THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

絶対観るべき映画『セトウツミ』あらすじ・キャスト・評価 菅田将暉と池松壮亮主演の良質で異色なエンタメ映画

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

映画『セトウツミ』概要・キャスト

こんばんは、M&Oです。

今回のM&Oの絶対観るべき映画シリーズは『セトウツミ』です。

菅田将暉くんと池松壮亮くん主演のマンガ原作の映画化で、結構話題になっていた作品なのでご存知の人も多いのではないでしょうか。

僕は気になりつつも手を出せずにいた映画ったのですが、先日やっと観まして。なるほどといった感じで予想よりもだいぶ面白い作品でした。それでは映画紹介です。

 

映画『セトウツミ』は2016年に公開された日本映画です。

上映時間は75分。短いですね~!でもとても程よい長さなんです。

原作は此元和津也の同名漫画です。

 

監督は大森立嗣監督。

 

出演は

内海想・・・池松壮亮

瀬戸小吉・・・菅田将暉

樫村一期・・・中条あやみ

成山・・・成田瑛基

堤・・・岡本天音

バルーンさん・・・宇野祥平

他。

f:id:myprivatecomedy:20190205202322j:plain

 

映画『セトウツミ』あらすじ

高校の同級生の瀬戸と内海が、放課後に一時間他愛のない、しかし面白く、深くもあり浅くもある話を日課のようにしている風景を切り取った映画です。

2人は高校2年生、クラスは違うのですが、いつからか放課後に内海が塾に行くまでの1時間半を2人で話しながら暇つぶしをすることが日課になっていました。

内海曰く、『お互いの利害関係が一致しただけ。俺は塾までの時間つぶし、瀬戸は放課後の退屈潰し』ということで生まれて続いている時間です。

髪形も派手目にセットしている瀬戸は見たままの自由な感情を表に出す性格で、一方の内海はおとなしい印象を与える風貌をしていて、実際に性格もクールで物事を考える時にも感情を優先にしない性格です。塾に通っているだけあって勉強もできる内海。

そんな一見馬が合わなそうな2人ですがやたらと話が合うというか、話が尽きません。瀬戸も内海もこの2人ですごす一時間半を楽しんでいました。

そして2人の会話は大阪の高校生ということもあってか、抜群の間と言葉のチョイスやニュアンスで自然に面白いものとなっているのです。

季節が変わっても、2人は制服の衣替えこそしているもののやることは変わっていません。

そしてそんな2人に先輩のヤンキーが絡んだり、瀬戸が想いを寄せる樫村(中条あやみ)が絡んだりと展開していきます。

・・・・・・・・・・。

いつも僕の映画紹介ってあらすじがかなりの文字数になっているのですが、今回の映画『セトウツミ』に関してはこれぐらいになってしまいます。なってしまいますというか、これぐらいの方がいいと思います。観たばっかりだしセリフも蹴校覚えているので詳しく書くことも全然可能なのですが、文字にするとつまらなく感じてしまうのではないかと危惧してしまいます。

映画自体僕はとても面白いと思いましたので、変にセリフや掛け合いを文字にすることによってつまらなく思う人がいると映画に申し訳ないので、今回はあまり書かない方がいいかなと・・・。

だったらストーリーを書きなさいよ!と思われると思いますが、そんなに色んなことや大したこと起こらないんですこの映画。でも誤解しないで下さい、それでも面白いですから。詳しくは感想で書きますが。

今回の『セトウツミ』のあらすじに関しては、こんな感じになってしまいます。決して手抜きしているわけじゃないんです(笑)逆にこの映画への愛だと思って頂けたら幸いです。

 

映画『セトウツミ』感想・評価

高校生の設定ということでこの年代の俳優を使わなければならない制約の中、池松壮亮君と菅田将暉君を起用したのはとっても大成功だったと思います。

この2人だからこの映画ここまで面白いものになったのだと思います。それぐらい映画を観ていて『2人とも上手いなぁ~』としみじみ思っていました。というかまず俳優のレベルがサッカーと一緒で、若い世代からどんどん上がってきている気がします。サッカーみたいに指導方法が変わったとかそういうわけではもちろんないのでしょうが、昔みたいにルックスが良ければ重宝されるということがなくなってきたせいで、しっかり演技ができないとという活動方針を事務所も取っているのかなと思います。役者の将来を考えて仕事を選んでいるというか。

池松壮亮君も菅田将暉君も元々僕は上手いと思っている俳優でしたが、相変わらずの実力をしっかり発揮してこの映画を成立させてくれています。

この『セトウツミ』という映画、かなり演じる俳優を選ぶ作品だと思います。今の若い子って基本的に演技上手い子が多いからなんとなく喋っている風景としてはこなせる子も多いとは思いますが、この2人は間であったり言い方であったり、何よりキャラクターとしてしっかり生きている感じがするので、ほとんどシチュエーションの変わらない作品でも飽きずに観れるのだと思います。

もちろんセリフ自体も面白くて、原作を読んだことはないのですが、原作もきっと面白いんだろうなと思いましたし、脚本もとてもいいのだと思います。そしてその原作と脚本の良さをスポイルすることなく、むしろより上げる形で2人が演じてくれていると感じました。2人もしっかり魅力的なキャラクターでしたから。

個人的に細かいことを言うと、2人の会話に関して僕が特にすごいなと感じたのは、2人の会話の『喋り出し』が特に上手いと思いました。実はこれってかなり難しいんですよね。いきなりそのテーマの話を切り出すわけですから、いかに自然に見せられるかっていうのは役者の見せどころでもあると思います。今思いついたことを喋り出したのか、そのことについて喋ろうと昼間から思っていて切り出したのか、他にもいろいろなケースがあるわけです。そういった部分もすべて自然で『うわ~こんな若いのにこんな上手いんだ~』って昔の自分と比べてちょっと泣きそうになりました(笑)実際はめちゃくちゃ監督からNGくらって何テイクもやっているかもしれないしわからないですけどね。でもこの2人はサクサク撮影が進んでいそうで怖いです(笑)

日本映画が感動を誘ったりCGを多用した作品が多い中で、こういう映画とってもいいなって思いました。本心で良質なものを観させてもらったと思っています。

まだご覧になっていない人は是非観て欲しいです!

映画『セトウツミ』

『喋る』だけの青春

                               M&O