THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

絶対観るべき映画『16ブロック』あらすじ・キャスト・評価 ブルースウィリス主演の隠れた名作映画

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

映画『16ブロック』概要・キャスト

こんばんは、M&Oです。

今回のM&O絶対観るべき映画シリーズは『16ブロック』です。

ブルースウィリス主演のこちらの映画、残念ながらそこまで知られている映画ではないと思いますが、この映画すごくいいんです。観ていない方々には是非知って欲しい、観て欲しい映画です。

それではさっそく映画紹介させて頂きます。

 

映画『16ブロック』は2006年に日本公開されたアメリカ映画です。

上映時間は101分。

 

監督はリチャードドナー監督。

 

出演は

ジャック・モーズリー・・・ブルース・ウィリス

エディ・バンカー・・・モス・デフ

フランク・ニュージェント・・・デヴィッド・モース

ダイアン・モーズリー・・・ジェナ・スターン

ダン・グルーバー・・・ケイシー・サンダー

ジミー・マルヴィー・・・シルク・コザート

ロバート・トレース・・・デヴィッド・ザヤス

オルティズ・・・コンラッド・プラ

マイク・シーハン・・・ピーター・マクロビー

他。

f:id:myprivatecomedy:20190210120539j:plain

 

映画『16ブロック』あらすじ 

ジャック・モーズリー(ブルースウィリス)はニューヨーク市警の刑事です。勤務態度はお世辞にもいいとは言えずお酒を飲むことがやめられない問題刑事です。

ある日ジャックが夜勤を終えて帰ろうとしているところを、上司に呼び止められます。状況が変わって仕事を頼みたいという事でした。仕事内容はニューヨーク市警から裁判所まで証人として出廷予定のエディ・バンカー(モス・デフ)を送り届けてくれのことでした。その距離はわずか16ブロックでした。ジャックは文句を言いながらもエディを車に乗せて裁判所へ向かいます。

エディが証言する予定になっている裁判はニューヨーク市警の内部の汚職事件に関する裁判でした。

ジャックは裁判所に行く途中で、お酒が欲しくなり車を停め酒屋へと行ってしまいます。ジャックが目を離した隙にエディが何者かに命を狙われ、駆け付けたジャックはエディを襲った男に発砲し息の根を止めます。

ジャックは非常事態だとすぐにニューヨーク市警に連絡します。応援が駆け付けますが、フランク・ニュージェント(デヴィッド・モース)ら現場に駆け付けた刑事たちは、エディに証言をされては困る汚職刑事たちでした。

闇を感じたジャックはエディを連れて逃げだします。汚職に関わっていた刑事たちは2人の行方を追いかけます。なんと汚職には上司も関わっていました。

逃走の最中、ジャックとエディは追い詰められ、2人とも銃で撃たれてしまいます。特にエディは撃たれたことで重傷を負ってしまいます。なんとかエディを救おうと、無事に逃げさせようとするジャックですが、エディもジャックを置いて逃げることを拒んでいます。いつのまにか2人には友情が芽生えていました。

エディには妹がいて、シカゴに住んでいる妹の元へ行き、ケーキ屋を開くことが夢だとジャックに話します。これに対しジャックは、自分も汚職に関わっていたことをエディに打ち明けます。ジャックは自分の罪を認め、自分がエディの代わりに証言をすることをエディに約束します。説得されたエディはジャックを残し現場から脱出しました。

裁判所に到着したジャックは、再び命の危険に晒されますが、汚職事件を明るみに出すことに成功します。

汚職事件に関わっていたジャックも逮捕となり服役となりました。

2年の刑期を終えたジャック。ジャックの妹ダイアンの元に、エディからケーキが送られてきました。

中には夢を叶えてオープンしたケーキ屋の前で撮ったエディの写真が入っていました。

ケーキ屋の名前は『エディ&ジャックズ』でした。。。

 

映画『16ブロック』感想・評価

アクション映画とカテゴライズされる映画なのだと思うのですが、確かにアクション映画なのですが、めちゃくちゃ心あたたまる映画です。

心温まると同時にすごく前向きになる映画というか、俺も頑張ろう!!と思える映画なんです。ラストは僕は普通に泣いてしまいます。

映画の中でエディが、トラブルに見舞われる度に、危険に晒される度に「いい兆しだ、これはいい兆しだよな」と自分に言い聞かせるように言うのですが、僕はこの言葉がとっても大好きになっています。人生においてすごく大切な事だと思うんです。何があってもそう思う事を心がけようとこの映画から学ばせて頂きました。

ブルースウィリスもまたいい感じに演じてくれていて、枯れた刑事感がリアルでエディに対する思い、エディから受けた影響なども繊細に表現してくれていて、お芝居的にも見応えたっぷりなのです。

エディを演じたモス・デフが魅力的過ぎるので、そこにも注目して観て頂きたいです。

汚職刑事たちもいい味出しています。わかりやすい悪役感はしますが、この映画に関してはそれでいいと思います(笑)

この映画が有名か有名じゃないのかがいまいち僕はわかっていないのですが、知らなった人やまだ観たことない人には是非観て頂きたい映画です!!

 

映画『16ブロック』

わずか16ブロック先に証人を輸送する。それは簡単な任務のはずだった。

                          M&O