THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

映画『バクマン。』あらすじキャスト評価 佐藤健・神木隆之介出演映画

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

映画『バクマン。』あらすじキャスト評価 佐藤健・神木隆之介出演映画【概要・キャスト】

こんばんは、M&Oです。

今回のM&Oの絶対観おすすめ映画シリーズは『バクマン。』です。

僕はマンガを全然読まないタイプの人間なので、この『バクマン。』には正直まったく興味がなくて観ていなかったんです。というかこの『バクマン。』というマンガ自体も存在を知らなかったぐらいなのです。なんだかふと観てみようかな、と思い鑑賞してみたのですが・・・。

それでは『バクマン。』の映画紹介です。

 

映画『バクマン。』は2015年に公開された日本映画です。

上映時間は120分。

監督は大根仁監督。『モテキ』『恋の渦』『SCOOP!』『奥田民生になりたいボーイとと出会う男すべて狂わせるガール』など。

主題歌はサカナクションが担当しています。

 

キャストは

真城最高・・・佐藤健

高木秋人・・・神木隆之介

亜豆美保・・・小松菜奈

福田真太・・・桐谷健太

平丸一也・・・新井浩文

中井巧朗・・・皆川猿時

服部哲・・・山田孝之

佐々木・・・リリーフランキー

川口たろう・・・宮藤官九郎

新妻エイジ・・・染谷将太

ほか。

f:id:myprivatecomedy:20190329185510j:plain

映画『バクマン。』あらすじ

真城最高(佐藤健)は部活にも入っておらずだからと言って勉強に励んでいるわけでもない学校生活を送っていました。成績は悪いわけではなく大学進学も十分にできる学力でしたが、大学というものにも大して魅力を感じていませんでした。そんな最高には一つ趣味がありました。絵を描くことです。最高は同じ学校に通う通う亜豆美保(小松菜奈)のイラストを秘かに描いていてそれが唯一の趣味でした。誰にも明かすことなくその趣味を続けていた最高でしたがある時同じクラスの高木秋人(神木隆之介)に亜豆の似顔絵を見られてしまいます。

秋人は最高の画の上手さに感動し、一緒に漫画家を目指そうと最高を誘います。秋人は物語を考えたり文章を考えるのは得意なのですが、画の才能がまったくなかったのです。最高は最初まったく乗り気ではありませんでした。最高の才能に惚れ込んだ秋人は最高を執拗に誘います。ある時学校の階段で偶然最高は意中の相手の亜豆とぶつかります。その時に最高は亜豆の似顔絵を描いたノートを見られてしまいます。最高は亜豆が声優になりたいと思っている事を知っていて、突然亜豆に対して「自分が漫画家になってその漫画がアニメ化したらヒロインをやってほしい」と告げます。亜豆はこの申し出を受け入れ最高は続けて「お互い夢が叶ったら結婚してください」と亜豆に言いました。亜豆は「私も真城君のことずっと。待ってるね」と最高に答えました。最高は秋人と共に漫画家を目指すことを決断しました。

最高は実は漫画家の叔父を持っていました。叔父の川口たろう(宮藤官九郎)は週刊少年ジャンプで連載をしている売れっ子漫画家でしたが8年前に身体を壊してしまい他界してしまっていました。最高は幼いころから叔父の川口たろうの仕事場に遊びに行っていて、その仕事場は今も残されていて最高と秋人は夏休みに入るとその仕事場に入り浸り漫画の執筆活動に精を出しました。最高と秋人はそれぞれ漫画に必要なスキルを勉強します。その頃同じ高校生の新妻エイジ(染谷将太)が手塚賞を取り連載デビューを飾ることが決定し、最高と秋人は刺激を受けてさらに漫画制作に打ち込んでいきました。

二人はなんとか『Wアース 2つの地球』という漫画を完成させ、早速少年ジャンプの編集部へと原稿を持ち込みました。編集者の服部哲(山田孝之)が対応し最高と秋人の漫画に目を通します。服部はもう一度読み直しこれが二人の処女作と知るとアドバイスを与えて修正してくるように言いました。最高と秋人は確かな手応えを感じ、書き直し作業に没頭しました。

学校は二学期が始まりますが、亜豆が学校を去ることになります。声優として活動を本格的にスタートさせるためでした。最高と亜豆が通う学校は芸能活動に寛容な学校でははなかったためです。亜豆は学校を去る時に最高に対して「待ってるね」と告げました。

必死に漫画を書き直した最高と秋人は再び服部に原稿を見せに行きました。服部は原稿を読んで手塚賞を狙える可能性があると二人に嬉しい言葉をかけます。二人のテンションは上がりますが、編集長の佐々木(リリーフランキー)はもっと面白くなるはずだと発破をかけます。この編集長の佐々木は実は最高の叔父の川口たろうの担当編集者でした。佐々木は最高が川口たろうの甥っ子だと知って、体を壊してしまった川口たろうを思い出し最高のことを心配しました。

さらに手を加えた二人の漫画は見事に手塚賞で入選を果たしました。授賞式で最高と秋人は初めて天才高校生漫画家の新妻エイジと対面します。新妻エイジも同じ高校性漫画家という事で興味を持っていました。新妻エイジは最高と秋人にアドバイスと辛らつな意見を与えて去っていきました。最高は負けていられないとエイジに宣戦布告しました。

そんな中で最高と秋人はくすぶりながらも手塚賞で入賞した先輩漫画の福田真太(桐谷健太)、中井巧朗(皆川猿時)、平丸一也(新井浩文)らと仲良くなり、川口たろうの仕事場で熱い漫画談義を交わします。みんな漫画に情熱を捧げている苦労人です。編集の服部もいて、今の漫画家事情を嘆くメンバーを相手にするのは読者だと鼓舞しました。

みんな連載をなんとか勝ち取りたい中で各々が受賞作を売り込みます。連載が決まる漫画もある中で最高と秋人の『Wアース』は連載を狙いすぎて大衆向けを狙いすぎたために連載を勝ち取ることができませんでした。しかしこの結果により秋人は自分たちらしさを出したストーリーを模索しだします。そして人間の脳内を売買するという『この世は金と知恵』という物語を思いつき、最高と共に漫画にしていきました。まったくジャンプの連載ものっぽくないジャンルでしたが、編集長の佐々木はこの漫画の連載にGOサインを出します。エイジと同じ土俵にようやく上がった最高と秋人は読者アンケートでエイジに勝つことを目標にします。

最初こそアンケートの結果が好評だった二人ですが段々とアンケート結果は芳しくないものになっていきます。編集者の服部はテコ入れのために新キャラを登場させることを提案します。最高と秋人は学校生活と漫画家の仕事で疲弊していき衝突することが増えてきました。秋人は最高の承諾を得ずに最高が描いた亜豆のイラストを服部に見せて勝手に漫画に登場させてしまいます。新キャラの登場でアンケートは再び上昇します。

過密スケジュールの中で最高が倒れます。最高は血尿を出し、倒れた時に頭を打ってしまい入院を余儀なくされます。肝機能にも異常が見られるという検査結果でした。編集長の佐々木は休載を提案します。川口たろうの担当で川口たろうが身体を壊して他界した苦い経験を持っている佐々木は最高の体を心配していました。

入院している最高の元に亜豆がやってきます。漫画読んでいると告げた亜豆でしたが、もう会うことはできないと最高に告げます。最高と秋人の漫画には亜豆にそっくりなキャラクターが登場しているため関係を怪しまれてしまい、恋愛禁止の事務所から指摘されてしまったためです。亜豆はずっと待っているなんてできないと最高と秋人の漫画のコマを意識しながら病室を去っていきました。

サイコーは病室を抜け出して必死に漫画を描き始めました。サイコーの状況を知った先輩漫画の福田、平丸、中井が駆け付けて漫画制作を手伝ってくれました。中井はすでに連載を打ち切られて実家の田舎に帰った後でしたが駆け付けてくれました。満身創痍で漫画を描いている最高の元に突然ライバルのエイジがやってきます。最高が描いているヒロインを僕ならこう書くねと書いて見せて挑発するエイジ。最高はこれは俺の漫画だと牙を向きます。エイジは「待ってますからね」と言って去っていきました。エイジは最高を励ますためにやってきてくれたのでした。

巻頭カラー用の原稿を仕上げて編集室に持ち込みます。佐々木は無理をして漫画を描いていたことを責めますが服部が味方になってくれて擁護し巻頭カラーでの掲載が決定します。これにより『この世は金と知恵』は見事に読者アンケートで1位を獲得します。最高と秋人は歓喜しお互いの健闘を称えあいました。

しかしその後はアンケートの評価は下降を続け結局『この世は金と知恵』は打ち切りになります。最高と秋人は卒業を迎えていました。教室の黒板には新作と思われる漫画のタイトルが書かれていました。

 

映画『バクマン。』感想・評価

とにかくキャストが非常に豪華です。この人も出てくるんかい!といった感じで豪華俳優がどんどん出てきます。

そして演出もなかなか面白くて大根仁監督は僕は面白い映画を撮る監督という印象なのですが、この映画でもその印象は生き続けていました。

ただ原作を読んでいない僕なので新鮮な気持ちと先入観なしで観れたので、とても楽しく観れたのかしらという気持ちも少なからずありまして。ネットのこの映画の評判は良くない評価も結構見受けられたので。まぁ100人が100人面白いと評価する映画はたぶん存在しないのでそういうものかなぁとも思いますが。

こういうマンガ原作の映画を観ると、僕は本当に普段マンガを全然読まないのでほとんどの映画を新鮮な気持ちで観ることができるのですが、原作を読んでいなかったから面白かったのか、原作を読んでいたらつまらなかったのかもしれないとか、原作を読んでいたらより楽しめたのかしら、などをちょっと考えてしまったりもするのですが、結果的に面白ければ問題ないのでこんなことはいいっちゃいいんですが、原作読んでいる人って大体実写化した映画を観ると面白くなかった的な感想が多いので、そうなるとマンガの映画化ってメリット結構少ないんじゃないだろうかと思ってしまいます。僕みたいな人間にしては知らない作品を映画で知ることができてありがたいのですが。アメリカ映画の実写化って結構すごいことになっている作品が多いのに日本だとなかなかうまくいかないもんなんですねぇ。

少し映画『バクマン。』と関係ない話になってしまいました。関係なくはないのですが(笑)

映画『バクマン。』の出演陣ですが、魅力的な人も多くていいキャスティングだったのではと思います。

佐藤健さんは昔はあまり魅力がわからない俳優だったのですが、ここ最近は急浮上してきてかなり僕のお気に入りの役者となっておりまして。今回もかなり魅力的だったというか、すごく良かったです。マンガ家だったおじさんも深く関わってくる最高の心情を熱く、しかしやりすぎることなく絶妙に表現してくれていました。目力がすごいあるだけに目の芝居に頼りがちなイメージがあったのですが、ここぞという時にその目力を発揮してくるようになっているというか、意識してやっているわけではないかもしれませんが、自然に役柄を生きるうちにそうなっているんじゃないかと思います。これから先も日本映画に欠かせない俳優だと思います。

神木隆之介さんですが、この人はとってもいい俳優だとは昔から思っているのですが、そろそろ新境地も見たいかなと思います。この『バクマン。』でも全然悪くはなかったのですが、こういう演技するんだろうなっていう予想を上回ることはまったくなかったので、欲を言えばですがもっと突き抜けた感じも見てみたいなと思います。この人って素がすごく真面目だと思うんです。真面目なのは何も悪いことじゃないんですが、その真面目さが演じている役にもいつも出ているので、芝居の想像がつきやすくてなかなかワクワクする演技にはならないんですよね。選ぶ役柄でガラッと変われると思いますが、根っこの部分で新しい面を見せて欲しいなぁと思う役者なのです。

それに対して染谷将太さんはしっかり自分の色を出してくるというか、演じるキャラクターに特徴をつけて演じますよね。そしてそのキャラクターが自然に見えるほどの実力を持っているんです、染谷将太が重宝されるのはこの部分が大きいと思います。決して安易に普通に演じることはないのに自然に見せる、観る者に違和感を与えないというのは、若手俳優ではそうそうできることではないと思います。『バクマン。』でもその部分が大いに活かされていました。

山田孝之さんやリリーフランキーさんは大人な演技で映画をしっかり締めてくれていました。それにしてもとにかく自然な演技で見ていて心地いいです。山田孝之さんの演技力は世間も認めていることですが、リリーフランキーさんも『この人元々役者じゃないのに何でここまで上手いんだろう』って思わされます。昔から他の作品でもそうなんですが。ずっと訓練してきた本業が役者っていう人たちはどうすればいいの!?ってぐらいです(笑)

ストーリーも面白いし見応えもしっかりある映画で僕は楽しめました!佐藤健さんと染谷将太さんのやりとりが個人的には痺れました。

 

映画『バクマン。』

友情、努力、勝利、そして恋。

目指せ、ジャンプの頂点。

 

大根仁監督映画はこちらもおすすめ

www.myprivatecomedy.net

                              M&O