THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

寝たいのに眠れない夜の過ごし方 どうせ寝れないなら何かすれば良かった後悔

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

久しぶりに寝ようと頑張ってしまった・・・

こんばんは、M&Oです。

今回は昨夜のM&Oの大失敗について書いていきたいと思います。

 

いや~やってしまいました。やらかしてしまいました。。。

朝9時に起きなければいけなかったので、寝つきが悪いことを見越して深夜2時にはベッドに入ったのです。3時には眠れることを期待して・・・。

 

久しぶりに全然眠れなったんです!待てど暮らせど夢の中へと入ることが出来ず・・・・それどころかどちらかと言えば目が冴えてきてしまう始末です。これはどうしたもんかと悶々としていたのですが、気付けば外が明るくなってきているではありませんか。

僕は強く思いました。

『やってしまった・・・』と。

どうせ寝れないならいろいろやるべきことをやればよかった!俺のバカ!という自己嫌悪に陥りました。ブログっだって書けたし、調べものだってできたし、まだ途中の確定申告だってできたし、本だって読めたし、映画だって確実に1本観れたわけです。

特に本は南海キャンディーズ山里亮太さんの『天才はあきらめた』がまだ途中だし、映画だってTSUTAYAで借りてきた映画がまだ2本観れていない状態なのです。

『本も読めたし映画も観れたじゃないか!もっといえば両方できたぐらいの時間を布団の中で悶々と無駄に過ごしてしまった!』と思わずにはいられません。

原因はわかっているんです。

完全に自分の弱さです・・・。

先日も記事で書かせて頂きました。これからはこういう時にしっかり時間を有効に使おうと思っていたのに・・・俺のバカ!!イワンのバカ!!イワンのバカのストーリーもう全然覚えてない。いやそんなことは今どうでもいいんです。

どうして電気を消してベッドに入ってしまうと、再び起きて何かするという行動がこんなにも難しくなってしまうのでしょうか?

正直ベッドに入った時にエアコンも消してしまっていたので、ぬくい布団から出たくなくなってしまったのはまず間違いないです。しかしこんなものは自分の意思次第でどうにでもなる事です。少し起き上がってピッとスイッチを入れればいい話ですから。しかしそれが出来ない!そんな簡単な事が昨夜の僕は出来なかったんです。

もしくは間接照明に手を伸ばしスイッチを入れ、ベッドの中で山ちゃんの『天才はあきらめた』を読むことだってできたはずです。しかもこれに関しては難易度はベッドから出ない分高くないと思われます。しかしできない!そんな簡単な事が出来なかったのです。

理想は起き上がってデスクに座り、映画を観るなり確定申告をしてしまうなりをすることだったのですが、もはやそんな発想すら生まれない精神状態でした。なぜなら『あわよくば寝てしまいたい。寝ないと明日きついし・・・。』という図々しくも浅ましい考えがこの僕にあったからです。

自分は意思の強い人間だ、そんながらくたのような自信がガラガラと崩れ落ちた夜でした。しかし寝れなかったなぁホントに。この理由がわからなのもまた困ってしまいます。

今夜こそきっと早く寝れるだろうと思っているのですが、今こうやって元気にブログを書いている自分がいるんですよね。寝てないはずなんだけどなぁ。

今度から極限に眠くなるまでベッドに入らないようにしようかなって本気で思いはじめました。その方が人生の中の限られた時間を有効に使える気がしますもん。

f:id:myprivatecomedy:20190124225236j:plain

寝ようと頑張らない方が寝れるとも思えない

昨夜の僕のように寝よう寝ようと頑張ると逆に眠れなくなるというのはよく聞く話ですが、『よし!こうなったら起きてよう!』と思ったとしても結果眠れない気がしてなりません。ただ徹夜になるだけな気がします。ただ僕の考えではベッドの中でボーっとしたり目を閉じていることに一生懸命になるよりかはその方がいいとは思いますが。

逆を言えば、『そんなに疲れてないから寝ないでいいよ』という意味なんですかね?確かに役者時代にアクションシーンがあったりダンスなどがあった夜は、泥のように眠れていた気がします。そんなことを思い出すと身体が疲れていないと人間ってそんなに寝ないでいいんだろうか・・・と思ってしまいます。

哀川翔さんの本を読んだ時に、哀川翔さんはこう言っていました。

『寝れない寝れないって悩む若者がいるらしいけど、じゃあ寝るなっつーの。大丈夫、死なないから』

なるほど。僕は若者ではないかもしれないけど、そういうことなのかしら。たしか哀川翔さんの『俺、不良品』って本だったと思います。そしてその本の帯にはこうも書かれていました。歴代の武将のホトトギスの言葉が並んでいる最後に、

『鳴かぬなら、俺が鳴きますホトトギス哀川翔』と。

うーん、こんな言葉を言えちゃう人の思考には僕はまだまだ到底辿り着けない気がします。ちなみに誤解のないように言っておきますが、僕は哀川翔さん好きですからね!好きじゃなきゃわざわざ本買って読みませんから。

話がだいぶ逸れてしまった気がしますが、昨夜はそんな出来事があったのです。果たして今夜はどうなるのでしょう・・・。たぶん昨夜は2時間ぐらいしか寝れてないので、今夜はスヤスヤと寝れるのではと思っているのですが、そうは問屋が卸さないなんてことにならないことを祈ります。

でも今も眠くないんだよなぁ・・・。

                       M&O

U-NEXT