THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

電車で割り込んだり強引に座った人はその後の気まずい時間の方が立っているよりも辛い時間だと思うのだが・・・

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

いろんな高齢者がいるのも事実だけど基本的に高齢者に席は譲るべきだと思う

こんばんは、M&Oです。

今回は先日の電車で起きた実体験を書いていきたいと思います。

ネットニュースでも見掛けることが多い電車やバスなど公共の乗り物での座席問題に関してです。

あれはこの前の土曜日でした。この前のというか昨日ですね昨日。

僕は午前中に最寄り駅から電車に乗ったのですが、土曜日だしきっと空いているだろうとタカをくくっていたのです。そうしましたら思いのほか電車が混んでいまして、正直その時点で心の中で『うわ~マジかよ~』とは思ったのです。混んでる電車が滅法嫌いなのでそれだけでちょっと気持ちが萎えてしまうのですが、とは言っても乗らないわけにもいかないので背負っていたリュックを前に持ち直して乗車したのです。

僕はお仕事も含めてまったく持って立ち仕事ではないので、電車で座りたい願望がまったくない人間なのですが、電車内の立ち位置は基本的に座席の前に立ちます。できれば車両の真ん中ぐらいまで行って、リュックを網棚に乗せて吊り革に掴まるというのが僕の基本スタイルというか一番電車で望ましいスタイルなのです。結構混んでいる時にドアの前付近だけ混んでいるのとかとっても嫌いなんです。しかも座席の前も手前側にばかり立っていて、真ん中まで行けばもっとスペースあるのに手前に立ってしまっているせいで真ん中まで進めなかったりすることがあるのですが、そういう時は心の中で『う~ん、頭悪いなぁ・・・』と言葉が悪くて申し訳ないのですが正直思ってしまいます。

ただ昨日は座席の真ん中までいけたのでリュックを網棚に置いて吊り革に掴まり、スマホを出して読者登録している人たちのブログを読んでいたのです。乗車前から感じていたのですが、天気も良かったので桜を観に行く人が多いのか、高齢の方々が結構目についたのです。『随分今日の電車は高齢の人が多いわねぇ』とは思っていたのです。

いい人ぶるわけではありませんが、僕自身が電車で基本的に座らない人間だから言えることでもあるのですが、『立とうぜ若者よ!』とは正直思いました。もちろん具合が悪いとか妊婦さんだったり事情がある人もいらっしゃるとは思いますが、そうじゃない若者は立てばいいのになぁと思ってしまうのです。個人的な考えですが、自分がいい年齢になってくると、こういう時に自分の親のことを考えると席を譲る気持ちになりやすいんじゃないかしらと思うのです。もし自分が自分の親と電車に乗っていたら席を譲ってほしくないですか?僕は座って欲しいなって思ってしまいます。

ただ譲りたくないタイプの高齢の人がいるのも事実で、その気持ちもすごくわかります。譲ってもらって当たり前な感じを出している人や、ガツガツ来る人にはなかなか譲りたいという気持ちにならなかったりしますよね、その気持ちはすごくわかります。

でも昨日に関しては僕が感じていた様子としてはそういう人はいないように思いましたし、何より高齢の方の人数も多かったのです。

譲ってあげればいいのになぁ~なんて軽く思いながら電車に乗っていたのですが、僕は座っていないので譲ることができません。まぁ仕方ないかぁなんて思いながら乗っていましたら、その時、場面が動いたのです。そう、その時歴史が動いたのです!

 

f:id:myprivatecomedy:20190407212348j:plain

座席に強引に座って気まずいならばむしろ座らない方が精神的には絶対いいと思う

僕が立って吊り革に掴まっていると、なんと僕の目の前の人が席を立ち電車から降りて行ったのです。僕の目の前の人が席を立って降りて行ったので、通常の電車ルールで言えば僕が座るのが普通と言えば普通です。なにもなけれなこういった場合は僕も座ってしまうこともありますが、この日は高齢の方々がかなり乗っている感じだったので、僕の目の前の席が空いた時にちょうど『あっ』と反応したおばあさんと目が合ったので、僕は空気感と目で『どうぞどうぞ』と合図を送ったのです。そうしましたら、おばあさんもこっちへ移動してきた瞬間でした。その刹那、僕の左側にいた若い女性が僕を『ドンッ!』と押しのけながらその席に座ってしまったのです。さすがにこれに対しては『うわ~マジかこの子』と思ってしまいました。そして移動してこようとしていたおばあさんは残念そうにその場に留まって立ち続けていました。

僕はまだ降りる駅ではないのでそのままその若い女の子の前に立ち続けているわけですが、その子はなかなかに気まずそうな空気感を出しています。僕もそれなりには非常識な子だなぁという空気感を出してはいたのでその空気も感じ取っていたのかも知れません。そしてその女の子の隣に元々座っていた年配の女性も信じられないといった顔でその女の子の顔を見ていました。体調悪そうにも見えなったしスマホをガンガンいじっている感じでしたが、気まずいのを隠したいのか変に虚勢を張っている感じの表情などが見受けられて、『そんな感じになるなら絶対座らない方が良かったでしょ・・・』と思わずにはいられませんでした。

ちなみにその女の子の隣に座っていた人が次の駅で降りたので、座れなかったおばあさんはその席に無事に座ることができました。おばあさんは僕に目でお礼をしてくれていましたが、間違いなく僕は何もしていないのでそれも何だか気まずかったです(笑)別に僕が席を譲ったわけではないので・・・。

電車の乗車前に並んでいる時に割り込んできたりする人や、強引に座ってくる人って気まずくなるならやるなよって見掛けるたびに思います。

しかし一番タチが悪いのは、そういうことをしても気まずさも感じない人たちなんですけどね・・・。

                                M&O

hulu