学び

年齢とともに失われていく髪の毛のサラサラ感

スポンサーリンク

年齢とともに失われていく髪の毛のサラサラ感

こんばんは、M&Oです。

今回は『髪の毛』について書いていきたいと思います。

 

髪の毛の悩みというのは多くの人が持っているかと思います。髪質であったり毛量であったりと様々あるかと思います。

今回はいくつか最近自分が髪の毛について感じていることについて書いていきたいと思います。

まずは最近一番感じている『髪質』について書いていきたいと思います。

僕は子供の頃からかなりの直毛です。美容院で『ストパーかけてます??』と聞かれたこともあるぐらいの直毛です。くせっ毛の人にはよく羨ましがられて生きていきましたが、無い物ねだりは髪の毛も同じで、直毛の僕はくせっ毛の方が羨ましく癖毛に対する憧れをずっと持っていました。

余談ですが忘れもしない癖毛への憧れのはじまりは、ジェレイドというヘアワックスを資生堂が出した時でした。これまでのムースやジェルとは明らかに新しい代物に思春期の少年たちは興奮しヘアワックスというものをこぞって使い出しました。そう、『無造作ヘア』の始まりでした。

ワックスをつけて髪を揉んでクシャクシャにセットするあの髪型です。思えばこの時に僕のモテ期はある種終わりを迎えたような気がします。当時パーマなどかけるお金もなければそもそも校則で禁止されていて、みんな生まれ持った髪の毛で勝負をしていた時です。

このヘアワックスの登場で一気に癖毛の男の子たちのオシャレ度がアップしたのです。そしてもちろんヘアワックスを使って僕だって無造作ヘアにチャレンジしたわけですが、直毛の僕にとって『無造作ヘア』はあまりにハードルが高い代物だったのです。

というのも、ヘアワックスをつけて揉んでみて一瞬の間はいいのです。

『おお!いいじゃないか!』と我ながら悦に入っているのですが、全然その形をキープする事が出来ないのです。つまりまっすぐの力が強いのですぐに直毛へと戻ってしまうのです。

ワックスをつけた後にハードスプレーで固めたりと頑張っていた頃もありましたが、根がオシャレではない僕はすぐに『こんな手間のかかることやってられるか!』と諦めてしまいました。無造作ヘアは今でもパーマをかけないとできないです。

少し余談となってしまいましたが、ただこの話もこれから書かせて頂くことに関係します。そんなサラサラヘアだった僕ですが、ここ最近、明らかに髪の毛がサラサラではなくなってきた気がするのです。

指通りすらも危ういぐらいの感じになってきているのです。しばらくクシなんて通していなかったのですが、指通りが悪くなってから『これは一体どうしたことか・・・』と不安になり、クシを通してみるとこれがまたかなり引っかかるんです。『なんだそんなことか。』と思われるかもしれませんが、僕のこれまでの人生ではかなりの衝撃的な出来事なのです。

髪の毛の色をちょっと茶色にしているので少なからず傷んでいるということはあるかもしれませんが、昔なんて黒かった時の方が少ないぐらいだったので、髪の毛の色を変える程度のことはへっちゃらだったのです。

なのでこの色を変えたことによる痛みのせいだとは正直考えづらいのです。そうなると思い当たる節がないのです。

シャンプーの後にコンディショナーもしていますが、コンディショナーをした直後はいい感じのサラサラと言うか滑らかさなのですが、ドライヤをかけるとサラサラ感がなくなってしまうのです。

ここで頑張ってクシを通せばサラサラ感は出るのですが、昔はそんなことをしなくてもただ乾かすだけでサラサラだったのです。

髪が長くなってきたせいかしらとも思ったのですが、いや過去にもっと長い時はあったしその時はこんなことになっていなかったのです。

そしてサラサラじゃなくなると若干髪の毛が絡まって抜け毛が下に落ちないせいなのか、シャンプーの時に抜け毛が気になる機会も多くなっているのです。

長いから気になっているだけかもしれませんが、深刻ではないものの『あれ?大丈夫?』と思ってしまう時もあるのです。そして僕はついに考えたくない結論に至ったのです。『これはもしかして老化現象なのか?』と。

髪の毛の老化現象って抜け落ちることだけではなくて髪質にまで影響してくるなんてはっきり言って盲点だったのです。

f:id:myprivatecomedy:20190821232105p:image

髪の毛がサラサラな人たちはそれなりの努力をしているということなのか

特に女性で多いですが、それなりの年齢になっていたとしても髪の毛がキレイな人というのは存在します。もちろん男性でもいます。

今は男のロン毛は正直流行っていないのでわかりづらくはありますが、年齢を経ていても綺麗な髪の毛をキープしている男性もいます。

僕はこれまで自然な流れでそういった人たちは綺麗な髪の毛をしているのだと思っていたのですが、やっと気づくことができました。皆さんしっかり努力をしているんだと。

適当にシャンプーして適当にドライヤーして朝起きたらそのまま出かけるなんてことをきっとしていないんですね。

僕なんて寝癖がつかないのをいいことに朝髪の毛をセットするなんてことは皆無で、髪の毛に関しては何もしないで出かけてしまっています。

これはヘアメイクさんにセットしてもらっていた役者時代の習慣のせいでもあるとは思いますが。つやつやしているのはちゃんと髪の毛に何か付けているからなんですね。ちゃんとブローしているからサラサラしているんですね。

もうこうなったら老化現象が起きているという事はしっかり受け止めようと思います。そしてそれに対してしっかり処置をしていこうと思います。

昔CMで『綺麗なおねえさんは好きですか?』というキャッチフレーズがありましたが、できる限り僕は『キレイなおじさんは好きですか?』でいたいと思います。キレイといのは清潔感という意味ですけどね。思い立ったら吉日ということで明日からしっかり取り組もうと思います。

スポンサーリンク

-学び

© 2021 THE ENTERTAINMENT DIARIES Powered by AFFINGER5