THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

カンニング竹山のキレ芸がすごすぎる。カンニング竹山のキレ芸に見る面白さと高い演技力

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

カンニング竹山の演技力は注目に値すると思う 特にキレる演技は本業の役者も敵わないのではないだろうかと思う

こんばんは、M&Oです。

今回はお笑い芸人さんのカンニング竹山さんについて書いていきたいと思います。

相変わらずテーマが突然すぎて『んん!?』と思われてしまいそうですが、ちょっと前の全力!脱力タイムズにカンニング竹山さんが出演していまして、その時のカンニング竹山さんを観て大いに笑わせてもらうと同時に、この人演技めちゃくちゃ上手いなと思わされてしまったのです。

元々カンニング竹山さんに関してはお笑い芸人としてとっても面白いという印象を受けていましたし、全然好きな芸人さんの一人という感じでもあったのですが、『うわ~この人すごいなぁ』って思うほどの衝撃を受けることはこれまでなかったのです。僕はお笑い好きだしお笑い芸人さんを人一倍リスペクトしているのですが、さすがになかなか衝撃を受けるってことは多くないのです。そんな中で見事にカンニング竹山さんに度肝を抜かれてしまいまして・・・。しかもこれまで何度となくカンニング竹山さんのキレ芸は観てきているはずなのに、なぜかこの前の全力!脱力タイムズの時に激しく衝撃を受けてしまったのです。

この番組はお笑い芸人さんの枠に出演した芸人さんに無茶ぶりをして困らせるという構成が常となっているのですが、今回はゲストがカンニング竹山さんということで、もちろんMCの有田さんからキレ芸をめちゃくちゃに振られるという演出になっていました。

全力!脱力タイムズ自体が好きなのでこれまでも記事を書かせて頂いているのですが、観返すとゲストの木村拓哉さんや竹内結子さんについて書いている感じですね。なのでやはりお笑い芸人さんのカンニング竹山さんのことを書きたいと思っていることが、衝撃を受けた証拠なのだと思います。
www.myprivatecomedy.net

www.myprivatecomedy.net

 

カンニング竹山さんについて特筆したいことは、面白さはまず間違いなくそうなんです。この全力!脱力タイムズの時もホントに声を出して笑わせて頂きまして。録画をしっかりしていたので何度も観て何度も笑ってしまいましたから(笑)ゲラゲラ笑いました。そしてさらにもう一つすごいと感じたのは、カンニング竹山さんの真骨頂であるキレ芸のレベルの高さです。

この人はこの芸でここまでのし上がってきたと言っても過言ではないと思います。もちろん頭の回転も速いし語彙力も豊富で普通に面白さだけでいってもかなりハイレベルな芸人さんだと思うのですが、周りと差をつけてきたのはやはりキレ芸があったからこそだと思います。カンニング竹山と言えばキレ芸というイメージが世間にあるだけでも相当凄いことだと思います。このキレ芸のすごさを書く前に言っておきたいのですが、カンニング竹山さんってキレ芸があったからこそ今の地位があるとは思いますが、普通にお笑い芸人さんとしての実力もかなり高いと僕は思っています。普通に喋っているトークが普通にめちゃくちゃ面白いですもん。お笑いの先輩方からも実力を認められている空気も番組観ているとありますし。ただもちろんキレ芸をさせたら右に出る者はいないと思いますけどね!極楽とんぼ加藤浩次さんよりもいまはカンニング竹山さんの専売特許になっている気がします、日本のお笑い界のキレ芸は。

そしてなぜここまでおもしろいのかを考えると、間違いなくあるのはカンニング竹山さんの演技力の高さだと思います。それがなかったら間違いなくここまで面白くなることはなかったと思うのです。そして役者をやっていた身としては、その演技力の高さに脱帽してしまうほどなんです。

f:id:myprivatecomedy:20190317204701j:plain

 

カンニング竹山さんの演技力はもっと注目されるべきだしもっと活かされるべき

僕がカンニング竹山さんのキレ芸に頭が下がる思いを感じている理由としては、第一に元々役者だった身から言いますと、キレる演技ってめちゃくちゃ疲れるんです。察しが付くとは思いますが、キレる演技って中途半端にやってしまうと相当お寒い事態になってしまうので絶対に手を抜いてはいけないし、手を抜いてできるものじゃないんです。僕は舞台で毎回ブチ切れる役をやったことがあるのですが、もう毎回頭痛くなってしまって『もう嫌だ。もういいよ~』という状態になっていました。こういう時に限って公演回数がかなり多い舞台だったりするんですよね。地方公演もあったりで。一応本業が役者だった僕がそんなことを思ってしまうほど、キレる演技って疲れるんです。はっきり言ってなければないで個人的にはとっても嬉しいんです、そんなシーンは。でもカンニング竹山さんは番組の収録のたびに毎回ブチ切れているんですよね。そんなの素直に頭が下がりますよ。絶対僕はマネできないし正直やりたくないですもん。。。

そしてさらにすごいなと思うのはキレながら次から次へと出てくるあの言葉達です。相当努力家だと思うんですよね。だってあんなの一朝一夕で絶対にできないし、台本があるとも思えないし。台本があってもきっとざっくりした演出が書いてあるだけでしょうから、自分で言葉をチョイスしてキレてるテンションで乱発しているって考えると、相当すごいことです。本気でキレると頭の中が真っ白になってしまう事も少なくないと思うので、しっかり演技しているはずなんです。キレる演技の中で冷静な頭で面白い言葉と展開を発して笑いを作っているわけです。かなり天才級であり名人級の芸だと僕は思っています。もっと役者としてぴったりの役をもらってせっかくの演技力を活かして欲しいなと思うのです。そしてお笑い芸人としてはこれからも多くの笑いを期待せずにはいられません!

                               M&O