THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

俳優・女優名鑑シリーズ『沢尻エリカ』  天才女優の名に恥じない演技力で観客を魅了する沢尻エリカの魅力に迫る

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

俳優・女優名鑑シリーズ『沢尻エリカ

こんにちは、M&Oです。

今回の俳優・女優名鑑シリーズは『沢尻エリカ』さんです。

最初に書かせて頂きますが、不肖M&O、特に沢尻エリカさんのファンというわけではありません。この『俳優・女優名鑑シリーズ』は特にファンではない人も取り上げさせていただきますので特に違和感を覚えることではないのですが、さすがに嫌いな俳優・女優さんのことは取り上げづらいので今のところそういう人たちについては書くつもりはあまりないのですが、ただですね、もしも僕が沢尻エリカさんのことを嫌いだったとしても(実際は全然嫌いじゃないですからね)沢尻エリカという女優に関しては書かなければいけなかっただろうなと思うのです。

若い頃から完全に突出して上手い女優さんでしたし、近年では稀に見る堂々とした佇まいと肝の座り方で、こういう女優さんっていつの時代も一人はいて欲しいなと思えるような女優という印象でした。その部分は昔も今も一貫して変わっていないと思います。

ただM&Oが俳優をやっていた頃にもしも2人きりのシーンで共演とかがあったら、あんまり嬉しくなかったかもしれません。別に嫌ではないですが、確実に他の女優さんよりも気を遣わなくてはいけない空気が漂っていいそうなので(笑)それもまたいい個性ではあるんですけどね。

f:id:myprivatecomedy:20190408085553j:plain

初期の出演作から見せつけていた女優としての才能

僕が沢尻エリカという女優の存在を知ったのは映画『パッチギ!』を観た時でした。世間の皆さまもこの映画で沢尻エリカさんを知ったり名前を見掛けたりって多かったのではないでしょうか?賞もいろいろと頂いていたようですし。

そして沢尻エリカさんを世間に完全に認知させたテレビドラマ『1リットルの涙』ですが、このドラマで女優としてのすごさを多くの人に知らしめました。ストーリーも素晴らしくて涙なくしては観れないドラマでしたが、沢尻エリカさんの演技が素晴らしかったからこその感動だったと思います。

そして今も変わらず美しいのはもちろんなのですが、やはりその美貌も大いに注目されていて、ルックスに惹かれる男性ファンも多かったと思います。憧れを持つ女性ファンも多くいたと思いますし、男性女性両方から支持されていた初期の頃だったのではないかと思います。

さらに勢いは止まることなくドラマ『タイヨウのうた』に出演し、そのドラマの流れで歌手デビューを果たすとこの歌が大ヒットしてしまいます。『歌も歌えるんかい!』と突っ込みたくなる多才ぶりを見せてくれて新たな才能を世に知らしめました。

その後も順調にキャリアを積んでいく沢尻エリカさんでしたが、映画『クローズド・ノート』の舞台挨拶での不機嫌そうな振る舞いと、質問に対して『別に・・・』と発言したことで、世間からバッシングを浴びます。今となれば『そんなこともあったなぁ』っていうぐらいの出来事だったのですが、当時はさすがと下らないワイドショーといった感じでかなりテレビで取り上げられていて、何か法に反したことをしでかしたのかと思うぐらい大ごとになっていました。個人的にはこの出来事に対しては冷めた目で見ていたというか、『そんな問題視することかね』という目で当時見ていました。大したことでもないだろうと思いましたし、結果的に映画はものすごく宣伝できたわけですから結果オーライな面もあったと思いますし。ちなみにこの映画『クローズド・ノート』ですが、僕はとっても好きな作品です。竹内結子さんも伊勢谷友介さんも出演されている映画で、とってもお薦めなので是非観て欲しいです。今度映画紹介させて頂きます!

この騒動がきっかけで沢尻エリカさんはいろいろと大変なことになってしまって、芸能活動も休止しなかなか目にする機会がなくなってしまっていたのですが、その女優としての類まれな才能はそのまま消えることを許されなかったようで、テレビCMをきっかけに芸能界に戻ってきます。

その後は映画『ヘルタースケルター』に主演するなどして、再びその才能をいかんなく発揮して話題となります。映画自体も大ヒットとなり日本アカデミー主演女優賞も受賞しました。

その後の活躍は説明不要かなと思うほどに、しっかり活躍されています。

僕は女優・沢尻エリカの才能があの騒動で消えてしまわなくて本当に良かったと思っています。

問題視されつつも結果を出し続けてきた『媚びない女優』沢尻エリカ

沢尻エリカという女優は現代では本当に類を見ない女優だと思います。いい子ちゃんでいることが良しとされる風潮の中で、自分を通して(時には不必要な自己主張もあったかもしれませんが)バッシングに晒されようとも、結局女優として結果を出し続け周りを黙らせて、そして起用され続けてきているわけで、これは本来の女優としてのあるべき姿と言いますか、女優としての魅力と才能で仕事を得ているまさに実力派女優の典型だと思うのです。

海外にも進出していた沢尻エリカさんですが、確かに海外の方が肌に合うのではないかなぁと思います。日本は彼女にとっていろんな意味でちょっと小さいのではないかと。

年齢と共に性格も丸くなってきた感じも見受けられる沢尻エリカさんですが、いい意味でこれから女優としてそういった面も滲み出てくるのではないでしょうか。尖っている部分はきっと尖ったままだと思いますが(笑)僕の勝手イメージですが。

しかしとにかく結果を出し続けてきているこの人の女優人生は、後世に語り継がれるレベルだと僕は思います。俳優とかの人生を振り返るテレビ番組でも取り上げられそうな(笑)昔だったら『知ってるつもり』とか(笑)

僕は沢尻エリカさんの女優としての才能はとんでもないと思っているので、これからも活躍に大いに期待しています!

                         M&O