THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

演技のコツとは??俳優を始める人に伝えたい事 質問コーナーのお答え

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

初めて演技をする人に伝えたい事

こんばんは、M&Oです。

今回はご質問を頂きましたので、ご質問にお答えさせて頂きます。

www.myprivatecomedy.net

 

今回のご質問は

『演技のコツなどがあれば知りたいです』というご質問です。ご質問ありがとうございます!

それでは、お答えしていきます!

演技のコツというのは、もちろん一言でいうのは難しく、難しいというか不可能です。経験がもたらすものでももちろんあったりするので、やっていくうちに自分で実感してものにしていくものだと思います。

ということは演技のコツというものは確実に存在するという事です。僕自身これまで演技のコツというものについて考えたことはなかったのですが、今回ご質問頂いて「言われてみると演技のコツって知らず知らずのうちにものにしていたんだなぁ」と思いました。

オーディションはほとんどの場合、寸前で台本の抜粋を渡されて演じるわけですが、この時とかは特に演技のコツを掴んでいるかどうかが大きく出ると思います。

ただもちろん演技とコツというのはケースバイケースで無数に存在するものですし、前の現場では通用したけど、次の現場では通用しなかったなんてことも全然あるわけです。なのでこればっかりは文字で伝えることは不可能かなと思いますし、実践を積んでいくしかないと思います。

 

そして今回は、まさにこれから演技を学ぼうといった感じの方のご質問なので、そういった際に僕が思うコツというか大切なことについて書いていきたいと思います。

その前に一番僕が願うのは、ちゃんとしたいい講師の人に出会ってほしいなぁという事です。当たり前ですが一番最初に出会って教わったことがその人にとっての普通になってしまうわけですので、最初に教わる人というのはかなり重要だと僕は思います。ただどんな講師がいいのかというのもはじめは絶対わからないと思うので、非常に難しいですよね。こればっかりは僕も質問者さんがいい講師の人と出会う事を願う事しかできません。いい講師の方と出会えますように・・・。

 

それでは僕にできるアドバイスですが、

まず『絶対にうまく演じようと思わないこと』です。最初なんだからできるわけないのです。恥をかいてナンボぐらいの気持ちでいた方が絶対いいお芝居ができると思います。というか現場でバンバン演じている役者たちも『上手く演じよう』なんてまったく思っていませんので。始めたばっかりの時は上手く見せる事を目指してしまったりしがちなのですが、そうすると非常に型にハマった演技になってしまうがほとんどで、個性も出なければ面白さもまったくない演技になってしまいます。そしてそれを繰り返しているとその演技から抜け出すのがまた困難になってしまったりするので、『上手く演じよう』とは本当に思わずにチャレンジしてほしいなと思います。

 

そして基礎をどこまでしっかりやるレッスンになるかはわかりませんが、絶対に基礎を疎かにしてはいけないと思います。滑舌や発声もやるかもしれませんが、ぜひこれは一生懸命にやってください。映像系の役者になりたくて舞台俳優目指してないから発声とかはいいやと思わない方がいいと思います。確かに映像の現場でお腹から声を出して、声を張って喋るなどは使う事は滅多にありませんが、訓練をしているかどうかというのは映像であろうとすぐにわかります。訓練していないと必要なときに自然な感じで声が操れません。『家売るオンナの逆襲』の北川景子さんがいい例です。もちろん悪い方の例です。やりたいキャラクターはわかるのですが、喋りがナチュラルにどうしてもならないのは、こういった鍛錬をしてきてないからだと思います。なのでこういった基礎はバカにすることなくしっかりやっておいた方が後々自分が得するので真摯に臨んでほしいなと思います!これもちゃんとした講師の人に教わって欲しいので、そこは余計なお世話と思いつつ心配ですが・・・。

 

そして何より大切なことはもちろん『楽しむこと』ことです。

f:id:myprivatecomedy:20190130212831j:plain

意外と忘れがちな『楽しむこと』

演技をして生きていきたいと思っているなら、まず楽しまないと絶対厳しいと思います。楽しくないのに続けるのには役者は結構な酷な職業です。何よりも演じることが好きぐらいの気持ちの人達が集まっているので。もちろん役者になりたいと思ったきっかけなどはなんでもいいと思うのですが、演じることが楽しいと万が一感じられないようならなるべく早くやめた方がいいと思います。きっと楽しいと感じられるのではないかと僕は思いますが。

そして気を付けて欲しいのは『しっかりやらなきゃ』とか『ちゃんとやらなきゃ』とか『みんな見てるからいいところ見せなきゃ』などの強迫観念に捉われないでください。そもそもそんな風に思う必要ないですし、ただ楽しんで演じればいいのです。大好きな演技ができる!サイコー!ぐらいに思えたら、オーディションもバンバン受かると思います。最初にも書きましたが『うまくやらなきゃ!』なんて思ったら絶対楽しめないしいいお芝居もできません。僕自身が役者を始めた頃にこういう考えを持ってしまっていたので、同じ思いはしてほしくないと思うのです。楽しむことを考えてからの方が実際オーディションも受かるようになりましたから。

 

周りから見ると大変な事もこれからたくさんあると思いますが、自分で選んだ道ならば大変とは思わないはず!楽しいこともきっとたくさん待っています。なんでも楽しむ気持ちで頑張ってください!!

                              M&O