THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

絶対観るべき映画『七つの会議』あらすじ(ネタバレなし)・キャスト・評価 間違いなく面白い映画だが池井戸作品の同窓会ようなキャスティングに疑問

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

映画『七つの会議』概要・キャスト

こんばんは、M&Oです。

今回のM&Oの絶対観るべき映画シリーズは『七つの会議』です。

公開してまだ間もない作品なので、ネタバレなしで書いていきたいと思います。

結構お客さんの入りもいいみたいですね!『七つの会議』。予告観て僕自身すごく楽しみにしていたので、ハードルもなかなかに上がっている作品だと思います。

そして映画『七つの会議』ですが、もうその豪華キャストに驚かされるわけですが、さらにこれまでドラマで池井戸潤作品に出演していた役者たちも出てきたりとまるで同窓会のような形になっています。これが吉と出るか凶と出るかは観る人によるだろうなぁとは思いますが。かなりの有名俳優のちょっとの出演も多いです。超贅沢です(笑)

僕はとっても楽しく観られた映画でした!感想と評価は後ほど詳しく。

 

映画『七つの会議』は2019年に公開の日本映画です。

上映時間は119分。

原作は池井戸潤の同名小説です。

 

監督は福澤克雄監督。

出演は

野村萬斎

香川照之

及川光博

片岡愛之助

音尾琢真

藤森慎吾

朝倉あき

岡田浩暉

木下ほうか

吉田羊

土屋太鳳

小泉孝太郎

溝端淳平

春風亭昇太

立川談春

勝村政信

世良公則

鹿賀丈史

橋爪功

北大路欣也

他。

f:id:myprivatecomedy:20190203204127j:plain

 

映画『七つの会議』あらすじ(ネタバレなし)

八角民夫(野村萬斎)は中堅メーカーの東京建電の営業一課に所属し、元々は有能でトップセールスマンとして活躍していた八角でしたが、ある時を境に営業成績は最低のE判定を取るようになり、今に至るまで仕事にやる気を見せることはなく、「居眠り八角」として他の社員に有名になるほどのぐうたら社員です。

東京建電の営業部は営業部長の北川(香川照之)の厳しい指導の元、常に厳しいノルマを課せられ苦しんでいました。なかでも営業二課は目標を達成することがまったくできず、何か月もノルマ未達成を続けていて、営業二課長の原島(及川光博)は会議中に嘔吐してしまうほどのプレッシャーを北川からかけられていました。

そんな営業二課に対し、常にノルマを達成し目標の数値も大幅に上回る成績を出している営業一課。営業一課長はトップセールスマンでもある坂戸(片岡愛之助)です。

この営業一課にはいねむり八角も所属しています。会議中に北川の怒号が響き渡る中いびきをかいて眠る八角ですが、北川はなぜか居眠りをしている八角を叱責しません。鬼の北川に居眠りを見過ごしてもらえている八角原島は違和感を覚えます。なぜ北川が八角に甘いのか・・・原島は疑問を持ちます。

しかし北川と違い営業一課長の坂戸はそんな八角を許しません。しかも八角は有給の希望を出したりと坂戸を刺激します。坂戸は他の大勢の社員が見ている前で八角を叱責します。これに対し八角

『俺は深く傷ついた。この落とし前はきっちりつけてもらうぜ。パワハラで訴えてやる。』と坂戸に言い放ちます。

この八角のセリフを聞き、営業部のメンバーたちは爆笑します。

八角のそんな訴えを会社が聞くわけないと誰もが思っていました。坂戸はトップセールスマンであり北川からも厚い信頼を得ている人間です。万が一パワハラで訴えられたとしても、北川が守るだろうと誰もが思っていました。

しかし、なんと坂戸には異動処分が下されます。誰もが予想外の出来事に驚愕しました。なぜ?一体何が起きているんだ?そんな疑問が渦巻く中、坂戸の後を継いで営業一課長に抜擢されたのは、営業二課長としてまるで結果を出せていなかった原島でした。

八角・北川・原島・坂戸、そこに様々な社員が絡んできて、それぞれのドラマと共に少しずつ明かるみになっていく驚愕の真実。

正義とは何なのか。そして正義に気付く個人個人のドラマ、思いがけない展開に驚きつつも胸が熱くなります。

 

映画『七つの会議』感想・評価

ネタバレなしなのであっさりしたあらすじ紹介になってしまいました。

僕は原作を読んでいないので、ストーリーかなり楽しめました。そして伏線も張られていて後で『あ~!!』と感動することもできました。

原作を読んでいない人は、そのままストーリーの情報を入れずに映画を観ることをお勧めします。僕は前情報なしで観て本当に面白かったので。

しかし上映時間が119分というのが僕としてはちょっと不安で、もうちょっと長くても全然観れる映画だと思うし、もっと長ければもっといい感じに描けた部分もあるのではと思いました。後半がかなり駆け足に感じたので。

そしてキャストの皆さんですが、もう豪華で本当に言うことなしでお腹いっぱいといった感じだったのですが、このワンシーンのためにこの人が!?って俳優が多数います(笑)そして過去に池井戸潤作品に出演していたメンバーが同窓会のように出てくるので、すべて観てるよって人はかなり楽しめるのではないでしょうか?半沢直樹の小木曾も出てきますからね(笑)

ただもちろんキャラクター・役柄は今までと違いますので、そこを引っ張ってしまうと見づらくなってしまうのでは?とも思います。ホントに半沢直樹のキャストがめっちゃ出てくるんですよ(笑)いい効果もあるけど悪い効果もあるかなぁって思います。

メインの野村萬斎さんはもちろん素晴らしく、見応えあるし萬斎さんにしかできない芝居をしっかり見せてくれているといった感じです。僕は野村萬斎さん好きなので大満足でしたが、萬斎さんの芝居が苦手に思う人もいるだろうなぁとも思います。姿勢がいい!(笑)

香川照之さんも思わず笑っちゃうシーンもあるのですが、後半はどんなに顔がすごいことになろうと全然笑えませんでした。それぐらい魅入ってしまいましたし、ストーリーも良かったんです。ただ笑わせてくれるところは大いに僕は笑いました(笑)

そして最後に、、、これだけは問題ないと思うから書いちゃいます。

やっぱり役所広司さん最高です!!!!本当に上手いと思うし、なぜか役所広司さんみると落ち着くのです。。。

 

絶対観て損はない映画です!ぜひ。

映画『七つの会議』

正義を、語れ。

                         M&O