THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

花粉症かと思うと症状がおさまる…自分が花粉症だと信じないことにしている効果なのだろうか

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

花粉症だという事を認めないでこれまで生きてきた

 こんばんは、M&Oです。

今回は皆さんの大敵でもある『花粉症』について書いていきたいと思います。

皆さんというか花粉症を患っている人だけなのですが、なにやら僕の周りの人達を見ていると、かなりの人達がすでに花粉症を発症しているように思えるのです。10人に7人ぐらい花粉症じゃない??ぐらいの。しかも薬で症状を抑えている人は周りから見たら花粉症ってわからないですからね。そう考えると体感的にはもはやほとんどの人が花粉症なのではないかと思うのです。

そしてこの花粉症の人の割合って年々増えていませんか?まぁ僕が聞いている話では増えて当たり前なんですよね。一度花粉症になったらもう治ることはないんですよね?薬で症状を抑えるしか手はないとM&O的には聞いております。なので発症したら最後、もう花粉症と一生付き合っていくしかないというイメージなのです。時期的なものはあるようですが。。。

なんだかまるでゾンビ映画とかウィルス感染系の映画みたいな存在になっている花粉症ですが、一度なったら治らないなら、いつか人間は皆花粉症になるということですよね。新生児とか若い子たちはその時はなっていなくても大人になれば花粉症になる可能性は大いにあるということですよね。そして超レアな何人かだけが、花粉症の魔の手から逃れることができる・・・そういう認識でよろしいでしょうか??

 

あくまで僕が今まで聞いてきた花粉症に関する知識ですが、どうして花粉症になるかと言えば、個人個人で花粉を処理できるというか、受け入れられる量というのは決まっていて、どうやらその量を超えてしまうと、花粉症となり鼻水やくしゃみや目のかゆみとつき合っていかなければいかなくなると僕はこれまで聞いていました。諸説あるのかもわからないしこの説が正しいのかも知らないのですが、でもなんとなくこの説の言っていることはわかる気がします。ただこの説だと生きれば生きるほど花粉症になる可能性は高くなるわけで、例えばマメに花粉をシャワーなどで洗い流していれば、また自分の花粉許容量のメーターをゼロに戻せるのならば、花粉症にならない人が存在してもいいと思うのですが、そうでないなら遅かれ早かれ誰でも花粉症になってしまうという事になります。そして今現在、花粉症の人がこんなに多いことを考えると、簡単に洗い流せるものではないんじゃないかと思うのです。だって皆さん基本的に毎日シャワー浴びますよね?それでも花粉症になってしまうって、もう洗い流すとかそういう事じゃないってことになりますよね。僕の中ではそんなことになってしまうのですが。

あ、でもあくまでアレルギーらしいので、そもそもその花粉に反応するアレルギーを持っていなければ花粉症にはならないのか。アレルギーを持っていないとかこういう書き方が合っているのかすらわかりませんが、言いたいことはきっと伝わってくれると信じています!とするならば僕はそのアレルギーを持ち合わせていないのだろうか。

そうなんです、僕は未だに花粉症を発症していない数少ない人間なのです。

しかし、何度も『ついに来たか!!』と観念したことがあるのですが、結局花粉症の症状はすぐにおさまってしまうのです。おさまってしまうというのは変な言い方ですね、いいことですもんね。

f:id:myprivatecomedy:20190309221507j:plain

花粉症になるはずがないという強い思いが花粉症をはじき返しているかもしれない

何度かくしゃみが止まらなくなったり、目がかゆくなったり、鼻水が出るなんてことは経験しているのです。そんな時は周りの人間もそんな僕を見て「ああ~完全に花粉症だね!」的な事を活き活きした表情で言ってきたりするのですが、僕自身も『ついにきたか、仕方あるまい。むしろここまでよく頑張った方さ』と自分で自分を褒めてあげたくなっていることが多いのですが、僕はそんなことを思いながら心の片隅でしっかり『まさか自分が花粉症になるはずがない。花粉症になる自分がイメージできない。そして自分には花粉症が似合わない。似合わないものには人間ならないものだ。』と強く思っていたりするのです。

そしてそういう考えがそうさせているのか、花粉症が似合わないから実際に花粉症になっていないのかはわからないのですが、僕は結局花粉症にはならないのです。毎回花粉症っぽい症状は出るのですが、次の日にはケロッとしているのです。

実は僕まさに昨日いわゆる花粉症の症状が出まして・・・くしゃみも止まらないし鼻水も困ったものだし、目もかき出したらずとかゆいみたいな感じだったのです。さすがに我ながら『これは花粉症だろうなぁ~』と思っていて、周りの人も『完全に花粉症だ、疑いの余地がない』ぐらいの感じだったのですが、僕は『いやこれは花粉症じゃないよ。だって俺花粉症になるの似合わないもん』とよくわからないことを言っていたのです。そしましたらですね、やはり今日になってみるとまったく花粉症の症状がなくなっているのです。今日も東京は晴れていたしそれなりに花粉は飛んでいたんじゃないかと思うのですが、やはり思い込みというのは凄まじいのです。

何バカなこと言ってんだ!ぐらいに思われるかもしれませんが、僕は実際花粉症に今までなっていないのです。イメージできないものや似合わないものにはならないし、なれないと僕は昔から誰に教わったのかわからないけど思って生きてきていまして。

イメージングって意外と大きな力があるらしいですからね!僕はそういう専門的な本は読んだことがないですけど、漠然と昔から自然と実践しているかもしれません。そしてその結果、僕は花粉症になっていないという事実があるのです。もちろんただ単にアレルギーがないだけかもしれないですけど。でもどうせ無料ですから、試してみる価値はあると思います、思い込みのパワーは偉大だと僕は思っています!

                               M&O

U-NEXT