちょうど修理を行なっている最中でした。綱渡り芸人は気さくに2人に話し掛けてきますが、ザンパノは恨みを忘れておらず綱渡り芸人を殴り倒してしまいます。ザンパノに殴られた拍子に後頭部を自分の移動車に強打してしまった綱渡り芸人はそのまま帰らぬ人となってしまいました。

綱渡り芸人の様子がおかしいことに気付いたジェルソミーナは彼に近づき叫びます。『彼の様子が変よ、ザンパノ』と。

ザンパノは綱渡り芸人の遺体を隠しジェルソミーナと旅を続けますが、ジェルソミーナは正気を保つことができないでいました。芸の最中でもジェルソミーナは心ここにあらずで『彼の様子が変よ、ザンパノ』と口走ってしまいます。ザンパノはこれ以上ジェルソミーナと旅を続けることは無理と判断し、ジェルソミーナが眠っている隙に置いていってしまいます。少しのお金とラッパは置いていきました。

時は経ち、ザンパノはある街でジェルソミーナがラッパで吹いていたメロディを耳にします。その曲を口ずさんでいた女性にザンパノはどこでそのメロディを知ったのかと尋ねます。昔ここにいた女性がラッパで吹いていたメロディで、その女性は頭がおかしかった。しばらくしてその女性は死んでしまったと教えてくれました。

ザンパノはバーで酔いつぶれ店から追い出されます。一人で平気と強がっていたザンパノでしたが、海辺に辿り着くと一人砂浜で泣き崩れました。。。

 

映画『道』感想・評価

せつない。とにかくせつない映画です。薦められた意味がわかりました。これは観ておかなければいけない作品なんだと思いました。

語り継がれる名作って他にもたくさんあるわけですが、やはり間違いなくいい作品ばかりなんですよね。この『道』という映画も例外ではなく、見事に魅入ってしまいました。

決して多くないセリフでここまでいろいろ感じさせてくれるのはやはり描写がすごいからなのだろうか。カット割りとかが素晴らしいということなのだろうか。監督の勉強をしてきていない僕には確実な事は言えないですが、なんだか画面を観ているだけで切なくなってくる気がします。無音でも感動するんじゃないかと思うほどに。

そして普通にストーリーも非常にせつなくて。ラストシーンは多くの人が心を持っていかれるのではないだろうかと思います。

恐れ多くてあんまり多くを語れないって感じです。観てもらうのが一番いいと思います!

 

映画『道』

アカデミー最優秀外国映画賞に輝くフェデリコ・フェリーニ監督の最高傑作!

                              M&O

hulu