THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

川口能活引退試合に楢崎正剛がサプライズで花束贈呈 実は高校時代からある2人の因縁 2人を見てきた世代として目頭が熱くなる

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

永遠に語り継がれる二人の日本の守護神

こんばんは、M&Oです。

今回は今までも少し書かせて頂いたサッカー元日本代表・川口能活選手について書かせて頂きます。引退試合となった公式戦も無事に終わりましたし!

 

サッカー好きだったりスポーツニュースをよく見る人なんかはすでにご存じと思いますが、川口能活選手の最終戦後の引退セレモニーに、

なんと楢崎正剛選手が花束を持って駆け付けたのです!

長く日本のゴールを守ってきた二人のゴールキーパー

この二人の歴史は本当に長く、きっと二人しかわからない絆が間違いなく存在していると思わずにはいられません。

川口能活選手と楢崎正剛選手の年齢差はわずかに一歳。二人はプロ入りする前の高校時代からサッカーファンには知られている存在でした。

f:id:myprivatecomedy:20181208174541j:plain

清水商業と奈良育英 因縁は高校時代に始まっていた

川口能活と言えばそのルックスと超高校級と言われるプレーから、清水商業時代から超有名な人気選手でした。

各年代の日本代表にも常に飛び級で選出され、名門清水商業で1年生からレギュラーの座を獲得していた川口能活。ちなみにこの時の川口がレギュラーを奪った上級生のキーパーは静岡国体に選出されていたり、もうわけのわからない選手層の厚さです(笑)

川口能活がキャプテンを務めた全国高校サッカー選手権で、清水商業は準決勝の城彰二擁する鹿児島実業戦まで890分間無失点記録というありえない大記録を作りながら、見事に全国制覇を成し遂げます。ちなみにこの時の川口能活の前に君臨していたディフェンダージュビロ磐田や日本代表でも活躍した田中誠です。能活は田中誠をマコと呼び絶大な信頼を寄せていて、オリンピック代表で当時激昂すると手が付けられない性格だった川口能活はをなだめるために、当時監督だった西野朗監督はチームスタッフに「マコはどこだ?早くマコを呼んで来い」と言っていたほど、田中誠の言うことは聞いていたそうです。逆に田中誠は能活に何を言ってもダメな時がすぐわかるらしく、負けていて自分たちのコーナーキックの際に、川口が相手ゴール前まで上がって行く時に、一旦は止めるたものの、「これは言っても聞かないな」と顔を見てすぐ思い、好きにさせたそうです(笑)

f:id:myprivatecomedy:20181208174635j:plain

そしてこの時の清水商業はほぼすべての選手がJリーグに進むという驚異のメンバーで、当時まだ2年生だった安永聡太郎佐藤由紀彦が三年生となった次の年、

インターハイなどでも無敵の強さを誇った清水商業が乗り込んだ選手権大会で立ちはだかったのは奈良育英高校楢崎正剛だったのです。

誰もが清水商業の連覇を疑わず、この清水商業対奈良育英の試合も圧倒的に清水商業有利と思われていたのでした。

奈良育英の勝利はまさに大波乱でした。しかも川口能活はこの試合をスタンドで観戦していたのです。

楢崎正剛擁する奈良育英高校の勢いは止まらず、チームとして初の全国大会ベスト4へと駒を進めたのでした。

f:id:myprivatecomedy:20181208174702j:plain

そして川口能活は一年先に横浜マリノスへ。一年後に楢崎正剛横浜フリューゲルスへと進みプロとなり、日本代表でレギュラー争いを繰り広げるようになったのでした。

 

いい関係の川口能活楢崎正剛だけど、2002年まではバッチバチだった

お互い日本代表時代の後半は確かにいい関係だったと思いますが、僕の観ていた限りでは2002年までは結構ピリピリしていた雰囲気だったと思います。『六月の勝利の歌を忘れない』という日韓ワールドカップを追ったドキュメントがあるのですが、これを観る限りは

なかなかバチバチです(笑)第三キーパーの曽ヶ端がかわいそうでしたもん(笑)

僕はどちらかと言えば川口能活選手が好きでずっと尊敬してきたサッカーキッズだったのですが、これは正直川口能活の性格によるところが大きいと思います。

プロのスポーツ選手として決して悪いことではもちろんないと思いますが、負けず嫌いが度を越しているんです。自分にも異常に厳しいことで有名だった川口能活ですが、試合で負けることも、失点することも、レギュラーを取られることも受け入れることが困難な性格だったんです。

一つの逸話で、オリンピック時代に土肥選手にレギュラーを取られかけたことがあったそうですが、当時のチームメイトの話では「食事の席でも、ご飯食べながら能活がずっと土肥を睨みつけてるんです。鬼の形相で。」という事もあったようです。知らない人もいらっしゃるかと思いますが、誰よりも練習しお酒も一滴も飲まない、古の武人のようなスタイルでサッカーに取り組んでいた川口能活は、気性の荒さも有名でチームメイトを激しく叱責することでも有名でしたし、自分の不甲斐なさに試合後に泣き崩れてしまう事もある選手でした。しかも特別な試合ではなくJリーグの一試合とかです。

川口能活が丸くなったと言われたのは海外移籍から帰ってきた時とか、もっと後のことです。中田英寿は尖っていた川口能活が大好きだったようで、丸くなった川口に少し物足りなさを感じていたそうですが、2006年のワールドカップでは昔の能活に戻ってくれて嬉しかったと言っていました。覚悟を持って戦っていた選手に川口能活の名前も挙げていました。「能活は昔から覚悟をもって戦ってる」と少し笑いながら言うまでもないでしょみたいなニュアンスで言っていたのが印象的でした。

この2006年のワールドカップクロアチア戦後、勝ちきれなかったチームに対して川口は

「もっと試合がしたいだろう!!もっと上へ行きたいだろう!!」と泣き怒り叫んだそうです。

この時にはだいぶ丸くなったと言われていた時だったのですが、僕は個人的には激しい川口能活が好きなんです。

 

話を戻します。

2002年、トルシエ監督がスタメンを発表するシーンもあるのですが、自分ではなく楢崎正剛が呼ばれた時の能活の顔はなかなかに険しく一瞬で紅潮しているのがわかります。

しかし大会が始まってからは笑顔も見せていて、切り替えができたのかなという印象でした。

 

一方の楢崎正剛は闘志をむき出しにするタイプではありません。これまでのインタビューでも、自分は年齢も下だし後を追ってきただけだから。と答えています。楢崎正剛川口能活をはじめて観たのは、川口が中学生の時の東海大一中の全国大会の決勝のテレビ中継だったそうです。全国レベルではなかった楢崎からしたら当時はすごい人という印象が強く残ったことでしょう。楢崎正剛ゴールキーパーとしての伸び率というものも素晴らしく、川口に比べれば知名度も昔は劣っていたし、トレーニングと言う意味でも川口の方が質の高い練習は受けてきていたと思います。そこからの日本代表の守護神ですから。並々ならぬ努力をこの人も間違いなくしているはずです。

 

そしてお互いの存在がお互いをレベルアップしたことは言うまでもないでしょう。どんなに自分に厳しい人間でも安泰・安定を感じたら甘さはどこかで出てしまうものだと思います。

本当にこの2人は長い間ずっと切磋琢磨してきたいい例だと思います。

この2人が10年ズレて生まれていたら・・・という話もよく出ますし、正直僕も思うところではあったけど、同じ時代だったからこそここまで2人のゴールキーパーは偉大になったのだと思います。当の本人たちもまったくもって世代がズレていたらなんて思わないとインタビューで答えていましたし。

さらに面白かったのはこの2人のプレースタイルが全然違うことでした。だからこそお互いを認め、いい部分だけ、自分に活かせる部分だけを盗み合って成長できたのではないかと思います。

 

引退セレモニーで花束を持った楢崎正剛を見つけた時の川口能活の表情。それだけで僕は目頭が熱くなりました。そして近づいてくる楢崎正剛に向かって「泣かすなよ~」と言った川口能活。僕の涙腺は壊れました。

最後に、川口能活が引退セレモニーの挨拶で、お父さん・お母さん・兄ちゃん・そして奥さんと子供たちの名前をだして感謝を述べた時に、この人を中学時代から尊敬してきて本当に良かったと思いました。

本当にお疲れさまでした。そして楢崎選手、川口能活の分まで一分でも長く現役頑張ってくださればと思います。

本当に、二人ともレジェンドで、永遠のヒーローです。

                               M&O