THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

絶対観るべき映画『依頼人』あらすじ・キャスト・評価 トミー・リー・ジョーンズ、スーザン・サランドン、ブラッド・レンフロ出演の手に汗握るサスペンス映画

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

映画『依頼人』概要・キャスト

こんにちは、M&Oです。

今回のM&Oの絶対観るべき映画シリーズは依頼人をご紹介します。

結構有名な映画なのではと個人的には思っているのですが、どうでしょうか?

昔は地上波でロードショーもやっていた記憶があるので。そしてこちらの作品は天才子役として名を馳せていた今は亡きブラッド・レンフロのデビュー作でもあります。ルックスも良かったので大人気でした。

 

映画『依頼人は1994年に公開されたアメリカ映画です。

上映時間は119分。

原作はジョン・グリシャムの同名小説です。ジョン・グリシャムの小説は映画化されている作品が非常に多く評決のとき』『ザ・ファーム法律事務所』『ペリカン文書』『レインメーカー』『ニューオーリンズトライアル』などなど他にもまだあるので、かなりの数の小説が映画化されています。

また、ジョン・グリシャムはこの映画『依頼人』の出来にとても満足していたそうです。

 

監督はジョエル・シュマッカー

 

出演は

ジー・ラブ・・・スーザン・サランドン

ロイ・フォルトリッグ・・・トミー・リー・ジョーンズ

マーク・スウェイ・・・ブラッド・レンフロ

ダイアン・スウェイ・・・メアリー・ルイーズ・パーカー

バリー・マルダーノ・・・アンソニー・ラパーリア

ハリー・ルーズベルト・・・オジー・デイヴィス

クリント・フォン・フーザー・・・アンソニー・エドワーズ

トーマス・フィンク・・・ブラッドリー・ウィットフォード

ジェローム・ローミー・クリフォード・・・ウォルター・オルケリック

ジャック・ナンス・・・ジョン・ディール

他。

f:id:myprivatecomedy:20190106123820j:plain

 

映画『依頼人』あらすじ

11歳のマーク(ブラッド・レンフロ)は母親と弟と決して裕福ではない生活を送っていました。ある日弟を連れて森へ遊びに行き、隠れてタバコを吸っていたマークはある光景に出くわします。

一人の男が車の排気ガスをホースでつないで車内で自殺を図ろうとしている現場に遭遇してしまったのです。マークは良かれと思って地面を這って車に近づきホースを引き抜き自殺を阻止しようとします。時間が経過しても死ねない男は不審に思いホースを確認に行くとホースが外れています。男は悪態をつき再びホースを繋ぎ自殺を試みます。マークは再びホースを外そうと近づきますが、男に見つかってしまい怒り狂っている男に車内に押し込まれてしまいます。男は汗を異常にかいていて明らかにおかしい状態です。すると男はマフィアに殺害された議員の死体が埋まっている場所をマークに話し出しました。マークは男の隙をついて車から逃げ出し弟を連れてその場から逃げようとしますが、追いかけてきた男は二人の至近距離で拳銃自殺をしてしまいました。

弟はこの光景を見たショックから口がきけない状態になってしまいます。マークは警察に通報し、警察から事の一部始終を質問されます。マークの受け答えに矛盾点を感じた警察はマークが何かを知っているのではないかと疑います。

自殺をした男はマフィアを追い詰める裁判で証人として出廷する予定の男だったのです。自殺する直前にマークに何か重要な情報を漏らしたのではないかと検察官のロイ・フォルトリッグ(トミー・リー・ジョーンズ)は睨み、FBIはマークを追究します。

マークの存在を聞きつけたマフィア側からもマーク狙われることとなり、命の危険にさらされることとなってしまいます。

マークの両親は離婚しており、マークはそのことによるトラウマで大人を信用できない性格になっており、何も聞いていないし知らないと言い張ります。

マークはたまたま見掛けた広告から、自分で弁護士を雇おうと思いつき、弁護士事務所を訪ねます。事務所にいたのは女性弁護士のレジー・ラブ(スーザン・サランドン)でした。マークはレジーに自分の弁護士になってくれるように頼みますが、最初はなかなか引き受けてくれません。もちろん弁護費用もマークは持っていません。しかしマークから話を聞いたレジーはマークの弁護士を引き受けます。弁護士費用はわずか1ドルでした。

検察官のロイ・フォルトリッグは知事選への出馬を控えており、手柄をあげたいと躍起になっており、また議員の死体が出てきては困るマフィア側は死体のありかを知っているかもしれないマークの存在を消そうと刺客を送り込んできます。

命の危険にさらされながらも、行動を共にして事件に立ち向かっていくマークとレジーには深い絆が生まれていきます。レジーは夫と離婚し子供の親権を取られてしまった経験をしていて、マークに対して依頼人として以上の愛情を注ぎます。

 

検察官フォルトリッグとマフィア、そしてマークとレジーの闘いが幕を開けます。

 

感想『依頼人』評価と感想

非常にスリリングな展開に手に汗を握り、なおかつ愛に満ちた映画です。

スーザン・サランドン演じるレジーブラッド・レンフロ演じるマークへの愛情が本当に温かい気持ちにさせてくれます。そして最初こそレジーに嘘をついたり信頼しきれていなかったマークが、だんだんと心を開いていく様子も目頭を熱くさせます。

やはり触れさせていただきたいのはマークを演じたブラッド・レンフロです。この『依頼人』でオーディションに受かり華々しくデビューを果たし、その演技力で観る者を圧倒し天才子役と呼ばれ、また子供とは思えない影のある表情と端正なルックスから女性人気も非常に高かったブラッド・レンフロ。日本でも大ヒットした映画『マイフレンドフォーエバー』のエイズじゃなかった方の少年と言えばわかる人も多いのではないでしょうか。その後も『スリーパーズ』『セブンティーン』『ゴールデンボーイ』など作品にも恵まれ順調に大人の俳優として成長していたのですが、やはりハリウッドの子役出身のよくあるケースに彼も陥ってしまいます。ドラッグに手を出してしまい、若くしてこの世からいなくなってしまいました。僕は彼の出演作はすべて観ていましたし写真集を持っているぐらいファンだったので、正直亡くなった時はかなりショックでした。リバー・フェニックスも大好きな俳優ですが、リバーの場合は好きになった時にはすでに亡くなっていたので、初めて好きな俳優が亡くなるということを経験しました。

そしてこの『依頼人』でのブラッド・レンフロですが大器の片りんをこれでもかと見せつけてくれます。またルックスも少年とは思えない出来上がり方で非常にカッコいいのです。そしてレンフロの特徴でもあるどこか影を感じさせる雰囲気はこの時から健在で、その空気感がどこか大人びた印象も与えます。レンフロは両親ではなく祖母と暮らしている生い立ちだったので、そんなところも影響しているのかなと思います。本当にこの『依頼人』のブラッド・レンフロは一見の価値ありです。

 

そしてスーザン・サランドンは言わずもがなで素晴らしく、僕はこの映画でスーザン・サランドンという女優を好きになりました。母なる愛と言いますか、母性を非常に感じさせてくれる演技を見せてくれています。

トミー・リー・ジョーンズも憎らしくも最後はすがすがしい感じで、人間味あふれる感じで役割をまっとうしています。

この頃の映画といいますか、昔の映画って見るからに悪そうな顔の人がそのままストレートに悪い奴ってケースが本当に多いです(笑)この映画もまさにそうで、めっちゃ悪そう!と思った人がそのまま悪い人です(笑)でもそこを踏まえてもとってもスリリングで面白い作品です。

胸を張ってお薦めできる映画です。

 

映画『依頼人

全米を震撼させた事件の鍵を握る少年。1ドルで彼に雇われた女弁護士。

巨大な組織が二人を追い詰めてゆく。

                          M&O

 

韓流LP