俳優・声優養成所

オーディションに受からない時にやるべきこと 受かるコツは1つ

スポンサーリンク

オーディションに受からない時にやるべきこと 受かるコツは1つ

おはようございます、M&Oです。

今回は『オーディション』について書いていきたいと思います。

 【僕(M&O)のプロフィール】
芸能界で15年以上仕事をし、現在はブログで俳優・女優・声優になりたい人に有益な情報をお届けしてサポートを行っています。
芸能界に関する質問・お悩みコーナーもおかげさまで好評です。
他にも経験を活かした情報をブログで発信中。

芸能活動に関することですが、芸能界に関連していない人も興味本位で読んで頂けたらと思います。就職活動とか転職活動にもお役に立つかもしれません。

 

そして『オーディション』といっても俳優であったり声優であったりアーティストであったりダンサーであったりといろいろな形がありますが、

今回は自分が役者をずっとやってきていたこともあり、主に俳優のオーディションに関しての記事になりますが、基本的にはどの職種にも共通するものであると思います。

 

オーディションとは、表現をする世界で生きようと思う人が必ず通らねばならないと言っても過言ではないと思います。

 

俳優や女優で言えば芸能事務所に入るために受けるオーディションもあれば、実際に芸能活動を始めてから受けるオーディションもあります。

 

というか実際に芸能活動をスタートしたら基本的にオーディションの日々となります。

オーディションに受からなければ仕事にありつくことはできません。

自分を否定された気持ちになるオーディション

一回も受からないまま時が経過していくと焦りがどんどんと出てきて精神的にも追い詰められていく人たちも少なくありません。

俳優を辞めていく人の中にはこのオーディションに受からない状況に耐え切れなくなってという人も多くいます。

 

オーディションに落ちるとまるで自分自身を否定されたように感じます。

 

オーディションに受かるコツを伝える前に、これまで落ち続けて精神的に参っている人たちに対して書きたいことをまず書かせて頂きます。

f:id:myprivatecomedy:20191210002338j:image

オーディションに受からなくて落ち込んでいる人に言いたいこと

最初に書いておきますと、僕はオーディションが得意でした。もちろん受からないことも多々ありましたが、俳優仲間の間でも僕の勝率はかなり高い方でした。

しかし最初からオーディションが得意だったわけではなく、最初の頃は落ちまくり落ち込むことも多々ありました。あることをきっかけに急に得意になったのです。

 

オーディションに落ちるという事は本当に辛いことです。

結果が来るまでももちろんドキドキしますし、オーディションが終わった帰り道で「ああ、もっとああすればよかった。」「あんまり反応よくなかったな」「こうしたら正解だったのかな」などたくさんのことを考える人も多いでしょう。

 

もちろんそんなことに意味はまったくないのですが、それでも考えてしまうのが人間です。

そして真面目に努力をしている人ほどオーディションに落ちると落ち込んでしまいます。

実は落ちても落ち込む必要がないオーディション

しかしですね、落ち込む必要など全くないのです。

オーディションに落ちて落ち込むことははっきり言って無駄です。

 

そして落ち込めば落ち込むほどさらにオーディションに受からないスパイラルに陥っていきます。この理由は後程オーディションに受かるコツとして書かせて頂きます。

 

忘れないで頂きたいことは「落ち込まないでいい人」はあくまで普段しっかりと頑張っている人です。

遊んでばかりいたりアルバイトしてばかりいる人は落ち込んでください、そしてこれではダメなんだと気付いてください。

 

なぜ落ち込まなくていいのかと言うと、オーディションは運の要素が非常に大きいからです。

ただ運と言いましてもパワースポットに行ったりだとかパワーストーンを身に着けたりだとか占いに傾倒するといったことではありません。

 

芸能関係の人ってこういうの好きな人が多いのですが、僕は関係ないと思っています。好きな人はどうぞですが。

 

なぜ運かと言いますと、まず役柄のイメージに合わなければ選ばれません。

書類選考でイメージと違うなんてわかりそうなものなのですが、書類選考をしているのはキャスティング会社の人なので、監督とかプロデューサーは見ていないことが多いのです。

 

そして相手役とか周りの役を演じる俳優とのバランスも見られます、これは身長なども関わってきます。

そしてこれも本当にある話ですが、監督が学生時代に嫌いだった奴あなたの顔が似ていたらあなたはオーディションに落ちます。

そして監督が3日間のオーディション日程の中で2日目の朝に奥さんと喧嘩をしていて、あなたが2日目にオーディションを受けたならばあなたは不利になるのです。

信じられないかもしれませんがそんなものなのです。

こういった理由で、オーディションに落ちても落ち込む必要なんてないのです。

 

調子に乗ったらダメですが、必要以上に落ち込む必要はまったくないのです。こういった理由もあると思うと落ち込むのが馬鹿らしくなってきませんか?

 

落ち込んでいるとますますオーディションに受からなくなります。

それではどうやったら受かる可能性が上がるかについて書いていきたいと思います。

オーディションに受かるコツはただ一つ『媚びないこと』

オーディションを受ける時ですが俳優を始めたばっかりの時って特にそうですが、呼んでもらっているといった感覚とか審査する側の方が偉いというか上という感覚を持ってしまうことが多いと思います。

 

でも別にそんなこと思う必要はありません。

変に斜に構えたり無礼な態度を取ってはダメですが、妙にペコペコする必要も全くないのです。

変な話選ぶ側だっている中から選ばなければならないのです。

 

そして変に『受かりたいんです!』という空気を出さないことも大切です。

 

ほとんどの人がそう思ってそういう空気を出しています。そんな中で受かりたいという空気を出しても意味ないです。

 

やる気のある人たちしかいない場で「やる気あります!」とか「頑張ります!」とかいうぐらい意味がないです。

 

重要なのはこの仕事に受からなくても困らないというオーラを出すことです。

 

『別にこれに受からなくても他にも役者の仕事が僕にはあるので問題ないです』ぐらいに思っていると周囲と一味違う空気感を出すことができるはずです。

そうなれば向こうだって気になりますし印象に残ります。

『使いたいと思ったら使ってください』ぐらいに思っていればいいのです。

 

そして後は演技に全力投球です。ここで演技が全然できなかったりすると単なる痛い奴になってしまうので気を付けてください。

なのでしっかり努力して演技のスキルは磨いておきましょう。

 

そしてさらに大切なのは自分自身が楽しむことです。

これができればオーディションに対する考え方がガラリと変わります。

すべてとは言いませんが自分自身が楽しんでいると審査する側も楽しんでいる時が多いです。

 

そして楽しめると帰り道に「ああすればよかった、こうすればよかった」などの後悔がなくなります。不思議とすっきりした気持ちになって「決まっても落ちてもどっちでもいいか!」という気持ちになれます。

 

そしてこうなると次の機会に制作側からオーディションに呼ばれることも増えてきます。

誰でも楽しく取り組む人と仕事をしたいと思うのでしょう。

 

オーディションに落ちて落ち込んでいて次のオーディションに行っても楽しめるはずがないのでいい内容にはならないことが多いです。

 

そして『受かろう受かろう』と思うほど楽しめなくなりますし、魅力も絶対に出せなくなります。

しかも演技なんて気合入れたところで上手くなるわけではなく、積み重ねてきたものが出るものなので、リラックスして開き直った方が絶対いいです。

 

そしてこれは人間の心理的なものでもありますが、『欲しがっている人には与えたくなくなる』のです。媚びるのは何もいいことがないのです。

 

僕は先輩からこのアドバイスをされて、実践してみたら実際にかなりオーディション勝率が上がりました。そしてなにより楽しめるようになったのも大きかったです。

 

声を大にして言いたいのは、好きで始めたことだと思うので、楽しんでやるということは忘れないでいてほしいなということです。

 

オーディションに落ち続けると本当に気分が落ち込みます。

 

気持ちはわかります、でもこれまで書いてきたように落ち込む必要なんてないのです。

普段から自分磨きをしっかりやっているという自信があるなら堂々としていればいいのです。

僕(私)を使わないと損しますよ?ぐらいの気持ちでいいのです。

オーディションはそこそこ仕事をもらえるようになっても仕事のステージのレベルが上がればまた受けることになります。

 

ずっと受け続けるものです。落ち込んでいたら身が持ちません。

大丈夫です、いま活躍している有名俳優たちもオーディションにたくさん落ちてきているのです。

自信を持って楽しみましょう!

俳優・女優・声優になりたい人向けの記事のリンクと、簡単に資料請求できる養成所、オーディションを無料で受けられる芸能事務所などのリンクを貼っておきますので、活用してください。

【俳優や声優にご興味がある人はこちらから養成所・専門学校無料資料請求が可能です。まずは資料請求がおすすめ(完全無料です)】

ヒューマンアカデミー俳優声優の資料無料請求はこちら

アミューズメントメディア総合学院【声優】の無料資料請求はこちら

必ずテレビアニメに出演できる唯一の声優俳優養成所【インターナショナル・メディア学院】/簡単30秒無料資料請求はこちら(俳優科もあります)

テアトルアカデミー声優オーディションに無料で参加!【声優になりたい】

 

【無料で受けられるオーディションはこちらから】

【テアトルアカデミー】オーディション応募はこちらから

赤ちゃんモデルオーディションはこちら(無料)

子役・キッズモデルオーディションはこちら(無料)

13歳から39歳対象のオーディションはこちら(無料)

40歳以上対象のオーディションはこちら(無料)

【芸能プロダクション・ワイスターオーディション】

◆期間限定◆今ならオーディション書類選考を免除!【YStar Produce 新人発掘プロジェクト】

 

・俳優や声優に興味がある人におすすめ記事まとめ

声優になりたい人が通うスクール・養成所・専門学校おすすめ3選

インターナショナルメディア学院の評判や学費・オーディションを解説 

インターナショナルメディア学院の無料オーディションで特待生を目指す 

ヒューマンアカデミーで俳優・声優をスタート!評判は?コースや授業内容は? 

ヒューマンアカデミー俳優専攻のオーディション・評判・実績は?

ヒューマンアカデミー声優コースの評判は?学費や卒業後の所属先紹介

ヒューマンアカデミー声優・俳優コースの評判と口コミ 俳優声優養成所 

ヒューマンアカデミーパフォーミングアーツカレッジで声優・俳優になる 

アミューズメントメディア総合学院の評判・学科・卒業後の実績・資料請求方法 

アミューズメントメディア総合学院声優学科の評判や学費・卒業生紹介 

声優の専門学校【アミューズメントメディア総合学院】の入試を解説 

オンラインで声優レッスンとオーディション!【声優オンライン専科】

大阪のおすすめ声優専門学校【アミューズメントメディア総合学院大阪校】 

俳優・声優になりたいけど親に言えない高校生・大学生にアドバイス

社会人で働いているけど俳優になりたい【会社に行きながら演技を学ぶ】 

声優志望の社会人や高校生も通えるアミューズメントメディア総合学院 

2.5次元俳優になるには 2.5次元俳優になるための学校・スクール紹介 

芸能事務所ワイスターの評判は?所属費用やオーディション情報を紹介 

テアトルアカデミーの特待生制度とは?特待生のなり方やメリット紹介 

テアトルアカデミーの声優レッスンの内容は?【声優オーディション】

赤ちゃんモデルならテアトルアカデミー 赤ちゃんモデルのギャラや費用紹介 

子役になるにはテアトルアカデミーが最短距離?子役デビューを目指すなら

テアトルアカデミーで俳優女優になるには 出身有名人や費用や評判は? 

テアトルアカデミーシニア部門(40歳以上)レッスン内容やオーディション情報 

オンラインでオーディションもデビューもできるテアトルアカデミー

ユーチューバーになるには?ユーチューバー養成所のおすすめは? 

おすすめ演技教本。

スポンサーリンク

-俳優・声優養成所

© 2021 THE ENTERTAINMENT DIARIES Powered by AFFINGER5