THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

絶対観るべき映画『ニセコイ』あらすじ・キャスト・評価 中島健人は木村拓哉以来のスター性を持つ逸材

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

映画『ニセコイ』概要・キャスト

こんにちは、M&Oです。

今回のM&Oの絶対観るべき映画シリーズは『ニセコイ』です。

公開して間もないこの映画。普段はなかなか足を運ばないジャンルの作品なのですが、正直、面白かったです!観て良かったと思っています。

 

映画『ニセコイは2018年公開の日本映画です。現在絶賛公開中ですね。

上映時間は118分。

 

監督は河合勇人監督

 

出演は

一条楽・・・中島健人

桐崎千棘・・・中条あやみ

小野寺小咲・・・池間夏海

舞子集・・・岸優太

橘万里花・・・島崎遥香

クロード・・・DAIGO

鶫誠士郎・・・青野楓

佐々木竜之介・・・丸山智己

ゴリ沢・・・加藤諒

本田曜子・・・GENKING

一条一征・・・宅麻伸

他。

f:id:myprivatecomedy:20181223135357j:plain

映画『ニセコイ』あらすじ(ネタバレなし)

しっかり勉強もしている真面目な高校生・一条楽(中島健人)は実は極道・集英組の一人息子でいかつい組員達から「二代目」「坊っちゃん」と呼ばれている存在。

楽には同じ学校に想いを寄せるクラスメイトの小野寺小咲(池間夏海)がいますが、実は楽には幼い頃に旅行先で出会い結婚の約束をした女性がいました。しかし幼かったことから顔も名前も覚えておらず、手掛かりは相手の持つ鍵のペンダントと楽の持つ鍵穴の付いたペンダントだけです。楽はこの時出会った女の子を忘れられず、いつも大事にペンダントを首からぶら下げていました。いつか再会できることを信じて。

そんな楽の通う学校にハーフの転校生・桐崎千棘(中条あやみ)が転入してきます。実は千棘はアメリカのギャング祖組織・ビーハイブの一人娘でした。しかもビーハイブと集英組は現在抗争中で緊迫した関係だったのです。

この抗争を危惧した楽の父親である集英組の親分である一条一征(宅麻伸)は水面下でビーハイブのトップであるアーデルトと話し合い、血気盛んな若い衆を鎮めるために、ある作戦を決行します。

その作戦は、集英組の二代目楽とビーハイブのボスの一人娘千棘を恋人同士にすることでした。敵対している相手の息子と娘が恋人関係となれば、若い衆もお互い手出しは出来ないだろうという目論見でした。

そして楽と千棘はこの作戦を知らされ、恋人のフリをするだけでいいからと強制的に恋人にさせられるのでした。ここから二人の「ニセコイ」がスタートします。

しかしこの作戦を怪しんでいる男がいました。ビーハイブの大幹部・クロード(DAIGO)です。クロードは偽りの関係なのではと睨み、執拗に二人を監視します。楽と千棘はいかなる時も恋人のフリをせざるをえない状況に追い込まれ、小野寺小咲の前でも楽は不本意ながら千棘と恋人のフリをすることとなってしまいます。

またそこへ新たな転校生・橘万里花(島崎遥香)がクラスにやってきて、楽を運命の人だと結婚を迫ります。しかも万里花は警視庁警視総監の娘でした。

クロードの監視と妨害、小野寺小咲の持つ秘密、橘万里花の求愛、楽と犬猿の仲だった千棘の心の変化、そしてクラスは文化祭で『ロミオとジュリエット』を上演することになり、稽古合宿に向かい本番を迎えますが、そこに至るまでと本番中も様々なとトラブルに見舞われます。

果たして小野寺小咲、ギャングの一人娘・千棘、警視総監の娘・万里花、そして極道の一人息子・一条、4人の運命の転がる先は・・・・。

 

映画『ニセコイ』評価・感想

かなり笑わせてもらいました(笑)こんなに笑うとは思ってもいなくてジャンル的にも「久しぶりにこういう映画観たなぁ」という感じだったのですが、こういう映画もいいじゃんって思わせてくれました。純粋に面白かったです。僕はマンガをまったく読まないので原作は読んでいないのですが、それが良かったのか悪かったのかはわかりませんが、原作読んでなくても楽しめることは間違いないです。

河合監督のセンスの高さも感じまして、非常に面白い描写と演出で撮っていて、また俳優陣がしっかりその演出に応えていたと思います。

特に中島健人くんに関しては、かなり驚かされました。SMAPやV6全盛期世代の僕にとっては申し訳ないけどちょっと疎い部分がある最近の若い子たちのジャニーズグループなので、そこまでしっかり観る機会が今までなくてですね。もちろん存在は知っていて「確かにイケメンだなぁ」という印象だったのですが、思っていたよりもさらにイケメンだと思いましたし、芸達者ぶりにもかなり驚かされました。

24歳でこれだけできてしまうのは正直かなりすごいと思います。しかも端正なルックスを持ちながらも、三枚目的な演技もやってしまうのだからかなり末恐ろしいと思います。スクリーンに映っていると目を持ってかれてしまうし、表情もかなりいろんな表情を見せてくれて、なによりスター性が抜群だと痛感しました。これでさらに歌って踊れちゃうんですから、いい意味で相当やばいですよね。

以前木村拓哉さんに匹敵するスターはもう現れないのではという記事を書かせて頂きましたが、

www.myprivatecomedy.net

もしかしたらもしかするのではと思わされました。もちろん時代も違うし系統もちがうわけですが、中島健人くんは充分時代の寵児になれるスター性を持っているのではと思います。

今後もとっても気になりますし、大いに期待しています。

 

映画自体とても面白く楽しめたので、これからはこういう作品も観るだけみて観なきゃダメだなぁといい教訓になりました。今回は観たきっかけはぱるるの存在が大きかったので、ぱるるに感謝です(笑)ぱるるも非常に良かったです。贔屓目ありありの評価ですが(笑)

現在絶賛公開中なので、ぜひ観てほしい映画です。肩の力抜いて笑える映画で、ホロッともさせてくれるので、お薦めです!

 

映画『ニセコイ

この恋はフィクションです。

                         M&O