THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

絶対観るべき映画『探検隊の栄光』あらすじ・キャスト・評価 藤原竜也の熱い演技を堂々と笑いにした抱腹絶倒のコメディ映画

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

映画『探検隊の栄光』概要・キャスト

こんばんは、M&Oです。

今回のM&Oの絶対観るべき映画シリーズは『探検隊の栄光』です。

かなり昔に映画の紹介だけはしていたのですが、きっちりした紹介はしていなかったので今回新たにしっかりとご紹介させて頂きます。

何回観てもお腹抱えて笑ってしまう映画です(笑)

 

映画『探検隊の栄光』は2015年に公開された日本映画です。

上映時間は91分。

原作は荒木源の同名小説。

 

監督は山本透監督。

 

出演は

杉崎正雄・・・藤原竜也

井坂・・・ユースケ・サンタマリア

瀬川・・・小澤征悦

橋本・・・田中要次

小宮山・・・川村陽介

赤田・・・佐野ひなこ

マゼラン・・・岡安章介

他。

f:id:myprivatecomedy:20181222222744j:plain

映画『探検隊の栄光』あらすじ

『熱い俳優』と世間に認知されている俳優・杉崎正雄(藤原竜也)はとある探検サバイバルというバラエティ番組の仕事を受けます。

杉崎の役は探検隊の隊長役です。番組の内容は伝説の三つ首の巨獣ヤーガを発見するために探検隊がジャングルを進んでいくというもの。

杉崎は非常に真面目な俳優でこのバラエティ番組にも真摯に向き合い、どんな風に演じるべきかを試行錯誤し悩んでいました。

単身現地入りした杉崎をプロデューサーの井坂(ユースケ・サンタマリア)が迎えに来ます。杉崎が言葉が通じずに苦労していた相手は通訳のマゼラン(岡安章介)でした。

早速井坂に演じ方を相談する杉崎でしたが井坂はまともに取り合いません。それどころか「いつもどおり熱いのお願いしますよ!」と杉崎が一番悩んでいることを言ってくる始末でした。杉崎は自分のヒットドラマによって定着した『熱い俳優』という世間のイメージをどうにかしたいと考えていたのでした。

井坂・マゼランと共に撮影クルーのいる場所にたどり着いた杉崎。待っていたのはディレクターの瀬川(小澤征悦)、カメラマンの橋本(田中要次)、音声と照明の小宮山(川村陽介)、新人ADの赤田(佐野ひなこ)でした。

クルーは伝説の三つ首の巨獣ヤーガを探すべくジャングルへと入っていきます。

杉崎は演技プランの話をディレクターの瀬川に持ち掛けますが、井坂と同様瀬川も興味なさげに話を終わらせてしまいます。杉崎はバラエティ番組という事を徐々に痛感していくこととなります。

台本をもらう杉崎でしたが、台本は見たこともない薄っぺらなもので、流れ重視だったりここでドーンといったようなアバウトな内容しか書いておらず杉崎は愕然とします。

 

最初に向かったのはヤーガの伝説を知るという村でした。原始的な生活を今もしているという設定で向かった村は、パソコンを使っていたり市場も賑やかな設定とは全然違う近代化した村でした。

ある店の店主が怒り怒鳴り散らしている光景を見つけ、杉崎はヤーガのことをこの怒った店主に聞くように指示されます。番組のテロップでは店主のセリフは「ヤーガだと!?近づいてはいけない!あんな恐ろしいものはない!」的なテロップになっていましたが、実際は自分の店の前にゴミを捨てたのは誰だ!?と怒り狂っているだけでした。こういっためちゃくちゃな流れで撮影は進んでいきます。

瀬川から言われる演出的な指示と言えば「ドーンとお願いしますよ!」などの杉崎には理解できないものばかりで、さらにいい加減でやらせの横行する現場に杉崎はなんとも言えない感情になっていきます。

焚火で焼いたトカゲを食べさせられてり、思わず杉崎を泣きたいのを我慢しているような笑顔を浮かべ「いやーキツイ!」と言葉を発します。

川の中でワニのぬいぐるみと格闘させられ、ピラニアに襲われた人間の骨を発見した演技を要求され(骨はただのチキンの骨)、作られた足場に乗って落ちかけた隊員を必死に引き上げる演技など、熱い演技を要求されながら、それにそれに応えるたびにテンションの上がるディレクターとプロデューサーを見て、杉崎はこの番組での自分の役目を理解していきました。

紆余曲折の中、ジャングルを進み撮影は進んでいきます。しかし、ここで事件が起こります。小宮山が銃で武装した三人組に拘束されてしまったのです。

三人組は反政府軍の人間で撮影クルーのこれまで撮影したビデオを出さないとスパイと見なし命はないぞと言ってきました。

現場は重苦しい雰囲気に襲われ、反政府軍はテープの中身を確認しに行きました。帰ってきた男は無意味なテープだなと言い、それでもテープは処分させてもらうと大量のテープを破壊しようとします。杉崎がこれに怒ります。鬼気迫る様子で「自分たちはこのバカみたいなことを本気でやってるんだ!ダッダーンとかドーンとか本気でやってるんだよ!」また自身が熱い俳優として世間に認知されそれがどれだけ自分を苦しめているかも力説します。そしてそんな自分たちを相手にしている反政府軍に対して「お前らの目的はなんだ?やるべきことは何だ?」と問いかけます。

杉崎の白熱のシーンにスタッフは思わず拍手してしまいます。これが響いたのか反政府軍の三人とも打ち解け、なんと三人は原住民の役もやってくれます。撮影クルーは反政府軍の三人と仲良く洞窟内で食事を共にし最後のヤーガ出演のシーンをどう撮るかについて、話に華を咲かせていました。

しかし、そこへ政府軍が大挙して乗り込んでくるとの情報が反政府軍に入ります。逃げろと言われた撮影クルーでしたが、杉崎は情熱が大事だと言い張り、ここで最後まで撮影しましょうとクルーを説得しました。カメラマンの橋本は寡黙な男でここまで一言も喋っていませんでしたが、突然「(カメラを)回すぞ」と言葉を発し、周りのスタッフもやる気になります、井坂だけは逃げたがっていましたが腹を決めたのか「さっさと撮るぞ!」とやけくそ気味に撮影にとりかかりました。

撮影の準備を懸命にしている間に、洞窟には政府軍が押し寄せてきました。銃を構えながら進んでくる政府軍でしたが、目の前に巨大な蛇が現れ前進をやめます。巨大な蛇の正体はクルーが操作しているヤーガのぬいぐるみでした。二本目の首も出現し政府軍は呆気にとられ怯えています。しかし三つ目の首がなかなか出てきません。段取りが上手く行っていないのが原因でした。

突入してきた政府軍に杉崎が囲まれます。しかし、杉崎の背後にヘビが現れ政府軍は一斉に退散していきます。そのヘビの去っていく後ろ姿を見た撮影クルーは全員驚愕します。ヘビは三つ首だったのです。誰も実在すると思っていなかった三つ首のヤーガは実在していたのでした。

瀬川の「カット―!!」の掛け声で撮影は終了しました。

後に政府軍は「ヤーガの怒りに敗北した」という声明文を発表し、反政府軍と協定を結び内戦は終わりを迎えました。

そして撮影クルーもこの地を後にしました。

探検サバイバルは放送後に、第二弾の制作も決定し、次回作の撮影に杉崎はじめクルーは取り掛かっていました。

 

映画『探検隊の栄光』評価・感想

この映画の面白さは文章で伝えるのが本当に難しいです。はっきり言っておバカ映画なんです。でもおバカ映画を大真面目に情熱持って熱くやっているんです。そこがたまらなく面白いんです。

そしてこういう映画でこそ発揮されるのが藤原竜也さんの特徴でもある熱い演技です。言っておきたいのですが、藤原竜也さんはまず演技がものすごく上手いという前提があります。熱く演じてもシーンをしっかり成立させてしまうというのは上手い証拠なのです。演技力のない俳優がただ藤原竜也さんの真似をしようものなら相当寒いことになるでしょう。

そしてさらに藤原竜也さんを活かしているのがユースケ・サンタマリアさんや小澤征悦さんです。冷め切った演技がより藤原竜也さんを際立出せます。田中要次さんも然りですね。

川村陽介さんは結構物足りなさが目立ちますが、佐野ひなこさんはなかなか良かったと思います。

この映画、本当に多くの人に観て欲しいしもっと評価されて欲しいと心から思うのです。自信を持ってお薦めします!

 

映画『探検隊の栄光』

オレはどこへ向かっているんだ。

                           M&O