THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

永野芽郁の仔犬のような可愛さは世代を選ばない 末永く活躍する女優になってほしいと思う女優・永野芽衣

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

永野芽郁という稀有な逸材

こんにちは、M&Oです。

今回は現在、女優として大活躍中の永野芽郁ちゃんについて書いていきたいと思います。

だいぶ前からその天然の可愛さには一目置いていた女優さんだったのですが、僕の印象としては出演する映画が中高生向けの学生恋愛映画という印象だったので、「需要があるのはわかるけど、せっかくの逸材なのに。もっといい作品に出演してほしいなぁ」という思いを持っていまして。

 

最近ではNHNの朝ドラの大役も見事に果たし、女優として大きく成長し知名度も世代を超えて広まった事と思います。NHNの朝ドラが女優として成長するいい現場なのかは何とも言えないのですが、それでも長期間1つの役を演じるというのはなかなかない機会だと思いますので、貴重な経験と言えるのではないでしょうか。『半分、青い』っていうタイトルが永野芽郁ちゃんにものすごく合ってますよね(笑)永野芽郁ちゃんのイメージにこのタイトルすごい似合ってると感じるのは僕だけだろうか。昭和の時代にデビューしてたら、永野芽郁ちゃんのキャッチフレーズは『半分、青い』で良かったんじゃないかと思うぐらい(笑)

何か『青さ』を感じさせる女優と言いますか、『半分、白い』だと半分は汚れている感じがしますし。永野芽郁ちゃんまったく汚れてないですからね!やはり『半分、青い』がすごいしっくりきます。

しかしNHNの朝ドラっていつからかすでに売れてる人を起用するのが当たり前になってますね。昔は新人にもチャンスがある枠だったのですが。どちらがいいとも言えませんが、芸能界的な政治が働いていなければ別にいいと思います。

 

この『半分、青い』というタイトルが似合う女優って実はなかなかいないと思うのです。そんな中で永野芽郁ちゃんはルックスも空気感も最高にベストな女優だと思います。天然の可愛さなんですよね、永野芽郁ちゃんは。広瀬すずさんもそうですが、この時代に言うまでもなく非常に稀有な存在なのです。

 

世代を超えて愛されること間違いなしの永野芽郁ちゃんですが、なぜそのような印象を与えるのかを考えてみたいと思います。

 

f:id:myprivatecomedy:20190104214201j:plain

息子が連れてきたら親が喜びそうな永野芽郁

妄想で申し訳ないですが、僕はあくまでお父さん目線なのですが、もし自分の息子が恋人を家に連れてきたとして、その恋人が永野芽郁ちゃんだったならば、世のお父さんはそりゃあ最高に喜ぶことでしょう!昔の言い方をすれば「盆と正月が一緒に来た!」ぐらいの事だと思います。若い子はこの例え知らないだろうか(笑)

でも冗談抜きで永野芽郁ちゃんって絶対に相手の親に気に入られると思うんです。これは美人とか可愛いとかそういう次元の話ではなく、もちろん間違いなく可愛いんですけど、永野芽郁ちゃんの持つ空気感とかあの仔犬のような目がなせる技と言えるでしょう。技と言っても本人は何にも意識していないと思いますが。

騙されやすい男と思われるかもしれませんが、永野芽郁ちゃんは確実に性格のいい子だと思います。人間はどうしたって中身が外見に表れるものとM&Oは常々諸先輩方に言われ続けてきましたが、まさにそれを体現しているのが永野芽郁ちゃんと言えるでしょう。残念ながら僕は俳優現役時代も直接お会いしたことありませんが、絶対性格もいいと思うな!間違いなく!もっと言うと永野芽郁ちゃんと仕事をしたという俳優の友達もいないのでどんな感じだったかも聞いた事ありませんが、絶対性格もいいと思うな!間違いなく!

もし現役時代に永野芽郁ちゃんと同じ現場に行っていたとして挨拶を無視されたりしたら、僕は芝居どころじゃなくなくなるでしょう。でもそんなこと絶対なさそうだと本当に思います。

バラエティに番宣で出ているのを観ると、意外にネガティブというか自分に自信なさそうな発言も多いんですよね。そこがまたいいじゃないですか!!

いきなり永野芽郁ちゃんをベタ褒めする記事をなぜ書いているかといいますと、昔から仔犬みたいで可愛いなぁと思ってはいたんですが、今日の朝の『スッキリ』に出演しているのを見て、確信したんです。仔犬みたいだと。仔犬嫌いな人っていませんよね?そうなると永野芽郁ちゃんは確実に老若男女に好かれるという結論になるのです。簡単過ぎる方程式です。M&Oは高校時代、数学で4点を取ったことがあるのですが、そんな僕でも簡単に解くことができる方程式なのです。ちなみに100点満点ではなく200点満点のテストで4点でした。迷うことなく大学受験は文系を選択したものです。

 

これも声を大にして言いたいのですが、UQモバイルのCMですが、はっきり言って永野芽郁ちゃんだけでいいんですが・・・。三姉妹も必要ないです。一人っ子で充分です。でももし僕の妹が永野芽郁ちゃんだったらなんでも買ってあげていたでしょうね。『僕は妹に恋をする』状態です。原作も映画も観たことないですが。

同年代の広瀬すずちゃんが『怒り』とか『三度目の殺人』などの映画に出演しているわけですから、永野芽郁ちゃんももっともっといい作品に出演してほしいなと思います。しっかり女優として成長して末永く活躍してほしいと思うので。

ホント仔犬みたいな永野芽郁ちゃんを女優として応援したいと思います。

 

最後に一応補足しておきますが、僕は永野芽郁ちゃんの特にファンというわけではありませんので。芸能界で唯一ファンなのはぱるるのみです。

                              M&O