THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

テレビ東京ドラマ『フルーツ宅配便』第8話 濱田岳主演のこのドラマが面白い 松尾スズキの演技がすごすぎる

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

テレビ東京ドラマ『フルーツ宅配便』が相変わらず面白過ぎる

こんばんは、M&Oです。

今回はテレビ東京ドラマ『フルーツ宅配便』の第8話について書いていきたいと思います。

他のテレビドラマも観てはいるのですが、この『フルーツ宅配便』だけは毎回観終わるとレビューを書いてしまっています。これも何度も書いてきていますが今クールで一番ハマっているドラマなのです。

www.myprivatecomedy.net

www.myprivatecomedy.net

第8話が放送されたわけですが、このドラマ、いったい全何話の予定なのだろうか。はっきり言って終わってしまうのが結構寂しいのです。それぐらい楽しませてもらっているのですこのドラマは。でもまだ仲里依紗さんのストーリー展開がそこまでされていない気がするので、もうあと何話かは続くと信じています。たまにいきなり終わるドラマがあるから少し戦々恐々としてしまうのです。

田中哲司さんが出演し始めてからまだそんな経っていないし、松尾スズキさん演じるミスジとの関係性もかなり気になるところなので、逆に1クールで終わらせずに、じっくり描いてもらって2クールぶっ通しでやってほしいなと思うのです。

 

しかし今回オンエアされた『フルーツ宅配便』の第8話ですが、かなり重たいテーマというか・・・シリアスな展開でした。もちろん面白かったんですけどね!これまでと少し色の違ったストーリーだったように思えます。元々重たい話が多いドラマではあるのですが、演出でその重さを感じさせないようにしている感じだったのですが、今回はなかなかに重たさを残した回でした。こういう現実って実際あるんだろうなぁって思うと、何とも言えない気持ちになりますね。重たい話のドラマで言うと『闇金ウシジマくん』もそうでしたが、時として観ると気分が落ち込んでしまう事もあるのですが、観終わった後にそんな気分になるのが僕は嫌いではないので、要はこういうドラマや映画が好きなのです。ただあまり描写がエグイのはまったく観れないのですが・・・。そしてたまたま例に出した『闇金ウシジマくん』ですが、『フルーツ宅配便』と共通しているところが個人的にはあると思っていまして、2つともコミカルな部分がちゃんとあって笑わせてくれるところがあるから僕は好きなんだと思います。あとはメインキャストが魅力的な役者が出ているというところですね。主演で言ったら山田孝之さんも濱田岳さんもお2人ともめちゃくちゃ上手い俳優ですし、小手先じゃない方法でしっかり笑わせてくれますし。

そして今回の『フルーツ宅配便』の第8話ですが、松尾スズキさんが今までにも増してすごい演技を魅せてくれていて、より好きな俳優になってしまったのです。

f:id:myprivatecomedy:20190112171116j:plain

自然体で笑わせることも恐さを表現することもできる俳優・松尾スズキ

これまでもこのドラマでの松尾スズキに対してさんざん賛辞の言葉を送ってきた僕ですが、もちろん元々映画などでこれまでも松尾スズキさんの演技は観てきていて、すごい俳優さんだなぁと思って来ていたのですが、このドラマでさらにすごいなぁって思わずにはいられなくなってしまっているのです。舞台では観たことないのでぜひ観てみたいし観なきゃとも思っているのですが。

『フルーツ宅配便』の松尾スズキさんの演技って、本当に自然体なんです。その自然体の演技の中でしっかり表現してしまうあたりが本当にすごいと思うのです。最近は特に目につくことが多いのですが、面白い演技の定義がすごくレベルが下がっているというか、小学生中学生の層が喜びそうな演技がはびこっていて、しかもそれが面白い演技みたいにもてはやされていることが多い気がしてならないのです。変顔したり変な歩き方したり白目になったり余計なネタ的なものを入れてきたり。どの俳優とかどの監督の作品で多いとかはあえて言いませんが・・・。松尾スズキさんの演技を見習えって思っちゃいます。中井貴一さんとかもこういった演技が抜群に上手いのですが、自然体で変な事を一切せずにしっかり面白さを出してくれるんです。日常の流れであるような流れの中で面白さをしっかり出して魅せてくれるんです。僕はこういう演技ができてしまう俳優がとっても好きだし、心から尊敬してしまいます。

そして松尾スズキさんはじめこういう芝居をできる俳優に共通しているのが、自然体のまま恐さもしっかり出せるんです。変にすごんだり大声を出したりすることもなく、それでも観ている者をゾクゾクさせる恐さをしっかり出してくれるんですよね。このドラマの田中哲司さんも恐いですね。さすがの一言といった感じなのです。この先松尾スズキさん演じるミスジ田中哲司さん演じる沢田との直接の絡みのシーンが出てくるのなら・・・見ごたえありすぎてどうなっちゃうんだろう!って感じなのです。深夜ドラマの枠でそんなのが観れるなんて贅沢の極みと言えるでしょう。

そんなわけで、来週の『フルーツ宅配便』からも目が離せません。

しかし第8話の『フルーツ宅配便』に関しては、中村ゆりさんのお母さん役の女優さんのお芝居が個人的には少し残念でした。好みの問題だと思いますが。。。

                               M&O