THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

引っ越しの部屋探しで一番知りたい事、それは『隣人がどんな人なのか』騒音などは隣人次第の運任せ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

一番知りたいのに知れない『引っ越し先の隣人がどんな人なのか』

こんばんは、M&Oです。

今回は引っ越し先の部屋を部屋を決める際に一番知りたいことについて書いていきたいと思います。

 

一人暮らしや同棲、同居、もしくはご結婚された人など、部屋を決めて新居に住むことを経験されている人ってものすごく多いと思います。

そしてその時に部屋の間取りであったり周辺環境であったり、木造なのか鉄筋なのか、何階なのか、オートロックはついているのか、日当たりや湿気はどうなのかなど、様々な事を考えながら内見をして慎重に部屋を決める人も多いと思います。

引っ越すときの初期費用って基本的にかなり高くなってしまうものですから、慎重になるのも至って普通のことと思います。

僕ももちろんその辺はしっかりできる限り納得のいくものをと考える方です。一度なんでもいいかの精神で内見などを全くせずに住んだ部屋がありましたが、見事に日当たりも風通しもどうしようもない部屋で持っていた洋服がカビだらけになるという苦い経験もしました。若気の至りです。そんな教訓を活かして今は最低限のラインは決めるようにしているつもりです、ただ裕福なわけではないので妥協する点は数多くありますが・・・でもこれだけは!というのは一応持っているつもりです。

しかしですね、いくらいろいろと考えても、いくら内見を重ねても、どうしても住んでみないとわからないこと、それが

隣人や上の階の人や下の階の人がどういう人なのか?

という事なのです。

結構な家賃の部屋に住めばそんなに影響があることはないのかもしれませんが、そこそこの部屋で一番問題となるのが騒音問題です。今考えれば、役者時代にちょっと羽振りが良かったときに住んでいたマンションは確かに周りの部屋の音って全然気にならなかったなぁ。。。しかし今はそんな部屋には住めない!昔だって基本的にはそんな部屋には住んでいませんでした。そこで僕を悩ませるのは

周りの部屋の住人が出す騒音の問題なのです。

 

以前に記事を書いた事があるぐらい、僕は音にちょっと敏感なところがありまして。眠りに関しても寝るのが下手くそと言いますか、寝つきも悪い上に眠りも浅いみたいでちょっとした音で起きてしまう事がしばしばあるのです。

そして何か集中して作業をしている時にも、周りの音によって集中できないタチなので、耳栓も持っていますしイヤホンでクラシックを聞きながらブログを書くことも多いのです。

また僕が自分のせいかもしれないですが個人的にちょっと腹が立つのは、自分で言うのもなんですが僕自身が周りに一応気を遣う人間なのです。だからこそマナーの悪い人にはちょっと腹が立ってしまうのです。

かなり分厚い壁の鉄筋コンクリートの部屋に住めばこういう悩みはほぼなくなるのかもしれませんが、残念ながらそこまでの部屋に住む余力は今のM&Oにはありません。しかも今の僕は固定費はなるべく低く抑えておきたいという考えなので、毎月の家賃にそこまでのお金はかけたくない。そうなると周りの隣人がマナーと常識を持っているかということがとっても重要になるのです。

ケチって安めのところに住むならそれぐらい我慢しなさいよ、という声が聞こえてきそうですが、いやいや!みんなが心地よく住むことを意識していれば、どの物件でもなんの問題も起きないはずなのです。もちろんどこまで求めるかという事や、常識は人によって違うという問題はあるのですが、最低限のマナーってそれなりに共通していると思うのです。

上の階に住んでいるなら足音にはそれなりに気をつけますし、夜になれば掃除機や洗濯機の使用は控えます。テレビを観ている時もこれぐらいのボリュームって大丈夫かしらと心配にもなりますし。自分がやっているから相手にも同じことを求めるわけではないんです、ただちょっと気を遣って欲しいなぁってことなのです。夜遅くに大音量で音楽を聴いたり深夜に友人との飲み会で騒いでいたりっていうのは僕としてはありえない行為なのです。

f:id:myprivatecomedy:20190304231351j:plain

内見の時って必ずと言っていいほど周りの部屋が静かな時が多い

できるならば内見の時に隣の部屋から大音量の音楽が聞こえてきて欲しいです。そうすれば内見の時点で『これは夜もうるさい可能性が大きいな』と思えてその部屋をやめるかもしれないですし、内見の時に上の階で激しい足音が聞こえれば『これは住んだら足音に悩まされそうだ・・・』と思って、その部屋は除外したりできそうなものなのに、僕の経験上、内見の時って絶対静かなんですよね(笑)一度線路沿いの部屋の内見をした時はちょうど電車が通って『これはとてもじゃないけど住めない』と思ったことはありますが、人間が出す音に関しては内見の時に聞こえた時がないです。それどころか隣人がどんな人なのかも見たことがないです。まぁそうとうタイミングが良くないと遭遇できないのでしょうけど。

なんかでもちょっと理不尽ですよね・・・。安めの部屋に住んでも隣人がマナーのいい人ならストレスないのに、ちょっと高めの部屋に住んでも隣人がマナーの悪い人ならストレス感じてしまうって。壁をドンってやったり直接注意するのは良くないらしいですし、物騒なニュースも多いから怖いですよね。管理会社とかに言ってもそこまで親身に対応してくれることも少ないって聞くし、自分が神経質な扱いづらい住人って思われそうですし。

電車とかお店とか様々な場所で共通していることですが、基本的に周りに人がいる時はまずそれを考える世の中になって欲しいです。そうすれば世の中のもめ事の半分ぐらいはなくなるんじゃないかしらって思いますもん。こんなことを書いているわけなので、僕自身そうでなければいけないと思いますし。僕は近々引っ越しをするわけですが、隣人が常識ある人かどうかは、運しだいです・・・。お願い!!って感じです(笑)大人になって『お願い!!』って思う事そうそうないですよ(笑)ほんとにもう!

                             M&O