THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

絶対観るべきコント 千原兄弟コントライブ『ラブ』 千原兄弟にケンドーコバヤシにサバンナ高橋に陣内智則の豪華メンバーで送る千原ジュニアワールド

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

千原兄弟コントライブ『ラブ』はさすがの笑いを見せつけてくれる

こんばんは、M&Oです。

今回は絶対観るべき映画シリーズではなく『絶対観るべきコント』と題しまして『千原兄弟コントライブ・ラブ』について書いていきたいと思います。

僕は千原兄弟はかなり好きなお笑い芸人でして、特に千原ジュニアさんは好きなお笑い芸人でかなり上位に入るほどに好きなのです。ダウンタウン好きで松本人志さん好きの僕にとっては至って自然な流れでではあるのですが、千原ジュニアさんの笑いのセンスや現場をまわす力には昔から一目置いていまして。一目置くと言うとなんだか偉そうですね(笑)単純に好きだという事です。

ただこれまで何気に千原兄弟のコントって僕はあまり観る機会がなかったのです。機会があれば絶対観ていたと思うのですが、これまで観たことないという事は千原兄弟はあまりテレビでネタを披露することがないんだろなと思います。やってれば僕は観ているはずなので。昔はやっていたのかもしれませんが、ある時期から、やはりお笑い芸人さんの中での地位を築いてからは、なかなかネタを披露する機会ってなさそうですよね。お笑いの世界のそういうしきたりというか流れは僕はあまりわからないのですが、コンビでもピンでもかなり売れてきた芸人さんたちって司会とか番組を回す側になるのが自然だから、なかなか自分たちがネタをやる機会ってなくなっちゃいますよね。千原兄弟はもう十分にそういう地位になっていると思いますし。ダウンタウンのネタなんてもう観れないですもんねぇ。フリートークがすっごく面白いから全然いいんですけどね。

千原兄弟に関しては僕の場合は千原ジュニアさんを目にする機会がとっても多くて、すべらない話とかYouTubeとかでも千原ジュニアさんのトークを探すのは結構自然な流れになっているのです。個人的には話術のスキルが本当にすごいと思っていて、言葉のチョイスや語彙力なんかもかなり努力しているんだろうなぁと思わされますし、声のトーンなども絶妙に使い分ける言葉の魔術師という印象なのです、お笑いに人生を賭けている感じもすごくしていて、松本人志さんから影響を受けてそのイズムを引き継いだのか、元々笑いに対してストイックで同じストイックさを持つ松本人志さんに共感をえただけなのか・・・たぶん両方なのかしら?かなり若い頃からあの天才芸人の板尾創路さんに可愛がられていたようですし、千原ジュニアのお笑いセンスは昔から輝くものがあったのでしょう。

今回ご紹介する『千原兄弟コントライブ・ラブ』ですが、正直言って文句なく面白かったんです。そしてやはりと言うか想像していた通りテレビでよく見るお笑い芸人さんのコントとは一線を画していました。新しいことをしているという感じが凄いするわけではないのですが、あまり観たことがない種類のコントで埋め尽くされているんです。

千原ジュニアさんが中心となって構成や演出をしているライブのようですが、千原ジュニアさんのお笑い界での地位を考えると非常にプレッシャーのかかるコントライブだったのではないかと思います。2009年のライブだったとのことで今からかなり前ですが、それでも千原ジュニアさんと言えばもうすでにそのお笑いセンスを世間に十分認められていますよね。そんな中でプレッシャーを感じながらもコントライブに挑戦したのは、乗り越えたい壁が自分自身にあったのか、周りからの要望で腰を上げたのか、理由は本人にしかわかりませんが、僕が勝手にドキドキしてしまう想像が、この自身が作ったコントライブをあの松本人志さんも観るかもしれないというプレッシャーはあったのかなという事なのです。もしも僕が千原ジュニアさんの立場だったら・・・千原ジュニアさんと松本人志さんの関係性を考えると、下手なものはもちろん見せられないし、千原ジュニアさんとしても渾身のコントライブを見せたいと強く思っていたと思うのです。ものすごく勝手な個人的な想像なのですが、今回このコントライブを見るにあたって、そこまで想像してから鑑賞して、僕としては普通に観るよりもたくさん楽しめたのではないかと思っています。

f:id:myprivatecomedy:20190402192704j:plain

千原兄弟コントライブ『ラブ』は面白かったけど、個人的には松本人志コントライブ『寸止め海峡』には遠く及ばなかった

千原兄弟コントライブ『ラブ』ですが、全然楽しめました。ケンドーコバヤシさんや陣内智則さん、サバンナ高橋さんなど豪華ゲストも加えてのコントはよく練られていましたし、全然飽きることなく約100分あっという間に過ぎてしまいました。個人的には『白い巨塔』をパロッた教授の総回診が非常にツボでした(笑)何度も出てくるのですが何度も笑ってしまいました(笑)ドラマにハマっていただけに見事にツボでした。

そして千原ジュニアトークをよく聴いている身としては、このメンバーもすごく感慨深いものがありまして・・・かなり若手の頃からの付き合いなんですよね。大阪時代からの。そんな後輩の彼らが集結してコントライブを行うなんて、すごいことじゃないですか。もちろん若手の頃面倒見ていた芸人で志半ばでいなくなってしまった人たちもたくさんいるとは思いますが、その中で生き残った精鋭がこの時のコントライブのゲストのメンバーなのでしょう。歴史を感じずにはいられないのです。大阪時代から見ている人達なんて特になんじゃないですかね。僕なんて大阪時代を知らない人間なので。

千原兄弟コントライブ面白かったは面白かったし、やはりよくテレビで見掛けるポット出のコントとはレベルが違うんだなぁという事もよくわかりました。しかしですね、僕としては松本人志さんのコントライブ『寸止め海峡』には遠く及んでいないという印象でした。というか僕にとって『寸止め海峡』ってあまりに面白くて衝撃を受けたコントライブだったのです。もうなんだかこれまで見てきたコントとはテイストが全然違っていて、天才松本人志を見せつけられた感じがすごいありまして。その時の衝撃が強すぎたので美化してしまっている部分も正直あると思うのですが、また周りを固めるメンバーもごっつええ感じ世代としては堪らないメンバー構成で・・・板尾創路さんに今田耕司さんに東野幸治さんって、もう僕は堪らないんです・・・。

本来比べるものではないとわかっていますが、千原ジュニアさんと松本人志さんはそんな関係性だと思うのであえて比べさせて頂きました。というか僕は『寸止め海峡』が衝撃過ぎて、以来コントを観ると自然と比べてしまうのです。未だに超えてくるコントは出会っていません。というか久しぶりに観たい・・・『寸止め海峡』を。

言うまでもありませんが、千原ジュニアの作り出す笑いも僕はとっても好きですからね!

                           M&O