THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

病気をまったくしていない僕の健康の秘訣 人間ドックに行ったことがない、健康診断にも20年近く行っていない

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

早期発見で助かることが多々あることは十分わかるけど・・・

こんばんは、M&Oです。

今回は人間ドックや健康診断について書いていきたいと思います。

御病気になられた方のニュースなどを見たり、友人との会話の中で、『そういえば人間ドックや健康診断に全然行ってないなぁ』と思ったので、健康に関して思う事を書いていきたいなと思いました。

特に意識することもなく月日が流れていて、よくよく考えてみると健康診断にまったく行っていませんでした。人間ドックというものも生まれてから一度も経験がありません。バリウムとか胃カメラという言葉はもちろん知っていますが、人間ドックに行って実際にどんなことをするのかは全くわかっていないので、未知の世界なのです。

健康診断や人間ドックにまったく行っていないことを知人に話すと、必ずと言っていいほど早急に行くことを勧められます。僕の身体を心配してくれて言ってくれていることなのでもちろんありがたいことなのですが、いくら言われても僕が重い腰を上げることはありませんでした。

俳優という仕事を大学在学中からおっさんになるまでずっとやってきていて、身体が資本のはずなのに、これは非常に良くないことであるということは重々わかっております。でも会社員の人みたいに1年に1回健康診断があるわけではないですし、僕の場合独身で家族を養っているわけではないので、なかなか自分で調べて健康診断に行ったりましてや人間ドックに行こうとはなかなか思えなかったのです。言い訳であることはわかっているのですが・・・。

そしてもっと言い訳すると、僕はありがたいことに今まで大きな病気に1度もなっていないのです。大きな病気どころか、病気というものに無縁で、ケガなどを含めても全然病院に行くようなことにならなかったのです。入院も生まれてから1回も経験がないですし、病院自体もうずっとかかっていません。何年か前に行った歯医者さんが最後だと思います。その歯医者さんもかなり久しぶりに行ったというぐらいです。だから僕本当に保険証って全然使ってないんです。そんな自分のありがたい状況に甘えて、これまで健康に関してもシリアスに考えたことがほとんどなかったので、健康診断に行っておかなければとか、人間ドックに行ってみなきゃと思う事がまったくなかったのです。

そして僕は病気というものに関する知識もまったく持ち合わせていなくて・・・。

それでも健康で今まで生きてこられたというのは、非常に運が良かったことだと思うと同時に、自分がなぜ健康でいられているかを自分なりに考えてみました。

f:id:myprivatecomedy:20190224232630j:plain

身体に良いことを意識して何かやっているわけではないけれど・・・

僕は身体が不調になる事がかなり少ないし、病気になるという事もほとんど経験せずにここまで来ているのですが、何か健康になるために意識してやっていることがあるかと聞かれれば、特にないのが現状なのです。

サプリメント的なモノもまったく摂らないですし、野菜もたまにしか食べないし栄養バランスを考えるような食生活もまったくしていません。1日3食食べる事も少ないですし、朝にちゃんとご飯を食べることもほとんどありません。むしろお腹が空いたことにすら気付きにくい体質というか性格で、足がフラフラしたり体に力が入らなかったり、あまりに眠れない時とかに、『あ!食べてないからお腹が空いているのか!』と気付いて食べたりするぐらいです。

しかも食事はそんな感じなのにお菓子は昔も今もめちゃくちゃ食べます。お菓子を買わない日は多分ないんじゃないかっていうぐらい食べます。ポテトチップスやグミやチョコレートやプリンや杏仁豆腐など何でもバクバク食べています。こういったものは程よく食べないとあまり身体に良くないという話はもちろん僕も知っているのですが、正直身体を気遣って我慢したことは一度もありません。金銭的な事情で我慢したことは過去にありますが(笑)

ジュースに関しても炭酸ジュースが大好きなので、こちらも毎日1本は飲んでいます。コーラやファンタやドデカミンやデカビタやドクターペッパーやカルピスなどとにかくどれかしらのジュースを毎日飲んでいます。僕は家系の体質的にいくらお菓子を食べたりジュースを飲んだりしても全然太らないのです。身長が180センチありますが体重は60キロありません。太る方が難しい家系なので、役者時代に恰幅をよくしなけれなならかった時は結構大変でかなりプロテインのお世話になっていたものです。そんな体質なので一般的には身体に良くないとされるこんな食生活をしてしまっているのです。

それでも何か身体の不調を感じると言ったことがこれまでないのです。ただ単に運がいいだけかもしれないし、これから一気になにか病気にかかってしまう可能性もあるかもしれませんが、これまでの僕の生活でなぜ健康でいられたかを考えると、たぶんですが、ストレスがないことが大きいのかもしれません。

ストレスってびっくりするぐらい身体に良くない影響を及ぼすと聞いた事があるので、それを思うと健康でいられたのはストレスをあまり感じずに生きてきたことが大きいのかしらと思うのです。食べたくないものは食べないし嫌な仕事は極力やってきていないですし、気が合わない人には無理に近づこうとしないでなるべく合わないようにしますし。大人としてはきっとダメな大人と思われてしまうのでしょうけど。

あとは僕はたくさん笑うので、笑うことが健康にすごくいいと聞いた事があるので、それもきっと関係あるんだろうなぁと思っています。何気ないことでも、人が面白いと思わないことでも僕は結構笑ってしまったりするので、別に自慢できることとかではないですが、たぶん笑う量は多い方だと思います。面白いことや楽しいことが大好きなので。ただノリは全然悪いんですけどね(笑)でもそういう時に無理してノッタリしないので、ストレスが溜まらないんだと思います。

子どもみたいな意見だなと思われるかもしれませんが、僕けっこう大真面目にこう思っています。あくまで僕の個人的意見な事はわかっていますが。。。

健康診断や人間ドックに行ってみた方がいいとは思ってはいるんですが・・・今年中に行ったら自分で自分を褒めたいと思います。

                             M&O