THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

翻訳機や通訳機の進化で英語の勉強は不要になるのだろうか

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

英語の勉強をずっとサボっている・・・

こんばんは、M&Oです。

今回は今話題というか、結構前からですが話題になっている翻訳機について書いていきたいと思います。

AIの進化は今日々すごい速さで進んでいると言われています。M&Oはそういったことに詳しいかと言えばまったくそういうわけではありません。最近はパソコンを触ることが役者時代に比べて格段に増えたので、少しづつ文明開化の音に敏感になりつつありますが、それでもまだまだアナログな人間の部類に入ってしまうと自負しているほどその方面には疎いです。まだまだザンギリ頭を叩いているレベルです。

そんな僕でも最近街に出ていると、「この仕事は人間がやらなくなるんだろうんなぁ」とか「うわ!これもう無人になっているんだ!」と思うことが本当に増えてきています。

そしてふと思ったのです。近い将来に完璧な翻訳機が出来あがる可能性も多分にあるのではないかと・・・。

こう見えてM&Oは中学時代から英語が大の得意でして、学校の成績で言えば通知表が5段階評価だったとすると5しか取ったことがなく、高校を経て大学に進んだ時も某大学の英語学科に入学しました。ちなみにいいのか悪いのか、合格した大学は受験の時に英語の配点が高いところしか合格できませんでした。

自他ともに認める映画マニアだったこともあり、洋画も観まくっていたので自然と英語の勉強になっていたのかもしれません。役者になってからもやる気に波こそあるものの英語の勉強はやっていて、一応そこそこ外人さんと喋れるぐらいのレベルの頃もありました。

しかしいつからかわからないぐらい今はめっきり英語の勉強はしていなく、もちろん間違いなく外人さんともまったく会話できないと思います。やはり必要に迫られたり何か目標がないと、語学の勉強は難しいなぁと深く感じています。言い訳ですけど。

英語の勉強のやる気が出ないのも仕方がないことで、今の僕は英語を喋れるようになりたい願望がまったくないのです。役者をやっていた時は、元々日本映画よりもアメリカ映画の方が好きでしたし、もしかしたらオーディションでも何でもアメリカをはじめ英語圏の映画に出るチャンスが舞い込んでくるかも・・・と思えていたので英語の勉強も常にじゃないけどやる気になっている時期もあったのです。

しかし今は特に英語を喋れるようになることによって特にしたい事もないですし、昔は少しいましたけど今は外人の友だちも全然いなくなってしまいましたので、「英語を喋れるようになってこんなことをしたいんだ!!」ということがないのです。僕は好きなこと以外はなかなか頑張れない人間なので、現在英語の勉強をしていない自分にも充分合点がいくのです。「解せん!!!」とはならないのです。

英語の勉強をしていた時期も喋れるようになりたいという思いだけだったので、TOEICとかも全然興味なかったですし。もっぱら英会話のフレーズとかヒヤリングを頑張っていた感じでした。

そして今はさらに英語の勉強しないでいいやという思いが強くなっています。なぜなら、ものすごい翻訳機が近い将来出るのではないかと思うからです。

f:id:myprivatecomedy:20190126220752j:plain

翻訳機があれば日常生活は困らないのではないか

少し調べただけでも翻訳機ってすでにかなりいろんなのが出ているんだなぁと驚かされました。実際使ったことはないのでどれだけ高性能なのかはわかりませんが、今でもそれなりに使えているのだとしたら、近い将来完璧に近い翻訳機が発売されることも全然考えられることですよね。そうなると海外も含めてタクシーなどは翻訳機を搭載しているのが当たり前になるかもしれません。そうなれば例え高くて簡単に買えなかったとしても海外旅行に行った時に困らないし、日本に来る観光客も困らないでしょう。一番は手のひらサイズの翻訳機を持ち歩くことですが、これも当たり前になる可能性は全然ありますよね。特に海外旅行に行くことが多い人などは。というかスマホに当たり前に搭載される機能になりますよね。

え・・・ちょっと待ってください。

そうなると英語って喋れなくても全然いいということになるのではないでしょうか。

もちろん中には「いや、やっぱり会話は生で喋らないと」とか「仕事ではやはり喋れないと話にならない」などの想いを持つ人もいらっしゃると思いますが、特にそうでない人たちは翻訳機があれば事足りてしまうようになるわけですよね。僕なんて正直海外旅行にも全然行っていない人間なので、これから先稀に海外に行った時に英語を使うぐらいです。それだったら翻訳機で充分ですよね?

こういうことを考えですと、僕の英語を勉強するモチベーションどんどん下がっていくわけです。でも自分にとって充分に便利なものが普及するかもと思うと、英語を勉強する時間は他のことに使いたいなと思うのです。

自分が英語を喋れるという事よりも、いかに効率よく馴れた感じで翻訳機を使いこなせるかの方が僕には重要になってくるかもしれません。

来ますね。完璧な翻訳機の時代が。僕はそれを信じて英語の勉強を今はしないようにしようと思います!

決して勉強しないいいわけではないですよ・・・。

                            M&O