THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

昔の長渕剛が好きだった① 影響を与えたくれた『とんぼ』をはじめとした長渕剛のドラマと映画

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

小学生の時から好きだった長渕剛

こんばんは、M&Oです。

今回は僕が一時期大ファンだった長渕剛さんについて書いていきたいと思います。一時期と言っても結構長い期間だったのですが。

日本で長渕剛さんを知らない人って多分ほとんどいないんじゃないかと思います。楽曲は知らなくても名前を知らないという人はほぼいないんじゃないでしょうか。

それぐらい有名なミュージシャンである長渕剛さんですが、僕の周りにも長渕剛ファンは当たり前に存在しているのですが、現在も大ファンという人は実はあまりいなくて「昔はすごく好きだった」という人がほとんどです。

そして不肖M&Oもこの例にもれず、「昔はすごく好きだった」タイプなのです。

今でもスマホ長渕剛さんの曲は結構入っていて聴いていますが、聴くのは昔の歌ばかりです。その頃のことを懐かしむことができるということでもあるのですが、胸に染み入ってくるというか、心にジーンとくる曲って僕にとっては今の長渕剛さんの楽曲ではなく昔の楽曲なのです。長渕剛さん好きという人と話すと、実は僕と同じ考えを持っている人って結構いるんです。

 

僕は小学生の頃から長渕剛さんが好きで、もちろん周りにそんな小学生はまったくいなくて音楽の話は同級生とまったくしていなかったです(笑)小学生の時に長渕剛さんが東京ドームでライブを行ったのですが、家では朝日新聞を購読していたのですが朝日新聞の一面を使ってその東京ドームライブの告知をしていたのを覚えています。そして小学生だった僕は母親に「誕生日プレゼントとしてこの長渕剛さんのライブに行きたい」と頼みました。結果としては「まだ早い」という理由で却下されてしまいましたが(笑)たしかに早いですよね。僕が初めて長渕剛さんのライブに行ったのはそれから随分経ってからで日本武道館のライブでした。

f:id:myprivatecomedy:20190122183618j:plain

とにかくハマった長渕剛のドラマと映画

僕の好きな長渕剛さんの楽曲ももちろんご紹介したいのですが、今回は長渕剛さんの映像作品に触れていきたいと思います。長渕剛さんは今でこそ行っていないですが、一時期はかなり精力的に俳優活動を行っていて、ドラマや映画にかなり主演しているのです。

それこそシングル曲である『とんぼ』『しゃぼん玉』『RUN』などはすべて長渕剛さん主演でゴールデンタイムに地上波で連続ドラマとして放送されています。映画では『オルゴール』や『ウォータームーン』などにも主演されていて、『英二』という映画はドラマ『とんぼ』の続編として制作されました。ドラマ『とんぼ』は本当に大人気ドラマで、『英二』という映画の前には『英二ふたたび』というスペシャルドラマが制作されています。哀川翔さんも長渕剛さん演じる小川英二の舎弟の常(ツネ)として大活躍しているドラマです。

余談ですが僕は『とんぼ』の続編にあたる映画『英二』を公開当時に映画館に観に行ったのですが、上映している映画館が新宿しかなく電車に乗って新宿に観に行ったのですが、もちろん楽しみにしていたのでお菓子とジュースを買ってワクワクして観に行ったのです。この頃のM&Oはまだ少年から青年へ移り変わろうかというかわいい頃です。そしていざ映画館に足を踏み入れるとそこには驚愕の光景が!!(TOKIOのガチンコ風)

怖い人しかいない。。。しかも怖い人だけでめっちゃ混んでる。。。社会に反している怖い人たちです。見るからにというかモロといった感じです。スーツ系の怖い人もいれば一時期そっち系の人達が着ていた背中に犬の絵が描かれたジャージを着ている怖い人だらけなのです。肝が冷えるとはこのことかと当時の少年M&Oは思ったものです。リュックに入れていたお菓子とジュースを出すことはできず、後にも先にもあんなに背筋を伸ばした状態で映画を観たことはないです。でも後ろの人が僕の頭でスクリーンが見えなくならないように気を付けながら・・・。

よく考えればそんなに不思議な事ではないんですよね。長渕剛さん演じる小川英二がモロそういう人なわけですし。いやでも、そういう人にまさかう劇場がそういう人に埋め尽くされているとは思わないですし、せめて半々ぐらいでもいいじゃないですか。新宿の映画館っていう事もあったのかなぁ。そんな状況でも映画は面白かったですしパンフレットも買って帰りましたけど。ポストカードとかメタルのマッチケースとかも買いました。すごいお金使った気がします(笑)一つだけ残念だったのは、この頃の長渕剛さんはすでに極真空手を習っていて、劇中のアクションシーンが綺麗な空手の形になってしまっていたことです。あの有名な『長渕キック』がなりを潜めてしまっていたのです。

 

長渕剛さんの映画やドラマに共通していることは、非常にメッセージ性が強いという事でして、長渕剛さんが世間に対して持っている怒り、変わっちゃいけないものもあるだろう?というメッセージが強く込められている作品ばかりなのです。僕はそんな長渕剛さんのドラマや映画が大好きですし、小学生の頃から観ていたのでこういったメッセージ性が僕の思考に影響を及ぼしていることは間違いないと思います。

そしてドラマや映画はもちろんですが、長渕剛さんの楽曲はそれ以上に僕の人生に影響を与えているわけでして。

次回の記事で長渕剛さんの楽曲に触れていきたいと思います。

                          M&O