THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

生活水準をキープするためにお金を稼ぐという考えをしたくない

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

働いてお金を稼ぐのは何のため?

こんばんは、M&Oです。

今回は働き方というかお金の稼ぐことと生活や暮らしについて書いていきたいと思います。最近このことに関して思う事があって悶々と考えていたのです。こう見えて結構考えてるんです。顔に出さないだけなんです。顔出してないですけど。

 

このTHE ENTERTAINMENT DIARIESで今まで書かせて頂いてきたように、僕は大学在学中から俳優を活動をやってきて、今現在俳優をやっていない状態なのですが、今夢中になっているのはこのブログで記事の執筆活動をすることでして、ハマれるものがすぐに見つかったことはすごく幸せな事だと思いますし、ここからこのブログからどんどん派生してエンターテインメントに関することでいろんなことをやっていこうと目論んでいる最中であります。

しかし今現在は生活のために「生活のためのお金を稼ぐための仕事」もしています。アルバイトという立場です。ブログを書く時間を極力確保したいので、生活できるギリギリの金額を稼げればいいという考えで、週に3日間だけ働いています。

 

週に3日間、生活するためのお金を稼ぐために仕事をするということは、一般企業に勤めている方々からしたらめちゃくちゃ楽なスケジュールだと思われると思います。勤務時間も普通に9時間勤務の8時間労働です。

しかしですね、不肖M&Oは運よく役者だけで生活できていた人間でして、この週に3日間でも「生活のためのお金を稼ぐための仕事」をするということが、思いのほか大変なんです。今まで好きな事だけやって生きてきたツケが見事に回ってきていると言っていいでしょう。しかも今はこのブログという夢中になるものも見つけてしまっているわけで、なおさら面白いと感じていない仕事をする時間はなかなかに苦痛なのです。

「甘ったれるなバカヤロー!」と言われそうな空気になっているかもしれませんが、まさにその通りです。しかし今は恋人もいなければ、未婚で子供もいない状態でして、背負っているものもない状態でして。しかも好きな事で生きてこれた僕にとって、好きな事で生きていくことは決して不可能ではないという認識なのです。

しかし僕は基本的に貯金という概念はなく、余ったお金が貯まっているという状態なので、そこまで貯金があるわけではなく、しばらくブログの執筆活動のみで生活するというのも、すぐにお尻に火が付く結果となりそうだなぁという感じでして。そうなると生活のために働くのはいた仕方ないことで、さすがに借金して働かずに生活していくという選択肢はありません。

 

f:id:myprivatecomedy:20190112224907j:plain

生活水準を気にしない生き方をしたい

俳優時代はそれなりにデザイナーズマンションなんかに住んじゃってた僕ですが、今は質素にアパート暮らしをしています。全然それはいいんですが、住居環境というのは意外に大切だなぁと実感していまして。ここ最近頭痛であったり風邪であったり体調を壊すことが増えてきたのですが、最初は役者やってた時より体調管理に気を遣わなくなったからかなぁと思っていたのですが、よく考えてみると恥ずかしながら役者時代も僕は体調管理にそんなに気を遣っていない人間だったのです。そうなると思い当たる節は今住んでいる粗悪なアパートなのです。とにかく寒いのです、エアコンのタイマーを1時間後に切れる設定をして眠りについても、寒くて起きてしまうのです。主に寒さを感じるのは掛布団にカバーされていない頭部でして、パーカー着てフード被って寝ようかなと真剣に考えているほどです。

それならば思い切って引っ越そうかなと考えるわけですが、同じグレードの部屋に引っ越しても問題は解決しません。問題を解決するにはグレードアップがマストとなるわけです。そうなると単純に生活水準というものが上がるわけです。

よく月に稼ぐ収入の3分の1が家賃の相場と言われています。例えば家賃を2万円アップさせたならもちろん収入もアップさせなければなりません。自分のやりたいことでそれがすぐにできるなら一番いいのですが、現状まだアルバイトはしなければならない状況です。そうするとアルバイトの日数を少し増やさねばならないなぁとかいろいろと考えていたところ、僕はある答えに辿り着いたのです。

「もうそんなことを考えて生活したり働いたりするのは嫌だ」という考えに。

そうなると答えは簡単です。好きな事で稼ぐしかないのです。圧倒的努力をするしかないのです。なんだか開き直っていい意味でお尻に火が付いた感覚です。こんなストレスを抱えて生きていくのは嫌です。それならば好きな事で稼ぐしかないのです。そうやって生きてきてしまったので今さら方向転換できないことに気付きました。。。

悲しい現実ではありますが、意外と前向きです僕は。いいじゃないですか!背水の陣!

思えば十代の頃にパンクロックにハマった頃から僕はそんな生き方に憧れて、そんな生き方をしてきたのでした。

楽しいことを探し続けて、楽し事で生きていくことは決して難しいことじゃないし、今の時代はそんな生き方にも寛容な時代になりつつありますし。

好きな事だけで生きていく状態に一刻も早く辿り着くように、やるのみです。

僕は物欲もない方なので好きな事で結構な収入を得ることができるようになっても、生活水準はある程度からは上げたいとは別段思わないと思います。ある程度の生活をして、収入と生活水準のことなど全く考えない生活。そんな生活を目指したいと思います。

                             M&O