芸能関連

ダウンタウンDXに清春が出演!黒夢SADSソロとして活躍するミュージシャン清春の魅力とは

スポンサーリンク

ダウンタウンDXに清春が出演!黒夢SADSソロとして活躍するミュージシャン清春の魅力とは

こんにちは、M&Oです。

今回は黒夢として、SADSとして、そしてソロでも活躍しているミュージシャン清春さんについて書いていきたいと思います。

 

と言いますのも、今夜のダウンタウンDXになんと清春さんが出演するのです。知った時は結構驚きました。そして同時にかなり嬉しかったです。

大好きなダウンタウンと清春さんが絡んでくれるなんて嬉しくないわけがありません。

少しだけ危惧していることがあるのですが、もしかして今の10代とか20代の子たちって清春さんのことを知らないなんてことになっているのでしょうか?

僕は昔から好きなアーティストなのでライブとかにも行っていたぐらいなので現在も清春さんのSNSはフォローしているので、勝手に『清春と言えばみんなが知っているミュージシャン』という印象だったのですが、もしかしてそれはただ単に自分が好きなだけでそう思い込んでいるだけで、実際は今の若い子は『誰?』という状態なのかもしれないとふと思ったのです。

観る機会や知る機会、ハマるような出来事がないとなかなかアーティストのことって覚えないですもんね。

僕が今大人気の若手アーティストをほとんど知らないのと同じことが起きていてもなんら不思議じゃないわけですよね。

たぶん現在30代とか40代、それ以上の世代の人はきっと知っているのではないかと思います。ラルクアンシエルやLUNA SEAやGLAYなど他にもたくさんいらっしゃいますが、バンドが大人気だった時期が90年代にありまして、まだまだCDがめっちゃ売れていた時代です。

その頃はバンドキッズも多く、これらのバンドのコピーバンドをしている少年たちが数多くいました。その中でM&Oが好きだったのが清春さんがボーカルを務めていた『黒夢』だったのです。とは言っても黒夢はボーカルの清春、ベースの人時の2人編成だったのですが・・・。元々はギターの臣という人もいたのですが、メジャーデビュー後に脱退してしまっています。

黒夢はインディーズ時代からかなりの人気バンドで、満を持してメジャーデビューを果たしてたといった感じだったようです。(僕が黒夢を好きになったのはもっと後なので・・・後から遡る形でインディーズ時代を知りました)。

当時はビジュアル系がまだ全然いない頃にビジュアル系として活動し、ライブでの過激なパフォーマンスや独特の歌のセンスなどで人気を博し、インディーズ界で大人気のバンドとなりました。

現在売れているビジュアル系のアーティストの人達で、憧れの人や影響を受けた人で清春さんの名前を挙げる人もとっても多いです。それぐらいカリスマな人なのです。

メジャーデビューしてからも人気のバンドとして活動をしていくわけですが、僕の感覚としては、世間一般の人達に『黒夢』が知れ渡ったのは『BEAMS』という楽曲が世に出た時だったのではないかなと思います。

もちろん音楽業界に敏感な方々はもっと早い段階で知っていたと思いますが、テレビCMにも起用されて、しかも印象的なCMに起用されていたので『BEAMS』で黒夢を知ったという人も多いのではないかと思います。ただその前にアルバムではすでにチャート1位を獲得していましたが・・・。

そして清春さんの魅力ですが、たくさんある中で大きな魅力の一つとして、変幻自在に形を変えるというところが大きな魅力だと思っています。

f:id:myprivatecomedy:20190815095341j:image

音楽もファッションも形を変え続ける『清春』という生き方

音楽的に非常に器用でありセンスに溢れた人であることは間違いないと思います。

いろんなジャンルの音楽で表現をしてもきっちりカッコいいものに仕上げてきますし、想像以上に魅力的な形で観るものを熱狂させてくれます。

黒夢の中期から後期に掛けては半端なく尖っていて、音楽的にもそうでしたが、音楽業界の体制にも一石を投じようとする姿勢が思いっきり見えていて、ジャンル自体もパンク、ハードコアといった感じでしたが精神的にも非常にパンクだったなと思います。

 

黒夢、SADS、そしてソロでもいろんな形で表現をしてくれていた清春さんですが、さらにカバーもすごく好評です。

清春さんの歌い方はかなり癖が強いと言われることが多いですが、実際にファンである僕もそう思いますし、そこが魅力だとも感じていて、さらに声も唯一無二だと思っています。

特に昔から清春さんを知っている身としては昭和歌謡を清春さんがカバーしているのを聴くと新鮮さと意外性にノックダウンされてしまいます。カバーと言えばhideさんの楽曲のカバーもめちゃくちゃカッコいいです。

そして清春さんと言えばファッションリーダーということも触れなければいけません。黒夢の全盛期はファッション誌でも多く取り上げられていて、いち早く古着やクロムハーツを身につけていた人なのです。

ちなみにM&Oはこの人の影響でラバーソールを履いていました。高かったけど頑張って買っていました(笑)

そしてこれもファンの方以外は知らない事かと思いますが、喋るとかなり面白いです。テンション上がってべらべら喋るなんてことはありませんが、言葉のチョイスとか雰囲気とか発想とかとにかく面白いんです。今夜のダウンタウンDXが本当に楽しみなんです。

あ、最後になりましたが清春さんを知らないという人が『あー!!あの人ね!!』となる情報を最後に・・・。大ヒットドラマ『池袋ウェストゲートパーク』の主題歌『忘却の空』を歌っている人です!SADSの時の楽曲です。

それでは、今夜のダウンタウンDXを楽しみに待ちたいと思います。

SOLOIST(初回限定盤)

SOLOIST(初回限定盤)

  • アーティスト:清春
  • 発売日: 2016/03/30
  • メディア: CD
 

スポンサーリンク

-芸能関連

© 2021 THE ENTERTAINMENT DIARIES Powered by AFFINGER5