THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

絶対観るべき映画『藁の楯』あらすじ・キャスト・評価 藤原竜也のクズっぷりの天才的演技を堪能できる映画

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

映画『藁の楯』概要・キャスト

こんにちは、M&Oです。

今回のM&Oの絶対観るべき映画シリーズは藁の楯です。

映画館でも観てDVDでも何度も観返している映画なのですが、映画的にも楽しめるのはもちろんですが、やはり藤原竜也さんの演技が光っています。一時期クズの役ばかり演じていると話題になった藤原竜也さんですが、この映画のクズっぷりはかんり上位というかトップレベルに値すると思います。

 

映画『藁の楯は2013年に公開された日本映画です。

上映時間は125分。

原作は木内一裕による同名小説。

 

監督は三池崇史監督。『クローズZERO』『スキヤキウエスタンジャンゴ』『十三人の刺客』『悪の教典』などを撮られている監督です。

 

出演は

銘苅一基・・・大沢たかお

白岩篤子・・・松嶋菜々子

奥村武・・・岸谷五朗

関谷賢示・・・伊武雅刀

神箸正樹・・・永山絢斗

大木・・・本田博太郎

西野・・・高橋和也

由里千賀子・・・余貴美子

清丸国秀・・・藤原竜也

蜷川隆興・・・山崎努

他。

f:id:myprivatecomedy:20181228004629j:plain

 

映画『藁の楯』あらすじ

少女暴行殺害事件の容疑者として警察が追っている容疑者・清丸国秀(藤原竜也)は過去に同様の罪状で刑務所に入っていた男で、今回の事件は出所後に再び起きた事件でした。

警察は清丸を捕まえるべく捜査に力を注ぎますが、清丸の居場所を突き止めることができないでいました。そんな中、経済界の大物である蜷川隆興(山崎努)が、清丸を殺害した者には10億円を支払うという広告を新聞に掲載します。殺害された少女は蜷川の孫娘だったのです。

この広告によって福岡に潜伏していた清丸はさっそく命を狙われ、身の危険を感じた清丸は身の安全のため自ら警察に出頭します。

清丸を東京の警視庁まで輸送しなければならない警察は、命を狙われている清丸に警護としてSPをつけます。銘苅(大沢たかお)と白岩(松嶋菜々子)が腕を買われ、その役目に抜擢されます。

二人は捜査一課の刑事・奥村武(岸谷五朗)と神箸正樹(永山絢斗)と共に清丸のいる福岡に向かいます。

4人が福岡に到着した時、すでに清丸は留置所で警察官に襲われた後でした。金に目がくらんだ警察官が清丸を殺害しようとしたのでした。病院で手当てを受けている清丸と対面し、東京までの護送に同行する福岡県警の関谷賢示(伊武雅刀)とも対面します。清丸は護送メンバーを見て無遠慮に「このメンバーで僕を守れるのか不安だ」と言葉を浴びせます。そして自分がいかに不安かわかっているのかと喚き散らします。短気な神箸はそんな清丸に対して嫌悪感を露にしますが、銘苅・白岩はあくまで輸送が任務であると冷静さを失いません。その最中、看護婦が清丸に注射をしようと近寄りますが、銘苅は何かを感じ注射の中身とポケットを見せるように看護婦に言います。看護婦は豹変し注射器を片手に清丸に襲い掛かりますが、警護チームに取り抑えられます。ポケットの中には人間を殺害できる薬剤の瓶が入っていました。

 

大量の機動隊に守られながら清丸の護送が開始します。この護送の方法に銘苅は難色を示します。「上層部はわかっていない。武器も調達できない訓練もされていない一般人はさほど怖くない。危険なのは訓練されていて武器を持っている警察官なのに」と警戒を強めます。案の定、機動隊員の2人が清丸を殺害しようと迫りますが、銘苅は身を挺して清丸を守ります。

護送車での輸送を諦め新幹線での護送に切り替えますが、ここでも清丸の命を取り10億円を得ようとする人間たちが後を絶ちません。関谷はやむなく一般人を射殺し、神箸は銃で撃たれ帰らぬ人となってしまいます。しかも清丸サイトと言われる、蜷川が作ったサイトには清丸の居場所が常に表示されている始末で、内部の誰かが清丸の居場所を漏らしているとしか考えられない状況です。

銘苅・白岩・奥村の3人は新幹線での輸送を諦め、一般道での清丸輸送を余儀なくされます。しかし3人になっても清丸サイトには相変わらず清丸の居場所が正確に表示され続け、銘苅・白岩は奥村に疑いの目を向けます。

清丸を狙う人間たちはもちろんこのルートでも現れ、また清丸自身も自分の命を諦め始めたのか大胆な行動をとり始めます。

果たして清丸を警視庁まで輸送することはできるのか・・・。

そして輸送の先に待ち受けている結末とは・・・。

 

映画『藁の楯』評価・感想

日本映画にしては、いろいろと頑張っている映画だと思います。なかなか大掛かりなロケも敢行しているし、エキストラも結構な数を使っています。しかしこういうちょっと派手というか大掛かりな演出が必要なシーンはどうしても普段観ているハリウッド映画と比べてしまう部分もあるので、若干の物足りなさは否めないです。三池監督が悪いわけではないと思いますが。

しかし安心してください。そんな日本映画の事情は俳優陣が吹き飛ばしてくれます。伊武雅刀さんに岸谷五朗さん、そして大沢たかおさんなど見応えたっぷりに演じてくれています。伊武雅刀さんはいつも上手いなぁと感嘆してしまう俳優ですが、この映画でもめっちゃいいです。切ないんです。

永山絢斗さんはこの映画ではちょっと粗削りな感じが目立つというか、演技があまりにわかりやすく勢いだけしか感じられず少し残念でした。いい俳優だと思うだけに残念という意味です。

松嶋菜々子さんはなぜキャスティングされたかが正直未だに疑問が残ります。体幹がまったく安定していない佇まいの敏腕SPっていう時点で説得力まったくないし、振り切った演技も観ることはできず、誰が演じても超えてくるであろうボーダーラインの演技という印象です。恋愛ドラマばかりやってきた女優の代償といった感じでしょうか。三池監督もちょっと諦めていたんじゃないでしょうか。あの立ち位置で存在感ないのは逆にすごいです。事務所パワーとか忖度でキャスティングされたのかしら?

 

藤原竜也さんはさすがというか、しっかりいろんな表情を見せてくれています。完全にこのどうしようもない清丸という人間を生きていて、脱帽です。万が一藤原竜也さんがこの役を断っていたら、他に誰が演じていたんだろうってぐらい見事です。小栗旬さんか山田孝之さんしか他にできる人いないんじゃないかと思います。

藤原竜也さん得意の叫び喚く演技は意外と最初の方の病院のシーンぐらいで、後は一見静かな印象を保ちながら観る者にしっかり狂気を感じさせてくれる演技をしています。大沢たかおさんに銃を向けられているシーンは観た人はかなり印象に残っているんじゃないでしょうか。

ネタバレしないように詳しくは書けませんが、映画のラスト付近で藤原竜也さんの「すっげぇ」というセリフがあるのですが、アドリブか演出でその場で付いたかっていうセリフなんじゃないかと思うんですよね。あのセリフ台本に会ったのかなぁ。でも清丸という役にすごく合ってるセリフなんです。アドリブだったらやばいな・・・って一人で思ってました。

裁判でもクズことを言う、最後の最後までクズっぷりを発揮する役を見事に演じていて、この役は他の役者ではかなりきつかったんじゃないかと思います。キャスティングの人もこの役を受けた藤原竜也さんにも拍手を送りたいです。

 

映画『藁の楯

日本全国民が、敵になる。

                             M&O