THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

見た目を気にしていれば『おっさん化』はだいぶ防げる おっさん化は精神的にも悪影響しかない

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

『おっさん化』が自然な流れならば必死に逆らおうと思う

こんばんは、M&Oです。

今回は男性ならばできる限りなりたくないと思っているであろう『おっさん化』について書いていきたいと思います。

なりたくないと思っていればまだまだ良いほうで、何も意識しなくなることはなかなかに末期症状だと思っています。

なぜ急に『おっさん化』について書こうと思ったかと言いますと、久しぶりにかなり朝早い電車に乗ったのですが、僕としては朝のいわゆる通勤ラッシュの時間帯よりも早い時間帯だったので、たいして混んでないと思っていたのです。もしかしたら座れるんじゃないかぐらいのイメージだったのですが、舐めてました。自分の浅はかな考えを呪いました。

『全然空いてない!!むしろかなり混んでいる!』

という状態だったのです。

朝の7時前の電車ですよ??混んでいるなんて思います??というかこの時間も混んでいて朝の通勤ラッシュの時間帯も混んでいるって、つまりずっと混んでいるってことじゃないか!と吊り革につかまりながら思っていました。

日本すごいな・・・めっちゃ働くやん。。。』

と思いながら車内を見渡すとあることに気付いたのです。

ほとんどの乗客が高齢の男性だったのです。

もちろん女性の乗客もいらっしゃいましたし、若い男性の乗客もチラホラは見掛けましたが、割合的に確実に高齢の男性が多かったのです。そうです、世間で言うところの『おっさん』です。

そしてこの『おっさん』たちはスーツを着ている人もいれば私服を着ている人もいて様々でしたが、正直誰一人として『この人会社でバリバリ仕事してそうだなぁ』という印象は受けませんでした。むしろ覇気がない感じの印象を受ける人たちがほとんどでした。

何より醸し出している空気がそう思わせる大きな要因だとは思うのですが、それにプラスして僕が個人的に強く感じたのは、

『もはや見た目にまったく気を遣っていない』

ということでした。

少々口が悪くなってしまうかもしれませんが、あまりに見た目に気を遣っていないというか、相手に不快感を与えかねない外見の方もけっこういて、でもスーツ着ているし会社行って仕事して取引先の人と会ったりしないのだろうか・・・これで契約とか取れるのかしら??とついつい邪推してしまうほどです。

そしてはっきり言いますが、僕としては電車にたまたま乗り合わせただけだったとしても、正直それなりに不快感を感じます。そうです、はっきり言って

僕は『おっさん』が嫌いなのです。

勘違いされないように書いておきたいのですが、僕の『おっさん』の定義は年齢を経た男性すべてを指しているわけでは決してありません。僕は歳を取ることは決して悪いことではないと思っているので、年齢を経た人たちに対してはむしろ尊敬の念を抱くことがほとんどです。ただし『おっさん』になっていない年齢を経た大人限定です。『おっさん』となってしまった人たちを尊敬することはまずありません。

しかし悲しいことに今朝電車に乗っていた時に感じたのは、ほとんどの人が『おっさん』化している事実でした。確実に『おっさん』の方がマジョリティであることは一目瞭然でした。

心から思ったことなのですが、もはや

枯れているアピールをしているようにしか見えないのです。

ここまで抗わないことは果たして潔いことなのか、見苦しいことなのか、あまりに堂々としていてよくわからなくなってしまうのです。僕は彼らを見ていて、見た目に気を遣っていたら醸し出す空気感などガラリと変わるんじゃいかと思わずにいられないのです。

f:id:myprivatecomedy:20190405205106j:plain

なぜ『おっさん』は見た目を気にしなくなってしまうのだろうか・・・

見た目を作ることで人間って簡単に意識改革できると僕は思っていて、もちろん心の根底の部分まではなかなか難しいかもしれませんが、服装や髪形で気分を変えることは容易にできると思っています。僕は滅多にスーツを着ることがないのですが、たま~にスーツを着た時などは背筋が伸びる感覚がしますし、身だしなみをいつもよりもしっかりした日などは自分がワンランク上の男になったような気もします。何がワンランク上なのかわかりませんが(笑)

でも笑い話ではなく、人間ってそういう作用が少なからずあると思うのです。そして自意識の強い思春期や若い時は外見に気を遣う事で形成されている自分自身もきっとあったと思うのです。しかしいつからか外見にまったく気を遣わなくなってしまい、そしてそれは見た目のみならず精神的にも『おっさん』化していく原因となってしまいます。

僕は特に外見にお金を掛けたり若作りをしたり、ジェローラモみたいになるべきだ!と言っているわけではありません。むしろ渋みのある男性には魅力を十分に感じますので、特にアンチエイジングをする必要もないと思います。僕が『おっさん』化しないためにとっても大切あり必要な事だと思っているものは、何よりも

清潔感なのです。

おっさん化してしまった人たちに圧倒的に欠落しているモノ、それは清潔感だと思うのです。でも本当に清潔感を保つってそんな難しいことじゃないと思うのです。ちょっと気を遣っていれば出来てしまう事だと思うのです、僕自身できているかわかりませんが、意識して清潔感を保つようにはしているつもりです。

そしてなぜ年を取ると、年を取った風貌にするという傾向があるのかも謎です。しかもいわゆる日本の典型的なおっさんスタイルといいますか、年配のサラリーマンってどうしてあんなにも見た目のパターンが少ないんですかね。そして今朝の電車の話で何気に疑問なのが、通勤ラッシュの前の時間帯に乗っている乗客のほとんどがなぜに高齢の男性が多かったのか・・・?通常であれば若い人ほど早く行って何かしら仕事をしていそうな感じがするのですが、たぶん電車を見た感じだと年配の会社員は早く出社していて新人はギリギリに出社しているなんてことになっていそうな気がします。新人や若いからといって早く出社する必要はまったくないと思うので、これは別にいいと思うのですが、年配の人達が早く出社していることに関しては謎です、ただ単に通勤ラッシュを避けているだけなのかしら。そんな時間があるなら身だしなみにもっと気を遣えばいいのに・・・。

最後にショックだったことをもう一つ書かせてください。

電車内でめっちゃおっさんのスマホの画面が見えてしまったのですが、めっちゃゲームしていました。『こんなおっさんがゲームするのか!』と素直に驚きました。もちろん別にいいんですが、純粋に驚いてしまいました。でも・・・あくまで見た目だけですが仕事はできなそうな感じでした。失礼ですよね、でも実際そう見えてしまったです。

年を取るのは悪いことではありません!でも『おっさん』化は減らしていきましょう!と思うのです。そうすればたくさんの人がより心地よく生きられるはず。。。

                            M&O