THE ENTERTAINMENT DIARIES

エンタメブログ 経験を活かして俳優・女優・声優になりたい人向けの情報発信や美容やネットなど暮らしに役立つ情報も発信

映画『チアダン』ネタバレあらすじキャスト評価 広瀬すず中条あやみ青春映画

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

映画『チアダン』ネタバレあらすじキャスト評価 広瀬すず中条あやみ青春映画【概要・キャスト】

こんばんは、M&Oです。

今回の絶対おすすめ映画シリーズは『チアダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』です。

 

僕としてはなかなか珍しいジャンルの映画のレビューです。こういう『チアダン』のような映画もたまには観たいなぁと思いまして。鑑賞してみたら予想以上に面白く、広瀬すずさんのポテンシャルに大いに驚かされる映画でした。

それでは『チアダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』の映画紹介です。

 

映画『チアダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』は2017年に公開された日本映画です。

上映時間は121分。

監督は河合勇人監督

 

キャストは

友永ひかり・・・広瀬すず

玉置彩乃・・・中条あやみ

山下孝介・・・真剣佑

永井あゆみ・・・福原遥

村上麗華・・・柳ゆり菜

ひかりの父・・・木下隆行(TKO)

ひかりの母・・・鈴木杏

校長先生・・・きたろう

早乙女薫子・・・天海祐希

他。

f:id:myprivatecomedy:20190219215447j:plain

 

映画『チアダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』あらすじ・ネタバレ

舞台は福井県の福井中央高校です。友永ひかり(広瀬すず)は思いを寄せる男の子孝介が所属するサッカー部を応援するためにチアダンス部へと入部します。

そこまで気合を入れていたわけではなく、楽しやれればいいぐらいに気持ちでチアダンス部の門を叩いたひかりでしたが、チアダンス部には『地獄先生』の異名で恐れられている早乙女薫子(天海祐希)がいました。

薫子は日本で優勝し全米大会に出場ししかも全米を制覇するという目標を掲げていました。

薫子はチアダンス部の部員たちにあるルールを言い渡します。前髪を上げておでここを全開にすること。恋愛は禁止。制服は校則通りにしっかり着ること、つまりミニスカートは禁止。

そんな薫子の部活動の説明を受けたひかりはチアダンス部への入部を辞めようとしますが、孝介とちょうどばったり会い、孝介のいるサッカー部を国立競技場で応援したいという思いに流され入部を決意しました。

早速始まったひかりのチアダンス部での活動ですが、いきなり先輩がいなくなってしまう状態や、何も教わっていないのにダンスをそれぞれ踊れという要求に面を食らいます。

また基礎体力作りの練習も激しく、チアダンス部の退部は珍しいものではありませんでした。そしてダンスをそれぞれ披露した面々の中で、一番力があると判断された彩乃(中条あやみ)が薫子からリーダーに任命されました。

 

目標に向かって厳しく指導する薫子も実は闘っていて、その指導方針から校長先生などから咎められることも少なくありませんでした。しかし薫子は大きい目標を持つことの素晴らしさを唱え続けます。

ひかりはなかなか夢中になれずにいる中で、孝介が他の女の子の話をしたりという事もあり、チアダンス部を辞めようかなという思いに襲われます。

しかし孝介からはもう諦めるのかとハッパをかけられ、彩乃からもひかりの笑顔はすごくいい、それは大きな武器なんだよと説得されチアダンスを続けることを決めます。

 

未経験者ばかりのチアダンス部。チアダンスの楽しさにも彩乃以外は気付けないままでした。しかし彩乃がみんなに教えることで、みんなはチアダンスの楽しさに目覚め始めます。

一曲通して初めて踊った時には言いようのない達成感にみんなは包まれました。しかし目標は全米制覇です。こんなことで満足するわけには行きません。

次から次へと壁が立ちはだかりますが、メンバーは助け合い、薫子も一緒になってお互いにぶつかり合いながら成長していきます。

時は流れ、ひかりは高校生活最後のチアダンスのステージを迎えます。

薫子が掲げた全米制覇の目標、必死に努力しぶつかり合いながらも壁を乗り越えてきた部員たち。それぞれの家族も巻き込みながら、ひかりたちはいよいよ本番を迎えるのでした。

 

映画『チアダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったの話~』感想・評価

結論から言います。

なんだかんだ、こういう映画っていいですよねぇ。僕はどちらかと言えばこういう映画に弱いというか・・・しっかり涙腺緩んでしまいます。個人的にですが映画の『フラガール』を思い出してしまいました。あの映画も泣いたもんなぁ。

元気をくれる映画であることは間違いないですし、暗い気持ちも吹き飛ばしてくれます。こういう青春映画って僕はやっぱり好きです(笑)邦画の恋愛映画より全然好きです。

天海祐希さんが出てくれているのも本当に嬉しかったです。天海祐希さん大好きなのですが、この映画でも天海さんのよさがすっごく出ていて、厳しい中に愛がある役は僕は天海祐希さんの他にドンピシャな人っていないと思ってしまいます。ラストのひかりを抱きしめるシーンも本当にいいんです。観ている時の感情を表現すると、笑顔で観ているんだけど涙が出てくるって感じなのです。

中条あやみさんは『ニセコイ』のイメージしか僕はなかったのですが、とってもいい女優さんですね。この映画で見直したと言いますか、別に『ニセコイ』が良くなかったわけじゃないんですが、僕の中の評価は上がりました。

そして広瀬すずさんですが、この子は本当に魅力が半端じゃないですね。演技全然ヘタだと思っていないですが、広瀬すずさんはもしも演技がド下手だったとしても、許されてしまう稀有な女優になれていたかもしれないですね。

それぐらい魅力的な女優だと思います。老若男女誰が見ても可愛いでしょうこの子は。そしてそんな可愛さに甘えることなく演技でもいろんな面を見せてくれています。

がさつというかあっけらかんとした演技もできれば、目力の強さを発揮知って意志の強さを見事に表現したり。今もとんでもなくすごい女優だと思いますが、本当に末恐ろしいですね。

余談ですが、本当にどれだけ美人姉妹なんだよって思います。。。

決して悪い意味ではなく何も考えずに観始めることができる映画ですし、元気をくれて感動もくれる映画です。ぜひ観て欲しいなと思います。こういう映画もいいじゃないか!と強く思います。

映画『チアダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』

行こっさ、アメリカ!

                           M&O

【VOD無料お試し特集 試していないVODを無料で試そう】  

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS無料お試しはこちらから  

【U-NEXT】無料お試しはこちら

Hulu無料お試しはこちら  

見放題ならdTV無料お試しはこちら

music.jp無料お試しはこちら!

FODプレミアム無料お試しはこちら

amazonプライムビデオ無料おためし

インディーズ映画専門DOKUSO映画館今すぐ31日間無料体験!