THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

『ボクらの時代』に木村拓哉と長澤まさみ登場!! キムタクのジャニーズ入所の話ってレアな気がする

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

珠玉のトーク番組『ボクらの時代』木村拓哉長澤まさみ鈴木雅之

おはようございます、M&Oです。

今回は僕が毎週予約録画をしているトーク番組『ボクらの時代』について書いていきたいと思います。

この番組は出演者によって観る側のテンションもかなり変わるわけですが、今回はもうかなりテンション上がってしまいました。

まず木村拓哉さんですが、僕はもうこれまでも結構記事を書かせて頂いてきまして。つまりはとっても好きなのです。僕はキムタク全盛期のドンピシャの世代でしてその時も今もやはり木村拓哉さんはスーパースターなのです。

少しリンクを貼らせて頂きます。

www.myprivatecomedy.net

www.myprivatecomedy.net

そして長澤まさみさんですが、この人も僕は以前に記事を書かせて頂きましたが、僕が俳優時代にご一緒させて頂いた女優さんの中で一番綺麗で魅力的だった女優さんなのです。結構売れている女優さんとも同じ現場に立たせて頂きましたが、長澤まさみさんは正直別格だったというか、とにかく綺麗でした。

そして、映画監督・演出家の鈴木雅之さんですが、もちろん歌手の鈴木雅之さんではありません。僕は以前初めてこの人の名前をクレジットで観た時に頭に『???』が浮かんでしまいました。『鈴木雅之さんってあの?』と思ってしまいましたが、結構普通の感情だと思います。だってこの名前の漢字を見たら僕の世代なら『もう涙は~いら~ない~♪』と頭に流れてしまうのが普通じゃないかと思うのです。今回の『ボクらの時代』出演の鈴木雅之さんはテレビドラマで活躍されていた人みたいなので、僕は正直テレビドラマに疎い方なので、ディレクターの名前とか知らない場合が多いので、ごめんなさいといった感じです。

そしてこのお三方は、『マスカレードホテル』のお三方なのです。

映画『マスカレードホテル』、最高に面白かったです。僕は観終わった後にかなりテンションが上がってしまったほどに楽しませてもらった映画です。

レビューも書かせて頂いておりますのでもしよろしければ・・・

www.myprivatecomedy.net

そんなお三方が揃い踏みした今回の『ボクらの時代』、ワクワクしながら観させて頂きましたが、木村拓哉さんのお話を聞けたのがとても嬉しかったですし良かったと思っています。

f:id:myprivatecomedy:20190225023245j:plain

木村拓哉の仕事への考え方やジャニーズ事務所に入ったきっかけの話が聞けた『ボクらの時代』

全体的に面白い回でしたし、いろんなお話も聞けて、長澤まさみさんの人間離れした可愛さを見れて大満足って感じだったのですが、何より面白く、そしてとてもためになったのは木村拓哉さんのプロ意識のお話でした。

以前からわかりきっていることではあるのですが、木村拓哉さんってすっごく真面目な人なんですよね。これまでの木村拓哉さんの活動を観ていれば誰でもわかることだと思うのですが、お仕事に関してとっても真面目に真摯に向き合っている人なんですよね。でも木村拓哉さんってそういう事を自ら語ることってあんまりなくて、これまでずっと結果で示して来たり、背中でそれを感じさせる振る舞いで活動してきた人だと思うんです。どんなことでも簡単そうにやってのけてしまう裏では、人に見せずに陰で努力してきた部分が本当に多いと思うのです。

風邪をひくことは大罪、という言葉も発していましたが、これは本当にプロ根性の塊のような木村拓哉さんだから発せられる言葉だと思いますし、周りに迷惑を掛けることを極端に嫌う木村拓哉さんの思いやりであり自分の大切にしたい部分なのだと思います。

鈴木雅之さんは木村拓哉さんとかなり関係が長いようなのですが、木村拓哉さんが台本を現場に持ち込んでいるところを見たことがないそうです。さすがですよね。俳優だけしている人と比べても、SMAPの活動もあったりで間違いなく常に日本でトップレベルに忙しかったはずなのに、セリフをすべて頭に入れた状態で現場に臨んでいたというのは、ちょっと普通では考えられないというか、かなり神がかったことだと思います。ストイックという言葉では足りない、超絶ストイックとしか言いようがありません。だってドラマを撮りながらCMに出演したりバラエティ番組にも出たりして、ダンスの振り入れもやって、さらには歌番組に出演して、雑誌とかの取材もきっと入りまくってて、ラジオもやっているんですから、もう本当に超絶多忙だったことは間違いないはずです。

そして何気に木村拓哉さんの口から木村拓哉さんのジャニーズ入所のきっかけって聞く機会なかったと思うのですが、今回の『ボクらの時代』ではその部分も話してくれていました。親戚が履歴書を送ったのがきっかけだったようで、木村拓哉さんご本人は乗り気じゃなく3回ほど断ったそうです。それでも叔母さんに説得されジャニーズ事務所に行き、ジャニーさんと話しそのままジャニーズに入所となったとのことでした。

そして、仕事に対してそこまで向き合う事が出来なかった少年だった木村拓哉さんが仕事に目覚めたきっかけは、ジャニーさんに紹介されて出会った演出家の蜷川幸雄さんの作品に出演したことがきっかけだったそうです。稽古の厳しさで有名な蜷川幸雄さんですが、この時もしっかり厳しく、初めて台本というものを持って演技に取り組んだ木村拓哉さんは、それは大変だったそうです。ただその舞台が自分の考え方に大きな影響を与えたと仰っていて、とてもいい機会と経験になったという事が強く伝わってきました。

木村拓哉さんのそんなお話がたくさん聞けて、僕はとても満足な『ボクらの時代』でした。でも、スペシャルというかもっと長尺で観たかったのが本音です。未公開シーンがきっと総集編で流れるはずなので、それも首を長くして楽しみにしていたいと思います。

                           M&O