THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

俳優やタレントは所属している芸能事務所に足を運ぶもの? 小さい芸能事務の規模はどんな感じ?

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

俳優やタレントは所属事務所に顔を出すもの?

おはようございます、M&Oです。

今回はM&Oの質問コーナーに寄せられたご質問にお答えさせて頂きます!

ご質問ありがとうございます!これから芸能界を目指そうとしている人たちもこのブログを読んでくださっているみたいで、とっても嬉しいです!

これからも皆さんに楽しんで頂けることはもちろん、そういった人たちに役に立つブログを目指していきたいと思います!

www.myprivatecomedy.net

 

今回のご質問はhatihattiさんから頂きました。ご質問ありがとうございます!

『事務所には仕事がある時間にだけ行くのですか?ない日でも遊びに行っている俳優さんもいるのでしょうか?
小さい事務所だとどのくらいの規模なんでしょうか…新人だとマネージャーさんはつかないとか、共有だったりするのでしょうか?どうぞよろしくお願いいたします!』

というご質問を頂きました。こちらこそよろしくお願いします!

 

それでは僕なるにお答えさせて頂きます。

 

まず俳優やタレントが事務所には行くのかという事ですが、これは人によります。ただ売れているか売れていないかも大きく関わってきます。

新人俳優はかなり行くと思います。仕事がなくてもというか最初は仕事がなかなかない状態が続くと思いますので、仕事がない状態でも事務所には行きます。理由としては、俳優というのは基本的にマネージャーが売り込んでくれるものだからです。売り込んでもらうには自分を知ってもらう必要がありますよね。マネージャーがプロフィールを持っていった時に、『この子はこういうところがあってこういう子なんです』と話せないと話にならないわけです。営業マンが扱っている商品を知らずに売り込むことはできないのと同じです。俳優やタレントは事務所にとっては商品なので。

なので事務所に行って担当マネージャーとコミュニケーションをとることはとっても大切です。自分のために行く感じです。僕自身大学生の時に事務所に入って、今思えばだいぶ事務所に行っていた気がします。担当は女性マネージャーでしたが、いろいろ話して自分の好きな映画とか俳優とかの話をしたり、意識が低いといっぱい怒られもしましたし、コミュニケーション取ったおかげで得られるものはたくさんありました。一緒に食事に行くなんてこともたくさんありました。お互い事務所移籍してはるか昔に離れ離れになっていますが、今でも連絡取るぐらいの関係です(笑)初めてのマネージャーだったという事で僕にとってやはり特別だったと思います。もちろん今でも感謝しています。

あと、事務所のマネージャーって俳優一人につき一人ってことはめっちゃ売れてないとありえないので、何人か担当として受け持っています。マネージャーも人間です。可愛いと思う役者のために頑張りたいと思ってもなんら不思議ではありません。もしくは誰よりも頑張っている子に仕事を取ってあげたいと思いますよね。そういった意味でも新人の頃は事務所には行った方がいいと思います。コミュニケーションは取って損なことはありませんので。

ただ新人じゃなくなると、これはもう本当に人によります。僕は事務所移籍してからは、その頃は芸歴もそれなりについてきていたので事務所には全然行きませんでした(笑)事務所に行く時間あったら映画観る!という考えだったので(笑)でも仕事が増えてくれば台本取りに行ったりしなきゃいけないので、結局行く機会はあるんですけどね。『郵送してくれないかな』ぐらいに思ってましたけど(笑)でもマネージャーと会うのも喫茶店とかも多かったです。なので僕は新人時代以外は事務所には足を運ばない派でした。いいのかどうかはかりませんが。でも周りの仕事ある役者も事務所に遊びに行ったりはしてなかった気がします。必要な時は行くけどって感じだったと思います。すごい売れている人は打ち合わせがあったり、サインするものが溜まっててサインしに行ったりとかもあると思いますが。

f:id:myprivatecomedy:20190207011624j:plain

芸能事務所、小さい事務所の規模は具体的にどれぐらい??

これも様々ですが、一人でやられている人もいるぐらいです。社長とマネージャー兼任の形で。事務所によっては社長と経理の人とマネージャー2人ぐらいっていう事務所もあります。というかこれぐらいの事務所はかなり多いと思います。あと芸能事務所の手練と募集とか紹介でオーディション雑誌に載っている情報のスタッフ数っていうのは結構さば読んでることが多いです(笑)実際は5人ぐらいしかいないのに10人って書いていたり。社外スタッフとかなのかもしれませんが。

僕は所属タレントの人数だけは事務所を選ぶ時に気を付けていました。あまり多いところは避けていました。スタッフが少ないのにそんなに大人数見れないだろうと思っていたので。

マネージャーが共有かという事については、共有です。俳優一人にマネージャー一人というのは相当なレベルにならないと難しいと思います。単純に考えてその俳優一人で自分の生活費はもちろん、担当マネージャーの人件費以上の売り上げを上げなければいけないということですからね。オーディションも現場も一人で行くのが普通と思っていた方がいいと思います。かなり売れている人でも俳優だと撮影現場に一人で来ている人は多いです、皆さん自分で車運転して現場に来ています。マネージャーが常についている人ももちろんいらっしゃいますが。

規模が小さいとマネージャーがちゃんといる事務所でも、社長の担当になる場合もあります。僕も社長担当の時ありました。特に何が変わるという事もありませんでしたが(笑)

一人のマネージャーにつき3~5人のところもあれば、何十人も担当しているなんてこともあるようです。僕はそんな大所帯のところは経験ありませんが、どうやってやっているんですかね。。。大手事務所になるとチーフマネージャー、現場マネージャーといろいろと役割があるようです。僕は大手事務所にいたことはなくて・・・詳しいことわからずでごめんなさい。

 

今回のお答えはこんな感じになります。少しでもお役に立てたら嬉しいです!そしてこれからもお気軽にご質問くださいね!

                        M&O