THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

絶対観るべき映画『検察側の罪人』あらすじ(ネタバレあり)・キャスト・評価 木村拓哉・二宮和也共演映画 キムタクが何やってもキムタクという人はこの映画を観よ!

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

映画『検察側の罪人』概要・キャスト 

こんばんは、M&Oです。

今回のM&Oの絶対観るべき映画シリーズは『検察側の罪人』です。

率直に言ってこの映画僕はめちゃくちゃ面白かったです。

思っていたストーリーとは全然違ったのですが、いい意味で違くて最高でした。

ラストシーンかなり好きです。

それでは映画紹介です。

 

映画『検察側の罪人は2018年に公開された日本映画です。

上映時間は123分。

原作は雫井侑介の同名小説。

 

監督は原田眞人監督。『金融腐蝕列島《呪縛》』『クライマーズハイ』『わが母の記』『突入せよ!あさま山荘事件』『日本のいちばん長い日』など骨太映画を撮らせたら右に出る者がいない監督です。

 

キャストは

最上毅・・・木村拓哉

沖野啓一郎・・・二宮和也

橘沙穂・・・吉高由里子

丹野和樹・・・平岳大

弓岡嗣郎・・・大倉孝二

小田島誠司・・・八嶋智人

千鳥・・・音尾琢真

前川直之・・・大場泰正

松倉重生・・・酒向芳

高島進・・・矢島健一

桜子・・・キムラ緑子

運び屋・・・芦名星

舟木賢介・・・三浦誠己

田名部・・・阿南健治

諏訪部・・・松重豊

白川雄馬・・・山崎努

丹野尚子・・・東風万智子

ほか。

f:id:myprivatecomedy:20190326150650j:plain

 

映画『検察側の罪人』あらすじ

東京地検の検事・最上毅(木村拓哉)が在籍する刑事部に沖野啓一郎(二宮和也)が配属されます。沖野は最上が教官を務めていた時代の教え子で今回の配属で久しぶりの再会となりました。

沖野は老夫婦が殺害された事件の容疑者・松倉重生(酒向芳)を取り調べを行います。この容疑者・松倉はかつて女子中学生殺人事件にも関わっていました。そしてこの事件には検察の最上も関わっていました。

沖野は最上の指導の元でこの事件に挑みます。

しかし容疑者リストの中に松倉重生の名前を見つけ最上は驚きを隠せません。かつての女子中学生殺人事件はすでに時効を迎えた事件で、松倉は有力な容疑者でありながら、決定的な証拠はなく事件は迷宮入りとなっていました。しかし被害者となってしまった女子中学生は最上が大学時代にお世話になった寮の管理人夫婦の一人娘だったため、最上にとって忘れられない事件となっていました。

松倉はリサイクルショップでアルバイトととして働いていましたが、ギャンブルも好きで金銭の面もだらしなく、沖野は人間としての価値を問う方法で松倉を追い詰めますが、松倉は罪を認めません。最上は女子中学生の事件の時に罪を償わせられなかった松倉に今回の老夫婦殺人事件の罪と共に償わせようと画策します。

松倉はすでに時効を迎えた女子中学生の事件に関してはなんとあっさりと犯行を認めましたが、老夫婦の事件に関しては絶対に犯行を認めませんでした。

そんな中、ある居酒屋で弓岡嗣郎(大倉孝二)という男が老夫婦を殺害したと吹聴していたという知らせが入ります。世間に公表されていない情報を弓岡が話していたことから、弓岡は容疑者として有力となり、それに対し松倉が今回の事件に関係している可能性が低くなってきました。しかし最上は松倉に執拗にこだわり続けます。沖野は事情を知らないため、最上の指示に疑問を持たずにはいられませんでした。事務員の橘沙穂(吉高由里子)も同じ疑問を抱いていました。

なんとか今回の事件で松倉を犯人にして時効となった過去の事件の償いをさせたい最上は、弓岡を消すことを考えます。弓岡に捕まってもらっては最上としては困ると言うか狙いとは違った方向に事件解決が進んでしまうためでした。

覚悟を決めた最上は諏訪部(松重豊)に頼み拳銃を手に入れます。弓岡の職場に行き事件のことを詳しく聞き出し、『今お前を逮捕させるわけにはいかない』と弓岡を信用させ別荘でかくまうと話します。別荘へと向かう人気のない山道で最上は弓岡を殺害し埋めます。しかしこの一連の行動は目撃こそされなかったものの沖田と橘から怪しいとマークされていました。

検事たちは弓岡が失踪したことで話し合いを始めます。沖野と橘は最上が何か動いたのではないかと最上もいる場所で指摘しますが、最上に論破されてしまいます。しかも橘は過去の行いを最上によって暴露され退職までしてしまいます。

これで捜査は松倉の犯行とする方向になったかと思いきや、弓岡の犯行だったと事件当時見張りをしていたと名乗る男が自首してきて、事件は思わぬ形で終焉を迎えます。

松倉はこれにより無罪放免となりますが、無罪となったパーティーの後に、浮かれているところを猛スピードで突っ込んできた車に轢き殺されてしまいます。

これに最上が関わっていたのか・・・諏訪部が絡んでいることは確実でしたが運転手の老人はブレーキを踏んだつもりだったの一点張りでした。

最上は別荘に沖野を呼び、2人は他に誰もいない場で話をします。

沖田が最上に対して思っていることを話し、真実を追求し続けると最上に伝えます。

しかし最上は一切動じることはなく、沖野は別荘を後にします。

別荘のベランダから沖野を見送る最上、沖野は振り返ることなく最上に背を向けたままやりきれない叫びを上げるのでした。。。

 

映画『検察側の罪人』感想・評価

僕はこの映画は前情報を全然入れずに観たのですが、観る前はてっきり真実を曲げることに躊躇したり信念を貫くことの葛藤であったり、正義感溢れる検事と汚職に手を染めた検事とか、そういったストーリーなのかなぁと勝手に思っていたのですが、全然違いました(笑)でもいい意味で違ってとっても楽しめたんです。ネタバレありで書かせて頂いていますが、木村拓哉さんが人を殺める役をやるなんて思いもしなかったのです。僕の中では『古畑任三郎vsSMAP』の時以来なんじゃないかと思います。もしくは古畑任三郎木村拓哉さんが一人で出演した時ですかね。

まずは木村拓哉さんですが、僕すっごく良かったと思うのですが。めちゃくちゃ良かったと思います。すごくハマっていたというか観終わった後では木村拓哉さん以外に誰が演じるのか想像しづらくなるほどでした。なんかもう完全に最上毅でした。僕は以前から『キムタクは何やってもキムタク』っていう意見が大嫌いなのですが、そもそも昔からそんなこと思ったことないし、木村拓哉さんで言われてしまうなら他にもそんな俳優ゴロゴロいるだろうと思ってしまうのです。そして無責任に『キムタクは何やってもキムタク』なんて言っている人は絶対にこの『検察側の罪人』を観るべきです。まったくもってそんなことがないのがよくわかるでしょう。すごく最近の作品で言えば『マスカレードホテル』の時と全然違いますから。僕は木村拓哉さん演技上手いと思っているので、役者として低く評価したい人達がよくわからないんですよね。全盛期だって演技が下手だったらあんなに人気になりませんって!ストイックで努力かな面にももっと目を向けるべきです。

二宮和也さんは演技はもうずっと高い評価を受け続けてきますが、今回も安定の『ニノさすがやなぁ』といった感じでした。抜群の長所でもある自然体の部分ももちろんですし、松倉を追い詰めるシーンではその凄みの中に、演じている中での演じている感じを絶妙に表現していて、さすがの一言に尽きます。特筆すべきはラストシーンの雄たけびでしょう。僕はとっても好きです。観た人にはきっとわかってもらえると思います。そして監督の演出の素晴らしかったと思います。ニノ演じる沖田のバックに木村拓哉さん演じる最上がいるのがまたたまらないんです。映画『雪の華』の登坂という人の雄たけびは寒すぎてドン引きさせられましたが(予告編しか観てないけど)、二宮和也はやっぱりさすがなのです。比べること自体失礼ですね、ごめんなさい。同じ雄たけびだったものでつい・・・。

個人的には大倉孝二さんがやっぱり抜群に上手いなぁって身震いしました。撃たれたシーンとかすごかったですもん。あんな演技プランなかなか発想として生まれないしすごい表情していましたし。観ていて『最上絶対しばらく夢でうなされるんだろうな』って自然に思ってしまったほどでした。

しかし、ジャニーズの2人が主演してこういうテイストの映画を撮って、しかもしっかり面白いなんて、本当に時代は変わりましたよね。アイドルがただカッコいいだけではダメな時代なんですよねぇ。本当に見応えあって木村拓哉さん二宮和也さんはじめ、キャストのみなさんも素晴らしくて、僕はストーリーも大好きな感じだったので、もう何度でも観たいって感じの映画なのです。

もしもまだ観ていない人は、絶対観て損はないので是非観て欲しいです。

 

映画『検察側の罪人

一線を、超える。

                                  M&O