THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

絶対観るべき映画『シークレットウィンドウ』あらすじ・キャスト・評価 スティーヴンキング×ジョニーデップの珠玉のサスペンス映画

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

映画『シークレットウィンドウ』概要・キャスト

こんばんは、M&Oです。

今回のM&Oの絶対観るべき映画シリーズは『シークレットウィンドウ』です。

ジョニーデップの主演作品ですが、僕はジョニーデップは昔から大好きな俳優で、『パイレーツオブカリビアン』に出演して人気が爆発して以降なんだか寂しさを感じているタイプなのですが、ジョニーデップの若い頃からの出演作を入れてもこの『シークレットウィンドウ』はかなり上位に食い込んでくる映画です。『ギルバートグレイプ』も大好きですけど。

せっかくなので映画『ギルバートグレイプ』のレビューを貼らせて頂きます。

www.myprivatecomedy.net

 

そんなお気に入り映画『シークレットウィンドウ』を久しぶりに観返しましたのでレビューさせて頂きます。

 

映画『シークレットウィンドウ』は2004年に日本公開されたアメリカ映画です。

上映時間は96分。

原作は超人気作家のスティーブンキングの『秘密の窓、秘密の庭』です。

 

監督はデヴィッド・コープ監督

 

出演は

モート・レイニー・・・ジョニー・デップ

ジョン・シューター・・・ジョン・タトゥーロ

エイミー・レイニー・・・マリア・ベロ

テッド・ミルナー・・・ティモシー・ハットン

ケン・カーシュ・・・チャールズ・S・ダットン

トム・グリンリーフ・・・ジョン・ダンヒル

カービー夫人・・・ジョーン・ヘンニー

保安官・・・レン・キャリオー

他。

f:id:myprivatecomedy:20190206152550j:plain

 

映画『シークレットウィンドウ』あらすじ

売れっ子作家のモートレイニー(ジョニーデップ)は執筆活動においてスランプに陥っていました。

レイニーは妻との別居、そして離婚協議中という事で、精神的にいい状態とは言えない状態で、それが執筆活動にも影響を及ぼしていました。

そんなレイニーの元に、突然一人の男が現れます。

男はジョンシューター(ジョンタトゥーロ)と名乗り、『レイニーが自分の小説を盗んだ。レイニーが盗作した』と言ってきました。

レイニーは盗作など身に覚えがありません。バカを言うなと相手にせずに追い返すレイニーでしたが、これで事は済みませんでした。

シューターが置いていった小説は確かにレイニーが過去に書いた小説でしたが、結末がレイニーが書いたものとは変わっていました。

気になったレイニーは探偵に頼んで謎の男シューターを調べるように依頼しますが、レイニーの周囲では連続して不可解な恐ろしい事件が起こります。

愛犬の命を奪われ、レイニーと妻が暮らしていた家は放火され、レイニーの周囲の人間も無残にも命を奪われてしまいます。

レイニーの離婚協議中の妻にはすでに新しい男がいて、レイニーはその男を疑います。離婚届にサインしない自分への嫌がらせではないかと思ったのです。

その後も度々謎の男シューターはレイニーの元を訪ねてきます。『お前は俺の書いた結末をめちゃくちゃにした』とレイニーに詰め寄るシューター。

困惑するレイニーでしたが、徐々に現実がわかり始めます。

 

レイニーが対峙していたシューターという男はこの世に存在していなかったのです。

シューターは精神を病んだレイニーが妄想で作り上げた架空の人物だったのです。レイニーのもう一つの人格だったのです。

レイニーの周囲で起こっている恐ろしい出来事は、すべてシューターというレイニーのもう一つの人格、つまりレイニー自身が行なっていたのです。

 

そんなことは何も知らずに妻が離婚届にサインをもらおうとレイニーの元を訪ねます。そして心配して後を追って来ていた妻の新しい男もレイニーの家へやってきますが、レイニーは2人の命をも奪ってしまいます。そして2人を自宅の庭へ埋めてしまうのでした。シューターが書いた小説のラストと同じように・・・。

 

時は経ち、レイニーはスッキリした雰囲気を身にまとい街のスーパーで買い物を楽しみます。歯の矯正を始めメガネも新しいものに変わっています。レイニーを見掛けた街の人達はおびえた様子でレイニーを避けています。

レイニーの自宅に保安官が訪れ、みんなが怯えるから街には来ないでくれと告げます。そして事実はわかっている、証拠がないから君を逮捕できないだけだ、でも必ず逮捕すると言葉を残し、保安官はレイニーの前から去ります。

そんな保安官を見送り、レイニーは勢いよく用意した茹でたトウモロコシにかぶりつくのでした。

 

映画『シークレットウィンドウ』感想・評価

さすがスティーブンキングといった手に汗握るストーリー展開になっています。映画の尺的にも決して長くないので、二転三転していって『マジかよ!』となる驚きや怖さのストーリーというよりかは、観ていてじわじわと恐怖に襲われると言った方が正しいかもしれません。

 

ちなみに僕は初見の時はオチには気付かずで、映画の中で種明かしをされるまで全然わかりませんでした。それが僕の長所だと思っています(笑)ただ僕の周りの人達は比較的早い段階でオチに気づいていたので、そういったどんでん返しを狙った作りではないと思います。僕は他の映画でもオチとか気付かないタイプなので。その分楽しめるんですけどね!(笑)

そしてこの映画のジョニーデップですが、個人的にビジュアルがめちゃくちゃカッコいいという印象です。

僕今使っているメガネはこの映画のジョニーデップを意識して買ったメガネですから!御察しの通りかけてもまったくジョニーデップにはなりませんが(笑)

髪型すらも真似たくなるカッコよさなんですよね。ビジュアルだけで言えば、僕はこの映画のジョニーデップが歴代トップなぐらいとっても好きです。

ストーリーも面白いですし、テイストもいいですしジョニーデップもカッコいいので、観て損することは絶対ない映画です。

というか絶対観て欲しいです。僕はオチもわかっている状態で久しぶりに観ましたが、十分楽しめました!

 

映画『シークレットウィンドウ』

 なぜ追われる、なぜ終われない。

                           M&O