THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

モテ期を選べたらいいのになぁって思ったことありますか?? あの時のモテ期を大人になってからにしたかった・・・

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

モテ期って後からわかりませんか??

こんにちは、M&Oです。

今回は映画でも話題になった『モテキ』について書いていきたいと思います。

映画のレビューではなくあくまでモテ期についてです。

 

皆さんはモテ期を実感したことはありますか?過去にあの時がモテ期だったな~としみじみ思う事はありますか?まったくないという人も稀にいるかもしれませんが、人生の中でモテ期というものは個人差はあるもののきっとあるものなんじゃないかと思っています。きっと・・・。たぶん・・・。男女問わず。

 

M&O自身はと言いますと、非難ごうごうになるかもしれませんが、どちらかと言えばモテる人生を送ってきていると思います。少なからず芸能界に入ろうと思ったことにも影響はしているかもしれません。小学校から基本的にはチヤホヤされてきていまして、ただ大人になってからは俳優という肩書きがついていたので、純粋にモテてたとは言えないですね。実際問題、俳優と言う肩書きがなくなっている今、「全然モテなくなったな~」ってリアルに痛感していますから(笑)うん、本当にモテなくなりました。

 

そして自分のモテ期を思い返してみると、間違いなくピークは中学校の時だったなぁと思うのです。

当時はサッカーがブームで僕はサッカー部でもレギュラーで、しかも大会の準々決勝ぐらいまでは僕の通っていた中学校が大会の会場になっていて、生徒が授業中でも応援をしてくれるのです。なので必然的にサッカー部員はモテるという形が出来上がっていました。

ここからのろけさせて頂きますが、あくまで過去のことです。この中学校時代は本当にモテました。下級生にはファンクラブがあり、サッカーの練習中には写真を撮られまくり、親が同席する担任の先生との三者面談では「自宅の周りは大丈夫ですか?」と担任の先生が親に確認するぐらいでした。僕の実家は一軒家なのですが、母親が雨戸を閉めようとカーテンを開けたらフラッシュがたかれるなんてこともあったようです。バレンタインのチョコレートや大会前や受験前にはたくさんのお守りをもらったものでした。紛れもないモテ期です(笑)

しかしこの時の僕はと言いますと、思春期の真っただ中でございます。まず女の子が自宅にチョコやプレゼントを届けに来ることが恥ずかしいんです。親にそういうところを見られたくないと言いますか。そして学校でもそういった女子に対して優しく接することができなかったのです。思春期ならではの振る舞いだと思うのですが・・・。そしてそういうのになびかずに冷たく振る舞う自分がカッコいいと思っている部分も少なからずあったように思います。もしもタイムマシンでその時の自分に会えるなら優しく「お前は間違っている」と諭すか、もしくは有無を言わさず鉄拳制裁です。そんな感じだったので中学校時代なんてお付き合いしたことなかったです。周りの友達は彼女できてるのに結局中学校の三年間は彼女なしでした。硬派を気取るというやつですね。

ただ実際毎日毎日サッカーに明け暮れていて、強豪校で休みもなく朝練午後練、さらに居残り練習みたいな毎日だったので、他のことする余裕がなかったっていうのもありますが。勉強もまったくしてなかったですし。

人間とは愚かな生き物で、その時を生きている間はその状況になかなかありがたみを感じられないことが多く、僕自身もその最もたる例で、たぶんそんなモテ期な状態がこの後の人生でも続くであろうと思っていたんじゃないかと思います。

 

そして高校生になり、現実と向き合うことになるのです・・・。

 

高校に進学してもサッカー漬けの毎日は変わらず、ある意味生活もそんなに変わらない状態だったのですが、中学校の時と比べて大きく変化したことが・・・そう、モテなくなったのでした。

僕の高校生の時代は結構なバンドブームが到来していまして、GLAYLUNA SEAラルクアンシエル黒夢イエモンなどなどのコピーバンドが学校にたくさんいまして、彼らはモテていましたねぇ。あとはちょっとやんちゃなヤンキー風の生徒がモテている感じで、サッカー部なんて見向きもされません。グラウンドも校門の逆サイドにあったのでもはやサッカーをしているところを見られることさえありません。とは言っても部活に忙しくなかなかお付き合いする余裕もないので、彼女が出来ないことは別にそこまで問題じゃないのですが、僕は中学校の時にモテ期を体験してしまっているので、「何かがおかしい。。。」と妙な違和感を感じてしまっていたのです。高校生活はサッカー部を引退してから女性とお付き合いをしました。

そして大学に進んでも状況は変わらず、恋人はいましたが、中学校の時のようなモテ期は二度と到来することはありませんでした。

f:id:myprivatecomedy:20181219124821p:plain

モテ期よ。どうせならもっと後半に来てほしかったよ。

足が速かった子はきっと小学校にモテ期が来ていたでしょう。そして歳と共に足が速いことはモテる要素ではなくなり、ぞの頃がモテ期だったなぁなんて思いにふけることもあるのではないでしょうか。M&Oもモテ期だったと実感するのは中学時代。そして思うのです。『どうせならもっと後に来てほしかったよ』と。

もっといろんなことに分別もついて、物心ついてからの方が絶対良かったと思ってしまいます。まぁ一番いけないのはフレンドリーの接することができなかった中学校時代の僕なのですが。

後になってから過去のありがたみがわかるというのは、様々な物事で共通しているなぁと本当に思います。

しかし!過去に生きても仕方ありません!いまを生きなくてはなくてはならいのです。一見熱いことを書こうとしていますがただ自分に言い聞かしているだけです。

でもですね、これはまじめに思うのですが、男性も女性も共通して『モテたい』という気持ちは一生持ち続けた方がいいと思うんです。その方がきっと人生もより輝くものになるわけです。もちろん恋人がいたり結婚している人は、モテるからって浮気をしてはいけませんが(ちなみに僕は人生で浮気をしたことがマジでありません)、モテるのに浮気をしない人と、モテないで浮気をしない人なら、前者の方が断然カッコいいじゃないですか!

モテ期が過ぎ去ってしまったと思っていても、実はこれからまだモテ期のビッグウェーブが来るかもしれませんし、そして歳を取っても『モテる』ように意識し、モテるけど浮気をしない人間になりたいなと思う今日この頃です。

                            M&O