THE ENTERTAINMENT DIARIES

エンタメブログ 経験を活かして俳優・女優・声優になりたい人向けの情報発信や美容やネットなど暮らしに役立つ情報も発信

芸能リポーターに存在意義はあるのか ワイドナショーに芸能リポーター枠はいらない

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

芸能リポーターに存在意義はあるのか ワイドナショーに芸能リポーター枠はいらない

こんにちは、M&Oです。

今回はワイドショーなどで見掛ける芸能レポーターについて書いていきたいと思います。

 

僕の大好きな番組『ワイドナショー』では芸能レポーターの人が2人替わりばんこに出演しているのですが、狛江さんと長谷川さんかな?その2人を見て毎回「いらないよな~」と思ってしまっていまして。

 

芸能ニュースを取り扱う際に一応進行のためにこの長谷川さん、狛江さんの2人に「どういうことなんですか、これは?」と東野幸治さんが質問して、それに対して「これはこの人がこうでこうなんです」的な答えをするのですが、正直有益だったことがないんです。

有益というと大げさかもしれませんが、「へー!そうなんだ!」と思う事が本当にないんです。僕はネットニュースには人並みには目を通していると思いますが、芸能ニュースを意識してじっくり見ていることはないです、そんな僕でも知っていることしか言ってないんですよね。

「ワイドナショー」は昔から大好きで観ていますが、今まで一度も「へー!そうなんだ!」ってなったことないのです。

 

そんな誰もが知っていることしか言ってないんだから、出演する必要なくない?と思ってしまうのです。

ただ東野幸治さんがMCとしてそのことを読み上げれば済む話だと思うのです。それに対して松本人志さんはじめゲストの方々が自分の感じた思いを話せば十分成立すると思うんです。

 

僕の個人的な想像ではありますが、古市憲寿さんも多分僕と同じような考えを持っているのではないかと思っていまして。

古市憲寿さんって芸能リポーターのこのお2人にめちゃくちゃ冷たいし否定的なんですよね(笑)

僕は個人的には芸能リポーターの狛江さんと長谷川さんの2人に対する古市さんの物言いはものすごくスカッとすることが多々あります。

不祥事を起こした芸能人の会見で長谷川さんが質問しているVTRが流れていた時も「どうでもいいことしか聞いていない」とバッサリ斬ったり、「これ聞いて何になるんですか?」と突っ込みまくってました。

僕も完全に同感だったので「その通り」と思っていました。大人になってからこういう芸能人の不祥事による会見での芸能レポーターの質問って不快に思う事がすごく増えてきているんですよね。

「そんなこと聞いてどうするの??」って思う事が本当に多いです。古市さんは狛江さんに対しても「あの人がこう言ってましたけど~」と何度も共演しているのに名前を知らない感じで話したりしていましたが、その場にいた東野幸治さんはじめ皆さんはが爆笑していましたが、古市さん的には「僕はあなたたちのこと認めてませんから」っていう意思表示だったのではないかと思います。

f:id:myprivatecomedy:20190116230236j:plain

存在意義を疑ってしまう芸能リポーター

そしてたまに長谷川さん、狛江さんの両人はご自身の考えや感じたことを交えながら話すときもあるのですが、見事に浅はかと言いますか、毎回ゲストの人達もその話を広げませんし失笑する感じになっています。

 

インターネットがあまり普及していない時代であれば、芸能リポーターという職業は一応成り立っていたとは思うのですが、今となっては存在意義にクエスチョンマークしか浮かびません。百歩譲って芸能記者、スクープを持ってくる人というのは、ゴシップ記事に需要がある世の中ではあると思うので存在意義はまだわかるのですが(なくなっても誰も困らない職業ではあると思っていますが)、芸能リポーターって他人が取ってきた情報を言うだけならば、それはもう誰が言ってもいいですよね。

しかもプロとしてギャラをもらって出演して話しているはずなのに「聞いた話では~」とか「~と言っていたそうです」とか、自分が何の責任も負っていない言い方が僕は腑に落ちないというか、少しですが腹立たしくもあります。

そん信憑性がない言い方されたら、本当にいる意味ないじゃん!って思ってしまうのです。

 

意外なのは松本人志さんがこういう芸能リポーターに寛容というか、そこまで突っ込まないのがちょっと意外です。

芸能記者兼リポーターということであればまだわかるのですが、報告するだけなら本当にMCの人やアナウンサーが喋ればいいじゃん!って思います。

だって「文春が言うには~」とかも平気で言いますからね、普通に考えたらありえなくないですか??誰でもすぐにできる仕事としか思えないのですが。

ただ昔から芸能リポーターになりたくてなっている人もいると思うので(いるのか?)、職業として存在しているなら僕にそれを否定する権利はないこともわかってはいるのですが、せめて『ワイドナショー』にはその枠は無くしてほしいなぁと思ってしまいます。

だって観ている人にはわかると思いますが、犬塚弁護士は法律的にはどうなんだ?ってなった時に質問されて活躍していて、前園さんもサッカーの話題とかスポーツ関係の時に活躍するし(笑いの部分でも大活躍していますが笑)、ワイドナ女子高生もその世代としての意見を代表して話していて、十分活躍していると思うんです。

芸能リポーターの2人より10代のワイドナ女子高生の方がよっぽど存在意義があると思いますもん!!

それぞれ思うところはたくさんあると思うのですが、思っていることを吐き出させて頂きました。だって、いらないでしょうって思ってしまうんですもん・・・。

                          M&O

誰の味方でもありません (新潮新書)

誰の味方でもありません (新潮新書)

  • 作者:古市 憲寿
  • 発売日: 2019/04/16
  • メディア: 新書
 

【VOD無料お試し特集 試していないVODを無料で試そう】

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS無料お試しはこちらから

U-NEXT】無料お試しはこちら

Hulu無料お試しはこちら

見放題ならdTV無料お試しはこちら

music.jp無料お試しはこちら!

FODプレミアム無料お試しはこちら

amazonプライムビデオ無料おためし

インディーズ映画専門DOKUSO映画館今すぐ31日間無料体験!