THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

アルバイト先にいる舞台俳優の「チケット買ってくれ」は迷惑 舞台俳優は売るのに必死??

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

舞台俳優にはチケットノルマが存在する

こんばんは、M&Oです。

今回は経験したことがある人も多いのではないかと思うのですが、舞台俳優の知り合いがチケットを買ってくれないかと頼んでくることについて書いていきたいと思います。

アルバイト経験がある人で、従業員の人数が多いアルバイト先などで働いたことがある方は特に舞台俳優の従業員がいて「チケット買ってくれ!」と頼まれた経験がおありなのではないでしょうか。もちろんそれ以外に知り合いで舞台俳優がいる人も経験がおありなのではと思います。

 

ご存知の人も多いと思いますが、舞台俳優はチケットノルマを課せられていることが多く、チケットが売れなければ自腹で清算しなくてはなりません。例えばチケット50枚のノルマを課せられていたとしたら、30枚しか売れなかったら20枚分を自腹で買い取らなければなりません。3000円のチケットだと6万円という金額を自腹で支払わなければならないのです。皆さんのイメージでも確立されているのではと思いますが、舞台俳優は貧乏な人が事実多いです。そんな人にとって6万円の出費はあまりに大きいわけです。売るのに必死になるのもわかるっちゃわかるのですが、買ってくれと頼まれる方はたまったものじゃありませんよね。

もちろん観たくてもチケットが手に入らない人気舞台も世の中にはたくさん存在します。当然そういう舞台には俳優へのチケットノルマというものは存在しません。

私、不肖M&Oは運がいいのか元々映画俳優を志していたからなのか、15年以上の役者人生でチケットノルマのある舞台に出演したことはありませんでした。大体舞台に出演する場合は1ステージ〇万円というギャラで出演していたので、ノルマを課せられている人たちと比べると運が良いと言えるでしょう。15回公演の舞台であれば15×〇万円みたいな感じです。ただノルマはないもののある程度チケットが売れないと気まずいものです。ウェブサイトからお客さんがチケットを購入する場合、どの俳優が目当てで観に行くかをわかる形にしている舞台が多く、自分がどれだけチケットを売っているかがわかるのです。チケット買う時に応援している俳優で名前を選ぶ欄があったりするのです。何枚売ろうとギャラは変わらないのですが、もちろん売っているチケット枚数が少なければ次にオファーを受ける可能性は低くなります。制作側はビジネスですので。わかりやすく言うと、どれだけファンがいるかを計られているということです。ギャラ制でノルマのない僕もなるべく僕目当ててでチケットを買ってくれた人が多い方がいいわけです。チケットが手に入らないような舞台以外は、家族や友人が観に来てくれることも多かったです。感謝ですよね。

そんな恵まれた役者人生だった僕からすると、チケットノルマを課せられながら舞台に出演している俳優を見ていると「すごいなぁ」とももちろん思うのですが、ずっとそれを続けている俳優を見ると正直「うーん」と思ってしまう気持ちもあります。

 

そして気まずいのが周りの俳優はチケットノルマがあるのに、僕を含めて何人かの俳優はチケットノルマがない舞台に出ている時です。まぁ結果的にノルマがある人たちよりチケットは売っているのですが。それもこれも応援してくださっていたファンの方々のおかげなのですが。

そしてチケットノルマのある俳優はもう本当に本番の寸前までチケットを売るのに必死だったりするのです。楽屋で「来てくれないか」と電話をかけまくっている光景も見たことがあります。さすがに電話している俳優が「8年前にお世話になった○○ですけど~」と電話していた時は飲んでいた飲み物を噴いてしまいました(笑)8年ぶりに電話して舞台観に来てくれって・・・。でも後で聞いたらなんとその人来てくれたらしいです。言ってみるものですねぇ(笑)

あと楽屋で携帯電話のメール画面を見ながら、山下達郎さんのクリスマスソングを替え歌して「たぶん行くは来~ない~♪行けたら行くも来~ない~♪」と放心状態で歌っている俳優もいました(笑)これはいまだに思い出し笑いしてしまいます。

それぐらい必死なんですよね、大変だと思います。

でも僕からすると「そこまでしてやる意味とモチベーションはどこから来るのか」という感じなのです。僕が元々舞台俳優になりたい人間じゃなくて、舞台愛が薄い役者だったからなのか・・・。しかも知り合いしか見に来ない舞台にどんな意味があるんだろうと思ってしまいます。作ったばかりの劇団とかならまだわかるのですが、もうかなりやってて変わらずチケット売らなきゃって状態という事は面白くないということだと思うんですけどねぇ。面白ければ頼まれなくてもチケット買いますから。

f:id:myprivatecomedy:20190127170508j:plain

アルバイト先で「チケット買ってくれ」と言われる気まずさ

アルバイト先に舞台俳優がいる場合、「チケット買ってくれないか」と頼まれるケースは少なくないと思います。そしてたいして観に行きたくないのにつきあいでチケットを買ってしまうケースも少なくないのではと思います。そして大体こういう人はアルバイト歴も長いのでそのアルバイト先の重鎮だったりするわけです。そうなると尚更チケットを仕方なく買ってしまう人もいるでしょう。観に行きたい人や興味ある人は全然いいと思うのですが、それ以外の人にとっては迷惑以外の何物でもないですよね。

全然断っていいと思いますよ。その方がその舞台俳優にとってもいいと思いますし。人生を考えるいいきっかけになるんじゃないかと思います。だって人を魅了する仕事なのに身近な人も魅了できていなかったらかなり厳しいですよ。舞台やるって言ったら頼まなくても「観に行きます!」って言ってもらえるぐらいじゃないと厳しいんじゃないかと思うのです。

それに3000円から5000円のチケットを買うって簡単な事じゃないですし。他のことにだいぶ有意義に使う事が出来ると思いますし。

ただ一つ言っておきたいのですが、面白い舞台ももちろんあります!そういう舞台でしたら3000えんとか5000円が安く感じると思います。僕自身も演劇に興味ない人がそういう舞台に出会ってほしいなぁと思います。しかし!こういうチケットを売るのに困っている舞台は大体つまらないという事実もあるのですが・・・。僕は昔からまったく観に行かないので。招待なら観に行ってました。その代わり藤原竜也さんや森田剛さんや小栗旬さんなどの舞台はチケットが8000円だろうと観に行っていたし今でも行きたいと思っています。

「舞台のチケット買ってくれない?」と言われたら。観に行きたいと思わないならしっかり断りましょう!なにも悪いことではありません!

                              M&O