THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

TBSドラマ『リバース』あらすじ・キャスト・評価 時間を置いて観ても超面白い藤原竜也主演の湊かなえの小説ドラマ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

藤原竜也戸田恵梨香玉森裕太市原隼人小池徹平ら出演TBSドラマ『リバース』概要・キャスト

こんばんは、M&Oです。

今回は懐かしのテレビドラマ、と言ってもそんなに昔ではなく約2年前に放送されていたドラマ『リバース』について書いていきたいと思います。

なぜこのタイミングで!?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、たまたま観返したからです。それだけです(笑)M&Oのハードディスクレコーダーにはドラマ『リバース』が消せずに今でもしっかり残っているのです。

そして観始めたら止まらなくなってしまいました。確定申告しきゃなのに!!

 

ドラマ『リバース』は2017年4月からTBSで金曜日に放送されていたテレビドラマです。原作は大人気作家の湊かなえの同名小説です。

 

出演は

藤原竜也

戸田恵梨香

玉森裕太(Kiss-My-Ft2)

小池徹平

三浦貴大

市原隼人

門脇麦

堀部圭亮

YOU

山崎裕

夏菜

尾上寛之

バッファロー吾郎A

村井国夫

片平なぎさ

志賀廣太郎

武田鉄矢

他。

 

ドラマ『リバース』あらすじ(ネタバレなし)

心優しく常に謙虚な会社員深瀬和久(藤原竜也)は行きつけのコーヒーショップで出会った越智美穂子(戸田恵梨香)と恋に落ちて交際することになります。超奥手の深瀬にとって女性とお付き合いすることはかなり大きな出来事でした。

しかし心優しい深瀬には過去に旅行中に大切な友人が帰らぬ人になってしまったという過去がありました。

深瀬は3年前に浅見(玉森裕太)、広沢(小池徹平)、村井(三浦貴大)、谷原(市原隼人)と5人で村井の別荘に遊びに行っていました。

村井は妹と共に遅れて到着し、大雪に見舞われ駅まで迎えに来るように先に別荘でくつろいでいた4人に頼みました。しかし深瀬以外の3人はすでに食事中にお酒も飲んでいました。結局広沢が村井を迎えに行くこととなりますが、広沢は迎えに行く道中で事故に遭い帰らぬ人となってしまいます。4人は広沢が飲酒運転をしていたことを今まで隠し続けていました。すでに就職先が決まっていた自分たちの保身のためでした。

そんな過去を抱えている深瀬。しかし深瀬と交際を始めた美穂子の職場に『深瀬和久は人殺しだ』という手紙が届きます。これをきっかけに深瀬は3年前の出来事を美穂子に正直に話しますが、この話を聞いた美穂子は深瀬の前からいなくなってしまいます。

そしてその手紙は事件に関係したそれぞれのメンバーの職場にも、名前を本人に変えられた形で届けられます。

この事件の真相を暴こうと5人のことを調べるジャーナリスト小笠原(武田鉄矢)が深瀬を皮切りに5人と接触をしてきます。小笠原は元長野県警の刑事で広沢が亡くなったこの事件を担当していて、この事件の真相にこだわります。

たくさんの人間、そしてその人間たちの感情や葛藤、そしてそれぞれが抱えている生きるという事の背景にあるドラマ、すべてが絡み合って物語は展開していきます。

はたして手紙を出していた人物は誰なのか?

そして広沢はなぜ帰らぬ人となってしまったのか?なぜ帰らぬ人にならなければなかったのか?

そして広沢の事故を引き起こした原因に、誰もが驚愕します。

f:id:myprivatecomedy:20190219195920j:plain

ドラマ『リバース』感想・評価

このドラマはかなり盛り上がっていたので、リアルタイムで見ていた人もきっとかなり多いのではないでしょうか?

そして近年のテレビドラマの中ではM&O的にはかなり上位というかトップと言っていいぐらい楽しませてもらいました。久しぶりに観て、結末も知っているのに十分面白かったですから、すごいドラマですよ本当に。『陸王』も久しぶりに観返してもベロベロに泣きましたが(笑)

僕は原作を読まずにドラマを観て、未だに読んでいないのですが、どう考えても原作小説も面白いでしょうね。湊かなえさんってすごいや!と思うに十分なストーリーの面白さですもん。作家さんって本当にすごいですよね、ゼロの状態からこうやって物語作ってしかもそれがめちゃくちゃ面白いわけですからね、芸術家、アーティストですよね。

そしてそんな原作をドラマ化したわけですが、原作を読んでいた人も結構オーケーなドラマになっていたんじゃないでしょうか?これは僕の勝手な想像ですが(笑)

キャスト陣が本当に良かったと思います。

藤原竜也さん以外にもう深瀬は誰がやるのってなってしまうような出来上がりを見せてくれました。監督のインタビューで、撮影の初日に藤原竜也さんが歩いているシーンで、完全に歩き方が深瀬だ!と思ったそうです。しっかり仕上げてきていたんですね、さすが天才俳優のなを欲しいままにしている藤原竜也さんです。実際に深瀬のキャラクターって藤原竜也さんとはかけ離れた性格なのですが、まるで深瀬が生きているように自然に存在していました。もちろん所々で藤原竜也節は見せてくれていますが。驚く時に『・・・えっ?』っていうのが随所で観られます。僕はこの藤原竜也さんの『・・・えっ?』が大好きなんです。

市原隼人さんも玉森裕太さんも、そして三浦貴大さんもとってもハマっているし演技的にも僕はかなり好きです。三浦貴大さんは全然七光りじゃないというかしっかりした役者で僕は結構好きなんですよね。市原隼人さんは持ち前の熱さを少し内に秘めた感じの演技を見せてくれています。でもだからこそその特性をピンポイントで出した時にすごく活きていたと思います。

そして武田鉄矢さんはもう圧巻です。ドラマ『白夜行』を思い出したのは僕だけじゃないと思います(笑)武田鉄矢さんのお芝居も僕とっても好きなんですよねぇ。そんなわけで僕はこのドラマ、ストーリーもも文句なく面白いのですが、俳優陣も大満足のドラマなのです。

他の役者の方々も魅力的なこのドラマ、みなさん久しぶりに観返してみてはいかがでしょう?

もし観てない方がいたら絶対観ることを勧めます。観て損することはありませんので!!

金曜ドラマ『リバース』

僕の親友を殺したのは誰だ?

                               M&O

U-NEXT