THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

絶対観るべき映画『バクマン。』あらすじ・キャスト・評価 佐藤健・神木隆之介主演の大人気漫画の実写映画化

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

映画『バクマン。』概要・キャスト

こんばんは、M&Oです。

今回のM&Oの絶対観るべき映画シリーズは『バクマン。』です。

僕はマンガを全然読まないタイプの人間なので、この『バクマン。』には正直まったく興味がなくて観ていなかったんです。というかこの『バクマン。』というマンガ自体も存在を知らなかったぐらいなのです。なんだかふと観てみようかな、と思い鑑賞してみたのですが・・・それでは映画紹介です。

 

映画『バクマン。は2015年に公開された日本映画です。

上映時間は120分。

監督は大根仁監督。

 

キャストは

佐藤健

神木隆之介

小松菜奈

桐谷健太

新井浩文

皆川猿時

山田孝之

リリーフランキー

宮藤官九郎

染谷将太

ほか。

f:id:myprivatecomedy:20190329185510j:plain

映画『バクマン。』あらすじ

高校生漫画家を目指す真城最高高木秋人の2人が目標としたのは週刊少年ジャンプの連載です。叔父に漫画家を持つ真城最高は作画担当、そして幼いころから漫画家を夢見ていたものの絵が下手という事実を自覚している高木秋人はストーリ―担当です。

2人がコンビを組むきっかけは作画を担当してくれる人材を探していた秋人が最高の絵のセンスに目を付けたのがきっかけでした。最高は小豆(あずき)という同級生に恋をしていて小豆の絵をノートに書いていて、その絵を秋人が見て最高を誘ったのでした。最初こそ乗り気ではなかった最高でしたが、小豆が声優を目指していることを知り、秋人が小豆に自分たちが漫画家になって、その作品がアニメ化されたら、ヒロインの声優をやって欲しいと話し、そして最高に対しても小豆が好意を持っていたことを知り、漫画化への情熱が芽生えます。

同年代にして天才漫画家として高い評価を得ている新妻エイジの存在も2人に火をつけます。そして共に週刊少年ジャンプで連載を目指す若手漫画家たちと葛藤を繰り返しながらも成長していく物語です。

 

映画『バクマン。』感想・評価

とにかくキャストが非常に豪華です。この人も出てくるんかい!といった感じで豪華俳優がどんどん出てきます。

そして演出もなかなか面白くて大根仁監督は僕は面白い映画を撮る監督という印象なのですが、この映画でもその印象は生き続けていました。

ただ原作を読んでいない僕なので新鮮な気持ちと先入観なしで観れたので、とても楽しく観れたのかしらという気持ちも少なからずありまして。ネットのこの映画の評判は良くない評価も結構見受けられたので。まぁ100人が100人面白いと評価する映画はたぶん存在しないのでそういうものかなぁとも思いますが。

こういうマンガ原作の映画を観ると、僕は本当に普段マンガを全然読まないのでほとんどの映画を新鮮な気持ちで観ることができるのですが、原作を読んでいなかったから面白かったのか、原作を読んでいたらつまらなかったのかもしれないとか、原作を読んでいたらより楽しめたのかしら、などをちょっと考えてしまったりもするのですが、結果的に面白ければ問題ないのでこんなことはいいっちゃいいんですが、原作読んでいる人って大体実写化した映画を観ると面白くなかった的な感想が多いので、そうなるとマンガの映画化ってメリット結構少ないんじゃないだろうかと思ってしまいます。僕みたいな人間にしては知らない作品を映画で知ることができてありがたいのですが。アメリカ映画の実写化って結構すごいことになっている作品が多いのに日本だとなかなかうまくいかないもんなんですねぇ。

少し映画『バクマン。』と関係ない話になってしまいました。関係なくはないのですが(笑)

映画『バクマン。』の出演陣ですが、魅力的な人も多くていいキャスティングだったのではと思います。

佐藤健さんは昔はあまり魅力がわからない俳優だったのですが、ここ最近は急浮上してきてかなり僕のお気に入りの役者となっておりまして。今回もかなり魅力的だったというか、すごく良かったです。マンガ家だったおじさんも深く関わってくる最高の心情を熱く、しかしやりすぎることなく絶妙に表現してくれていました。目力がすごいあるだけに目の芝居に頼りがちなイメージがあったのですが、ここぞという時にその目力を発揮してくるようになっているというか、意識してやっているわけではないかもしれませんが、自然に役柄を生きるうちにそうなっているんじゃないかと思います。これから先も日本映画に欠かせない俳優だと思います。

神木隆之介さんですが、この人はとってもいい俳優だとは昔から思っているのですが、そろそろ新境地も見たいかなと思います。この『バクマン。』でも全然悪くはなかったのですが、こういう演技するんだろうなっていう予想を上回ることはまったくなかったので、欲を言えばですがもっと突き抜けた感じも見てみたいなと思います。この人って素がすごく真面目だと思うんです。真面目なのは何も悪いことじゃないんですが、その真面目さが演じている役にもいつも出ているので、芝居の想像がつきやすくてなかなかワクワクする演技にはならないんですよね。選ぶ役柄でガラッと変われると思いますが、根っこの部分で新しい面を見せて欲しいなぁと思う役者なのです。

それに対して染谷将太さんはしっかり自分の色を出してくるというか、演じるキャラクターに特徴をつけて演じますよね。そしてそのキャラクターが自然に見えるほどの実力を持っているんです、染谷将太が重宝されるのはこの部分が大きいと思います。決して安易に普通に演じることはないのに自然に見せる、観る者に違和感を与えないというのは、若手俳優ではそうそうできることではないと思います。『バクマン。』でもその部分が大いに活かされていました。

山田孝之さんやリリーフランキーさんは大人な演技で映画をしっかり締めてくれていました。それにしてもとにかく自然な演技で見ていて心地いいです。山田孝之さんの演技力は世間も認めていることですが、リリーフランキーさんも『この人元々役者じゃないのに何でここまで上手いんだろう』って思わされます。昔から他の作品でもそうなんですが。ずっと訓練してきた本業が役者っていう人たちはどうすればいいの!?ってぐらいです(笑)

ストーリーも面白いし見応えもしっかりある映画で僕は楽しめました!佐藤健さんと染谷将太さんのやりとりが個人的には痺れました。

 

映画『バクマン。

友情、努力、勝利、そして恋。

目指せ、ジャンプの頂点。

                              M&O