THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

車のライトが異常に眩しい 自分の目の問題なのか車のライトが昔より眩しくなったからなのか

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

少し前から車のライトがとっても眩しく感じてしまう

こんばんは、M&Oです。

今回は普段の生活で強く実感しているのですが『昔よりも車のライトが眩しく感じる』問題について書いていきたいと思います。

本当に読んだままの意味でして、夜に車とすれ違う際などに、ライトが異常に眩しく感じるという事です。ライトに顔を向けたまま目を開いているのが困難なレベルです。僕はいつからかわからないのですが、こういった状態が当たり前になっていまして、でも昔はそんなことなかったよなぁとも思っていまして。今回はあくまで個人的な想像の範囲ですが、どういったケースが考えられるか考えていきたいと思います。

この問題については『あ~!!わかるわかる!!』と共感して頂ける方々が多ければ多いほど嬉しいし安心できるのですが、どうなのでしょうか??

もしかしてこんなことを感じているのは僕だけなのでしょうか??

でも実際問題、僕は昔より車のライトがめちゃくちゃ眩しく感じるようになっているのです。大げさではなく、ライトが目に入ってくると目を開けていられないレベルです。この眩しさを感じ始めた直後は、『ハイビームにするんじゃないよ、こんな住宅街で!』と内心僕は怒っていたのですが、周りの他の通行人の様子を見ていたり、車のライトのチェンジの感じを見ていると『あれ?どうやらハイビームじゃないみたいだぞ・・・普通のライトっぽいな。でも普通のライトでこんなに眩しく感じるのおかしくないか?』という思いに変わっていったのです。

そして僕は結構表情豊かな人間なので、眩しいと感じたらかなり眩しい表情をしてしまうのですが、これを見た運転手さんがライトを弱く変更してくれることもあって、ありがたいなと思いつつ、車に詳しくない僕はそれが『ハイビームから普通のライト』に変更しているのか、『普通のライトからさらに弱いライトに段階を下げてくれているのか』がわからないのです。僕の目のことを思うと前者であって欲しいなと思うのですが・・・。でも住宅街でハイビームにするとかってあるんですかね?僕が昔実家時代に車に乗っていた頃はそんなことしてなかった気がするんですよね。そう考えると、やはり普通のライトの強さで走っている車が、眩しそうな僕を見てライトを弱めてくれているのかもしれませんよね。そうだとすると『気を遣わせて申し訳ないなぁ』とも思いますし、そして何より思うのは『俺の目って果たして大丈夫なのかしら?』という事なのです。

この光に弱いということについては、役者時代から僕は思い当たる節がありまして・・・。

f:id:myprivatecomedy:20190307214403j:plain

舞台の照明などに関して役者時代から苦労していたことも関係している?

実は僕は俳優時代に舞台やミュージカルに出演している時に、照明関係でかなり苦労をしたり周りに助けてもらっていた人間なのです。

例えば舞台上で場面が変わる時には、ステージは真っ暗になりお客さんからは暗くて何も見えない状態の中で、次のシーンへのセットチェンジが舞台上で行われたり、そしてもちろん出演俳優も舞台上からはけたり登場したりを暗闇の中で行わなければなりません。『暗転』『明転』と言われるもので、どこの舞台でも行われている一般的なものなのですが、僕はこれが大の苦手だったのです。

どんな風に苦手かと言いますと、簡単な話、暗転中に暗闇が見えないんです。もう前後左右がわからなくなってしまうのです。真っ暗の中舞台上からはける時ももちろんですが、僕がもっと嫌だったのは一人で暗い舞台上に出てスタンバっていなくてはいけない時でした。『暗転板付き』なんて呼ばれるのですが、暗転中にステージ上にスタンバイして明かりがつくともう舞台上にいるということなのですが、これがもう見えないからただただ怖いのです。そして暗転中に自分が舞台上のいるべきところにいないといけないわけですが、見えない人間にはこれは至難の業です。この僕ような暗転が見えない役者のことを舞台やミュージカルの世界では『鳥目』と呼びます。

『鳥目』の役者はそこまで珍しいわけではなく、いるのはいますし僕自身自分以外の鳥目の役者とも出会ってきています。もちろんレベルは様々ではあるのですが。

そして僕に関しては、暗い状態も見えないのに、一気に舞台上が明るくなった場合なんかは、眩しくて目を開けているのがかなり辛い状態になります。暗い状態からいきなり明るくなったら目がきついの当たり前だろうとも思うのですが、役者は何事もなかったかのように普通にすることが求められるのです。

真面目にこの暗いの見えないとか、いきなり明るくなった時に目が開けてられないということに悩んだ時期もありましたからね。『もう舞台の仕事全部断ろうかしら』と真剣に思ったこともあったぐらいです(笑)周りの人間が毎回助けてくれましたけど。感謝ですね!

話を戻しますが、こういった経験というか僕の目に関する性質が、車のライトに対しての反応と結構関係しているのかなぁと思うのです。でも気になるのは、舞台上で見えないのは昔からで、車のライトが眩しく感じ始めたのはそんなに昔からじゃない気がするんですよね。それでも関係していると考えるのが普通な気がするのです。

もしかしたら、車のライト自体が全体的に威力が増している可能性もあるんじゃないかと思っているのですが、どうなのでしょう。でもそうだったら皆さんも車のライト眩しく感じているはずですよね。。。。

                            M&O