時事ネタ

大人になると「待ち合わせ」が減ってくる 待ち合わせっていいものだ

スポンサーリンク

大人になると「待ち合わせ」が減ってくる 待ち合わせっていいものだ

こんばんは、M&Oです。

今回は『待ち合わせ』について書いていきたいと思います。

 

皆さん最近「待ち合わせ」ってされていますか?

最近僕は『待ち合わせ』をして人に会ったのですが、あまり考えたことなかったのですが、いざ「待ち合わせ」をしてみてふと思ったのです。

「待ち合わせ」をして人に会うのはとても久しぶりだと。

若い時ってめちゃくちゃ待ち合わせをしていた気がするのですが、大人になるにつれてこの『待ち合わせ』が減っていることに気が付いたのです。

人と会う機会が昔より減っていることもあると思うのですが、大人になってくると人と会う時って「今どこどこで飲んでいるからおいで~」などと言われることや、「先にどこどこに入って待ってるね~」といったことや、自分が逆に「先にお店に入って待ってるね~」なんて連絡することもあったりして、外で待ち合わせ場所を決めて待ち合わせるってことがすごく少なくなっている気がします。

今回待ち合わせをしてみてあまりに新鮮に感じたので、「あ、そうか待ち合わせがとっても久しぶりなんだ」と気が付いたのです。

そしていざ「待ち合わせ」をしてみるとなんだか昔の感覚が蘇ってきて「待ち合わせって確かにこんな感じだったなぁ」と思い、懐かしくもあり最近味わっていない感覚も味わえてなんだか得した気分になったのです。

もちろん知らない人と待ち合わせをしたわけではなく前日も会っていた人と待ち合わせをしたのですが、昔の自分に何か待ち合わせに対してそういった思い出があるかなのかはわかりませんが、なんだか心地よい緊張感まで感じることができました。この感覚の正体がなんなのかはわからないのですが(笑)

待ち合わせ場所で人を探す行為もとっても久しぶりで(待ち合わせ自体が久しぶりなので当たり前なのですが)、「あれ?この場所でいいのかな?」とか不安になることもとっても久しぶりでなんだか淡い気持ちになりました。加えて僕は相手を待たせることが好きではないので、遅れやしないかなどもちょっと不安になったり。相手がどこかお店に入ったりしていたらそこまで気にしないかもしれませんが「待ち合わせ場所」で待たせるというのは結構忍びないものです。

無事に待ち合わせることができたわけですが、なんだかとっても久しぶりでいい感覚を味わえて「待ち合わせっていいなぁ」「待ち合わせって捨てたもんじゃないなぁ」と改めて思ったのです。もはや早く「待ち合わせ」をしたいよくわからない感情に今はなっています(笑)

ただ、現在は誰でも携帯電話を持っている時代です。携帯電話のなかった時代の待ち合わせのドキドキ感ってもう味わえないんだろうなと思うのです。

f:id:myprivatecomedy:20191227200740p:image

携帯電話のない時代の「待ち合わせ」ってドキドキとスリルが詰まっていたのだと思う

僕は一応携帯電話のない時代の「待ち合わせ」を経験している世代です。ただ駅の伝言板などは利用したことがないのです。駅の伝言板ってなんだかとてもドラマが詰まっている予感がするので、使用してみたかったなぁと今更ながら思っています。

僕は高校生の頃はポケベルがあったので「何も連絡手段がない状態」での待ち合わせって全然経験していないです。小学生とか中学生の時の待ち合わせってそんなたいそうな待ち合わせではありませんし。ただポケベルも難点があってこれは実体験ですが電車が遅延などして閉じ込められてしまった時などは、こっちから連絡手段がまったくなかったのです。相手からメッセージはたくさん届くのですが、公衆電話のない環境ではこちらからまったく連絡ができないのです。高校生の時の出来事なのに鮮明に覚えているので、かなりやるせない思いをしていたのだと思います。

しかし今は携帯電話があるので、万が一待ち合わせ時にトラブルがあったとしてもどうにかなってしまいます。いいことなので「しまいます」という言い方もおかしいのですが、それによってドキドキ感やスリルが損なわれてしまったと感じるのです。もちろん問題なく待ち合わせができることが1番なのでいいことなのですが。

今回久しぶりに待ち合わせをしてなんだか懐かしい感覚と心地よい緊張感を味わえたのですが、心のどこかで万が一何かあってスムーズに待ち合わせることができなかったとしてもLINEをすればなんとかなるといった思いがあったと思います。くどいようですが便利になることはいいことなので何も悪いことではないのですが、緊張感やスリルはそれによって薄らいでいるのだろうなとも感じます。

待ち合わせ場所に関しても今の時代であれば厳密に決めておかなくてもその近辺に辿り着けさえすればそこから連絡をとって落ち合う事も容易なわけで。

そう考えると昔のJ-POPの歌詞でよくあった「待ち合わせ場所に相手が来なくてずっと待っていた」的な歌詞も通用しない時代なのだなぁと、だってLINEとか送って来るのか来ないのか確認できますし、返事が来なかったり既読にならなければさすがにもう来ないんだろうなと思いますしね。

「待ち合わせ」は時代と共に形を変えていますが、久しぶりにした「待ち合わせ」はなんだかとってもいい心持ちにしてくれたので、僕はこれからも待ち合わせを積極的にしていきたいなと思いました。お店の中とかで落ち合うのではなく、~~の前とかで待ち合わせをしていきたいなと、久しぶりの「待ち合わせ」をして思ったのでした。

スポンサーリンク

-時事ネタ

© 2020 THE ENTERTAINMENT DIARIES Powered by AFFINGER5