THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

都会のオアシス『深大寺』で蕎麦とそば饅頭と自然とゲゲゲの鬼太郎を堪能する リラックスして日常を忘れる贅沢な時間

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

たまには心落ち着く場所で安らぎの時間を過ごすことも大切

こんにちは、M&Oです。

今回は都会のオアシス『深大寺』ついて書いていきたいと思います。

突然ですが皆さん深大寺はご存知ですか??

結構有名なのかなぁと勝手に思っているのですが、都内や都内近郊に住んでいる人には有名なのかなってぐらいなのかしら??僕の母親は深大寺の話をしたら知っていました、都内出身ではないし都内に住んでもいないのに知っていたのでやはり有名なのかしらと思った最近なのです。ちなみに僕はと言いますと先輩から聞いていたことがあって知っていました。蕎麦屋がたくさんあるんだよ!!っていう話を聞いていたので、とにかく深大寺と言えばお蕎麦!!というイメージがかなりついていました(笑)

ただ僕はこういった場所が結構好きでして。神社とかお寺とか巡るのも好きですし、神社やお寺が醸し出すあの独特の空気感もかなり好きなのです。こういう場所って実際に空気が変わりますよね。あれってなんでなんだろう?空気がシンっと冷たくなる感じがして自然と背筋が伸びると言いますか。僕はまったくの無宗教人間で神様の存在を普段から意識することも正直ほとんどないのですが、神社やお寺の独特の空気感を味わうとなんだか神様の存在を嫌でも感じてしまうのです。全然嫌ではないんですけどね(笑)やましいことはしないで生きてきているつもりなので(笑)

そんな僕なのですが、これにプラスして僕は無類のお蕎麦好きなんです。深大寺といえばお蕎麦!というイメージを持つ人も多いこの場所に、僕が行かないわけにはいかないでしょう。ということで深大寺に足を運んできた次第なのです。それではつたないレポートですがお楽しみください!

 

深大寺は東京都調布市深大寺元町に佇む仏教寺院です。

f:id:myprivatecomedy:20190326095913j:plain

敷地もかなり広く全部を廻ると結構な散歩コースになると思います。普段運動不足かもなんていう人にはもってこいの観光スポットかもしれません。世界が変わる風景に癒されながら歩くことができますし。

僕は平日に行ったのでそこまで混雑していなかったのですが、駐車場なども充実していたように思います。ピークに混む時とかは駐車場が足りなくなったりするのかなぁ。初詣とかはかなりすごいことになりそうですよね。さすがに車で来るのはご遠慮くださいの空気になるのかしら??

 

f:id:myprivatecomedy:20190326100014j:plain

いろんな場所が癒されます。なかなかこういった場所って意識して行かないと行かないまま結構時間が過ぎてしまったりするし、普段忘れがちっだったりするリラックスの大切もしみじみ実感させてくれます。

 

深大寺の周辺には約20店舗ものお蕎麦屋さんが軒を連ねています。これがまた頭を悩ませるのですが、僕は基本的に少食なのでそんなにたくさん食べれるわけではないので、どこのお店を選ぶかという事が結構大切なポイントだったりします。『この一食にすべてをかけろ!』ぐらいの心持なわけです。なにせ無類のお蕎麦好きですので(笑)

そんな思いで意気揚々とお蕎麦屋さんを練り歩いていた不肖M&Oなのですが、何やら様子がおかしいことに気付きました。やっていないお蕎麦屋さんがチラホラ見受けられるのです。時間が早すぎたのか!?とも思ったのですが、いやいやもうお昼前でどちらかと言えばいい時間のはずです。『おかしい・・・?』そう思いながら歩いていると衝撃の真実が!

なんとM&Oが訪れた日は深大寺最大の行事と言われる『だるま市』が開催された次の日だったのです!この『だるま市』ですがかなりとんでもない大きな行事みたいで、7万人あまりの人が押し寄せる催しなんだそうです。

全然知らなかった・・・。

確かにそれだけの催しが開催された後ならば、お蕎麦屋さんだってきっとお休みするでしょう。たぶんめちゃくちゃ混んでいたと思いますので。僕がお蕎麦屋さんの立場でも休みたくなるでしょう。下調べが甘かった自分を叱責する以外にありません。とは言っても開けているお蕎麦屋さんももちろんいくつかありますので、その中から直感で選ぶことにしました。どこも美味しそうな事に変わりはありません。

そんな散歩の最中になにやらおいしそうに店先で湯気を立てているモノが。

そば饅頭です!!『へー!!こんなものが!!』とテンションが見事に上がってしまいまして(笑)さっそく購入して舌鼓を打たせて頂きました。

f:id:myprivatecomedy:20190326101836j:plain

とっても美味しかったですよー!!こういうところでしか食べれないですしね!!

街の巨匠に感謝。って感じです!(懐かしい笑)

 

さぁお饅頭も食べてこれからお蕎麦屋さんへと本気を出して赴きます。ネットで少し下調べをして訪れていたのですが、深大寺を散歩しているとなんだか直感で選びたくなってきたので、一旦まっさらな状態になって惹かれたところに入ることにしました。

そう考えたのもつかの間、結局すぐに惹かれるお店が見つかってしまいまして、迷うことなく店内に入ります。そのお蕎麦屋さんとは

『青木屋』さんというお蕎麦屋さんで、なんと創業50年以上の老舗蕎麦屋なのです!

店内に入るとしっかり清潔感がある中で非常に歴史を感じると言いますか風情と趣に溢れた店内になっていて、窓から見える景色はまるで京都に来たかのような錯覚にとらわれるほどでした。『なんて贅沢な時間だ!』としみじみ思ってしまうほどの日本のラグジュアリー感を味わえる空間でした。

そして出てきたお蕎麦がこちら

f:id:myprivatecomedy:20190326102717j:plain

こういう時はかけそばを注文すると決めている僕。

はっきり言ってとっても美味しかったですよ!!おつゆまで綺麗に頂いてしまいました!蕎麦湯も頂いてとっても美味しかったです。お気に入りのお店となりました。これからも行くこと間違いなしです!

しかし他のお蕎麦屋さんも行かねばならないので、足繁く深大寺に通う事になりそうな予感です。

そしてこの深大寺、お蕎麦と共に有名なのがゲゲゲの鬼太郎茶屋なのです!

 

ゲゲゲの鬼太郎ファンもそうでない人も楽しめる鬼太郎茶屋

ゲゲゲの鬼太郎の生みの親である水木しげる氏の第二の故郷が調布であることからこの地に作られたという『鬼太郎茶屋』。

まずはかわいいキャラクターがお出迎え!

f:id:myprivatecomedy:20190326103528j:plain

M&Oは世代的に懐かしいという感情に包まれてしまいました。幼い時はかなり好きで鬼太郎の家のフィギアとか持ってた記憶があります。

そしてこの鬼太郎茶屋ですが、お土産もかなり豊富に売っていて鬼太郎ファンはかなり財布のひもが緩んでしまうのではないでしょうか。僕も結構買いそうになってしまいました(笑)そして茶屋と言うだけあって中でゆっくり休むことももちろんできます。一度は足を運んでほしい場所です。

f:id:myprivatecomedy:20190326103936j:plain

とってもいい雰囲気です!!

 

そんなこんなで深大寺はかなり楽しむ場所の多い場所なのです。最初に書いたようにお寺を観光するということだけでも十分なのに、他にも楽しめてしまう場所が多々あるのです。

そんな深大寺は個人的に超お薦めです!!僕もまた近いうちに必ず行きます。

いい時間を過ごせて深大寺に感謝なのです。

                              M&O